« les Pastoureaux (ワーテルロー少年合唱団) | トップページ | 南アフリカの心*人々と合唱 その1 »

2018年4月17日 (火)

消えて行った合唱団のこと

意味深なタイトルですが、本当は消えてはいないのです。

ゲッティンガーが歌っていたシュッツの曲でYoutubeをさまよっていたとき、たまたま見つけた古い画像が気になりました。

モノクロ写真で作った動画は、1957年の録音でした。ドイツにはたくさんの合唱団や聖歌隊があります。聞いたことのない名前だからって、無名の合唱団とは限らないし、自分が知らないだけのこと。

ただどうしてそんなに古い録音なのかが引っかかる・・・いくつかの動画の録音は1962年とか64年とか・・・。それでググってみることにしたわけです。

そして、そして、その合唱団が今は「無い」ということがわかったのです。

Laubacher kantorei といいます。ラウバッハはフランクフルトの少し北にある都市です。ドイツ福音主義教会の聖歌隊をカントライというそうですね。(指揮者はカントール)

残された録音は少ないですが、その中でバッハやシュッツを歌っていました。


J.S.Bach - Ich lasse dich nicht


Heinrich Schütz - Cantate domino 

記録を読むと、閉鎖されたという言葉に行きつきました。学校の閉鎖に伴い、合唱団は解散したと思われます。

1949年に設立され、1981年に閉鎖となっていました。その合唱団は今もHPを持っています。卒業生が運営している同窓会という形です。

そこにコンサートのライブ録音が音声のみですが、10曲あまり残されています。

ライブ録音には、バッハのモテット6曲がありました。私のバッハ入門編です。それが古い音なりによかったので、ついでにシュッツも聴いてしまいました。

かつての学び舎の跡地は大規模な集合住宅に変わったようです。でも合唱団はアーカイブから画像と録音とで存在を残し、YouTubeに数本のクリップを挙げています。HPはドイツ語なのでパソの翻訳でなんとかざざっと把握した程度です。詳しくはわかってないのですが、同窓生によるアンサンブルで歌っているかたもあるみたい。

ドレスデン聖十字架合唱団のイメージが強いこの曲 「Alta trinita beata」もありました。合唱たる合唱・・・変な言葉ですが、こういう合唱はいいな、これぞ合唱だなと思いました。
そういえばクロイツは日本でも歌ったけれど、入場しながらの歌だったので、拍手にかき消された・・・

ウィーンの森はどうだろうと思いHPを探しましたが、残念ながら見つからず。

アメリカ少年合唱団はFBのみ今もあり、closeのご挨拶が最後の更新になっています。


American Boychoir "God Be With You Till We Meet Again" 《Randolph》

|

« les Pastoureaux (ワーテルロー少年合唱団) | トップページ | 南アフリカの心*人々と合唱 その1 »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

maa様
世界には私達がまだ出逢えていない素晴らしい合唱団が有るんでしょうね。
テレビ番組内のバックに突然聞こえてくる素晴らしいハーモニーに番組の内容よりもその歌声が気になってしまうって事有りますよね。
今のはどこの合唱団?なんて言う曲?等、番組のエンドロールに書かれていないか見入ってしまう事もあります。
maa様がこうして知らずにいた合唱団の情報をブログを通してお話くださる事に感謝しています。
まだ少女時代に、毎年日本を訪れた少年少女合唱団に未知の世界を知る素敵な機会を与えていてくれた事を思い出しています。
音楽のみならず、その彼らの国の事を知りたいと熱くなった時のような嬉しさです。
いつもありがとうございます。

投稿: ek | 2018年4月20日 (金) 15時58分

ekさま
こんな、どマイナーテーマに賛同して頂き嬉しいです。日本人にとってどうでもいいこと。合唱ファンにとっても、リアルタイムでは聞けない歌声です。
私は失われていくものや淘汰されてしまったものへの執着が強いみたいです。動植物でいえば、絶滅種とかね。不思議の国のアリス(鏡の国~)に登場するドウドウ鳥とか、最後の一羽という小説になったオオウミガラスとか。
歌は1人の歌い手がいなくなっても他に歌う人があれば、絶えることはありません。ただ同じ演奏ができるかといえば、ノーですよね。だって同じウィーン少でも、時代とともに歌声は変わりました。
日本的に言うと廃校ということでしょうか?理由はわかりませんが、美しい音楽を残してくれたことに感謝です。
いろいろググっているときに、在鹿児島のドイツ人声楽家のページがありました。経歴の中にラウバッハの名前があり、全寮制少年合唱団英才教育機関という説明がありました。 ギムナジウムまで修了しているので、もしかしたらこの合唱団の出身かもしれないと思いました。定かではないですが・・・。
TV番組やCMで耳ダンボになるのはよくあります。制作者のサーチ力や音楽のチョイスには関心しますね。参加した合唱団がわかっているときなどは、エンドロールで目をこらしているときもあります。それもまた楽しい。

投稿: maa | 2018年4月21日 (土) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« les Pastoureaux (ワーテルロー少年合唱団) | トップページ | 南アフリカの心*人々と合唱 その1 »