« モナコ少年合唱団アジアツアー | トップページ | トマーナのドキュメンタリー »

2018年7月15日 (日)

Calw

いきなり都市名のタイトルですが、少年合唱好きなかたでしたら、すぐにわかる南ドイツの都市です。

文学好きな人にとっては、ヘルマン・ヘッセの故郷でもあります。「車輪の下」読んだよね。

街の風景は、ストラスブールやコルマール的な感じ。フランスのストラスブールまでしか知らないので、対岸のドイツの街もこんなだったかなって感じです。好きな風景です。

アウレリウス少年合唱団カルフ・・・・・「 シュタット カルフ」街の名前まで名乗るのが正式なのね。

動画を見ていたら、カルフの子たちが「Sho sho loza」を歌っていたんですね。最近の三人の童子などの動画も見ていたのですが、文章にする切り口が浮かばずにいました。でも「Sho sho loza」を歌っているのを見て、決まり! なんとも上品かつ美しい、でも瞬発力はないかも?という感じの演奏でしたが、ヨーロッパの合唱団がこの歌を歌うのは嬉しい。

強いて言えば、兄さんたちもっとガッツだそうよ・・・とは正直思います。笑


Aurelius Sängerknaben

伝統的な教会付きの聖歌隊が多いなかで、比較的新しい合唱団です。以前はこの合唱団出身のカイ・ポダック氏の話題ぐらいしかしてないですね。

オペラにも出演しているので、最近の「三人の童子」です。


Aurelius Sängerknaben

テルツのコーラスのような精緻な仕上がりはないですが、明るいトーンが南っぽい。おおざっぱな言い方ですみません。北ドイツの合唱団は、第一、三人の童子やらないよね。・・・・・・たぶん。

ベルリンフィルとのゲスト出演もありました。フィリップ君というらしい。今年のイースターです。素敵ですね。


Aurelius Sängerknaben

ショショローザは、ドラキーズの勢いに慣れているので、ちょっと頼りなげではありますが、魅力ある合唱団だと思います。

美しいロシアの子守歌がありました。これは一年前のものですが、なんてきれいな声でしょう! バイエルン地方・・・ウィーンとは距離がありますが、天使の声が普通に生きてるパラダイスです。


Chor Gesang - Das Magazin

|

« モナコ少年合唱団アジアツアー | トップページ | トマーナのドキュメンタリー »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ・・毎日暑いですね。お元気ですか?

さて・・今、世界の合唱団でもショショローザを歌っていますね。確かに、Drakiesのショショローザを聴いていると、もっとパンチが欲しいな~とも思いますが、でも歌ってくれるのはとても嬉しいです。
昨年来日して、Drakiesのステージをご覧になった方も何人かはいらっしゃると思うのですが・・・本当のDrakiesの坊やたちの能天気さ(?)元気さが伝わっていなかったのは残念。
ホント・・・どこでも歌う子たちで、皆と元気にどこでもノリノリになる子たちなのです。
ステージだけでなく、いっぱい彼ら自身から音楽を感じることができる。
ショショローザを歌う合唱団は、是非Drakiesと共演して欲しい。ショショローザの歌やダンスを一緒に踊って欲しい。
Drakiesはマイナーな合唱団で、関心を持っていただくのは難しいと感じますが・・・きっと「目から鱗」だと思う。
『是非、現地で共演してくださいね!』・・・と日本の合唱団にも伝えたいです。
こちらも↓なかなか素敵なショショローザ!
https://www.youtube.com/watch?v=wFR83oqL-Go 

投稿: natal | 2018年7月23日 (月) 14時45分

natalさん こんにちは
ドラキーズと現地で共演したらいいなと思う合唱団は他にもありますが、それはさておき、ケベックの合唱団はフランス語圏なんですね。高らかに響くShosholozaも素敵です。

私は自分の価値観が年々変わっていくせいもあり、ドラキーズがマイナーだと思えなくなっています。本当にマイナーなのかな・・・
特にヨーロッパの国々では彼らの存在をすごく意識しているように思われます。私はドラキーズの感性は素晴しいと思っています。南アフリカだからこそ生まれた合唱団ですね。
今日、モナコ少年合唱団のコンサートがありました。18歳の男子もいるのですが、基本ファルセットなので、独特な合唱音になります。同じ年齢層のいるドイツの聖歌隊とは全然ちがいますしパリ木とも全く違う。レパートリーも違うのです。
そしてモナコボーイズは、驚くほどフレンドリーです。親御さんも、わが子のツアー先の活動をフォローして、ファンに対しても好意的で嬉しく思いました。

ちょっと話題がそれてしまいました。子どもたちは大人の先入観に左右されずに、子どもたちの感性のままでいてほしいですね。

投稿: maa | 2018年7月24日 (火) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モナコ少年合唱団アジアツアー | トップページ | トマーナのドキュメンタリー »