« WSK *6月3日名古屋公演* Haydnchor | トップページ | WSK *2018ツアー終了* Haydnchor »

2018年6月12日 (火)

パリ木は中国へ

ハイドンコアのAプログラムを聴きましたが、感想文がまだまとまっていないので、(日々鮮度が落ちる記憶ですのに)14日にもう一度聴いてから正しくまとめようかと思います。

clover cherry clover cherry clover cherry

新着パリ木の動画をご紹介します。

今彼らは中国ツアー中です。南京での公演から、この「猫のデュエット」を歌っているのはアルバンとポール.(向かって左がポールです)

二人とも3emeだと思いますが、ポールはまだピュアなソプラノですね。アルバンは幼い頃のソプラノから落ち着いたアルトに変わりました。テナーというにはまだ若い瑞々しい歌声です。卒業までにこの声でもう一度「Musique Universelle」を聴けるかな。

clover cherry clover cherry clover cherry

次は静止画ですが、メドレーで7曲が収録されています。やはり中国ツアーで江蘇公演から。

1. Alleluia (ブクステフーデ)

2. モーツァルトの子守歌

3. Concerto pour une voix

4. Il est bel et bon

5. J'entends une chanson

6. Tant que vivray 花さく日々に (Claude de Sermisy)

7. Tollite Hostias(サン・サーンス、クリスマスオラトリオより)


pccb-UK    Medley

あの高音が戻ってきた感じがします。

clover cherry clover cherry clover cherry

追記:いくつかのソロ動画は削除されましたので、関連記事も消しました。ご了承ください。

|

« WSK *6月3日名古屋公演* Haydnchor | トップページ | WSK *2018ツアー終了* Haydnchor »

PCCB」カテゴリの記事

コメント

パリ木アップありがとうございます。

5月末は中国に行くのも定番でしたね。
進級に向けての勉強は4月に猛ダッシュでやるんでしょうね。

12月からの半年で少年達の成長に驚かされます。
身長もさることながら、少年の面影が薄らいでいくので。
やはり、卒団が迫ってくるからでしょうか。

アルトとソプラノのネコさんも意外とマッチするんですね。
2010年はクレモンとボードワンだったようで、動画を見つけました。
(このペアを優る少年の出現を心待ちにしています)

今年の卒団式はどんな感じかしら?
毎年同じでないってところがまた新鮮です。

ウィーン少年達も日本を最後に旅立つ少年達がいますよね。
今年も素敵は歌を残してくれたら嬉しいですね。

投稿: うさぎのはは | 2018年6月17日 (日) 14時09分

うさぎのはは様
卒業のシーズンです。boysは12~3歳のうちはあまり変わりませんが、14歳ぐらいになると一気に大人っぽくなる子もいますね。今年のウィーン少の卒業生も4人そろってかっこよかったですよ。アルバンと同じように素敵なアルトのソリストもいました。
パリ木の来日メンバーがどんな顔ぶれになるかわかりませんが、楽しみに待ちましょう。

投稿: maa | 2018年6月19日 (火) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK *6月3日名古屋公演* Haydnchor | トップページ | WSK *2018ツアー終了* Haydnchor »