« ハイドンコア 来日前 その3 | トップページ | フランス国内ツアーのドキュメント* パリ木 »

2018年3月11日 (日)

ふるさと 3.11から7年

yahooで、  3.11  と検索してください。

1人10円を寄付したことになります。日本時間ですが、今日が終わるまでにあと2時間あります。

https://fukko.yahoo.co.jp/

東北地震から7年目の今日、少しの気持ちでも形になります。

|

« ハイドンコア 来日前 その3 | トップページ | フランス国内ツアーのドキュメント* パリ木 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

maa様
自然の驚異はいつ訪れかわかりませんね。
2011年は私にとっては決して忘れ得ぬ年です。3月11日あの日 年老いた母と慌てふためいて、小さくなっておさまるのを待ちました。宮城は父の出身地でもあり、我が家の菩提寺があります。伯母達もしばらく避難所暮らしを強いられました。
64年からお手紙を交換している仙台に住むウィーンファンの友が家を失いました。長い間、連絡が取れず、最悪の事態を考えてしまいました。その翌年 その友からお年賀状が届いた時はどんなに嬉しかった事か。
いつ我が身に起こるかわからない災害。この日を思い、お互いに自分たちの出来る事を考えていきたいですね。

投稿: ek | 2018年3月12日 (月) 18時57分

ek様 暖かいコメントありがとう。
親しい友人が仙台にいました。熊本にもいました。連絡が取れるまで数日かかりましたが、無事の知らせが嬉しかったです。
自分自身は被災というほどのこともなく、すぐに日常が戻りましたが、計画停電地区だったため、暗く不便な夜を過ごした経験があり、何か忘れてはいけないことという思いが強いようです。
2012年のウィーン少来日はシューコアでした。この「ふるさと」を歌っているシューコアの前の世代ですね。今も印象に残っているコアです。

投稿: maa | 2018年3月13日 (火) 22時02分

 毎年ウィーンで3.11のチャリティーコンサートをやっているというニュースがあり、今年はベートーベンの第九が演奏されたようです。その中にウィーン少年合唱団も参加していて、四楽章の合唱が映っていました。少年たちの真剣にうたう姿がありました。最後に「花が咲く」の合唱でそのコンサートは締めくくられたようです。
 私たち日本人もこのごろは記憶が薄れていく中で、ウィーンの方たちが忘れずにいてくれることに、敬意を表したいです。

投稿: ヤマチャン | 2018年3月16日 (金) 19時17分

ヤマチャン様
第九を歌ったチャリティの話題は耳にしましたが、締めくくりに花は咲くまで歌ったのですか。ニュースでご覧になったのですね。
「ふるさと」も歌い継がれて長いですね。彼らがコンサートで歌うのを聴くと、気持ちが豊かになります。これからも日本とウィーン少との交流が続きますように。
途絶えていたウィーン直行便が、今年5月15日から復活するそうです。それも嬉しい。

投稿: maa | 2018年3月17日 (土) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイドンコア 来日前 その3 | トップページ | フランス国内ツアーのドキュメント* パリ木 »