« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月29日 (日)

2年ぶりのモナコ少年合唱団

モナコ少年合唱団の日本ツアーがありました。2年ぶりの来日です。

7月4日からタイ、ベトナム、韓国を経て、7月20日に名古屋空港に到着しています。おりしもカンカン照りが続いていたころで、名古屋は36度とかあった日かと思います。

日程は結構タイトでした。21日名古屋公演、22日小諸公演、23日横浜公演、大ラスは24日に国際フォーラムで行われた、玉置浩二特別公演でのゲスト出演。

コンサート活動を終えたあと、東京観光して帰国の途についたそうです。木曜日の午後には無事到着したと聞いております。

一週間の滞在だったんですね。東京方面も暑かったです。でも台風の直撃がなくてよかった。

heart01 notes heart01 notes heart01 notes heart01notes heart01

まずはフィリアホールから。招聘元ムジカキアラさんのtwitterを拝借します。

昨年も共演したモナコ在住のソプラノ歌手、友香子クスト平盛さんとニース在住のハープ奏者睦子キュグリエッタ植松さん、ピアノの真理子ショビノー泉さんとでユニットを組んでいるアンサンブル・イリスが第一部で演奏しました。

ニースはフランスですが、モナコから車で20分くらいで行かれるのだそうです。その地域で活動するアーティストが声をかけあい、東北大震災以来演奏活動をされているそうです。

今回は平盛さんと植松さんのお二人での演奏です。

ハープは楽器として憧れの部分が多いですが、それのみで演奏を聴くことは少ないので良い機会になりました。

heart01 notes heart01 notes heart01 notes heart01notes heart01

モナコボーイズは第二部からの出演で、単独公演ではなかったので曲数は少なかったですが、印象としては前回よりも声量が増し、上級生のファルセット(カウンターテナー)が、本格的に素晴らしかったです。

年齢構成はドイツの聖歌隊と似ていますが、ドイツの合唱団のような声幅とは違った個性を感じました。1人1人の声を聴いたわけではないですが、バスがいないんですね。

プログラムのメンバー構成を見ると、29名のうちソプラノが17人もいます。メゾソプラノは5人でアルトは7人でした。圧倒的にソプラノが多く、そのせいかハイトーンの印象が強かったですね。変声後の兄さんたちはファルセットでアルトパートを歌う感じです。

つい先日動画で聴いたトマーナにはバスの低音が聞こえてきましたが、モナコにはその部分がたぶん無いんですね。Nathan君のカウンターテナーは完璧で、コントラルト的な存在に思われます。また2016年にソロを歌ったPablo君が絶好調で、エッジの効いたソプラノが素晴しかったです。

タイでのコンサート動画があるので、ご紹介します。でもね。正直日本でのほうが上手でしたよ。実は、歌手の平盛さんもMC中に、「今日はいつもより上手ですね。」と、笑いながらおっしゃっていた。

子どもたちは、やはり旅の間にどんどん成長するのです。海外で演奏するという醍醐味を感じながら、回を重ねるたびに歌も良くなっていく。私たちはアジアツアーの集大成を聴けたんですね。

ソリストは、後列右から2人目がソプラノのパブロ君、4番目がジュリアン君。後列左から2人目がジョナサン君、その隣がカウンターテナーで群を抜いてたナタン君。

heart01 notes heart01 notes heart01 notes heart01notes heart01

この動画で André Campraの「Tota pulchra es」 がありますね。3曲目ぐらいかな。バロックの美しい曲ですが、横浜では演奏されませんでした。聖歌隊としての本領は、こんな神の領域で発揮されます。やはり単独公演でないと、曲目はいろいろ制約されちゃいますよね。残念だな。

ハノイの教会コンサートでも「Tota pulchra es」が歌われていました。

heart01 notes heart01 notes heart01 notes heart01notes heart01

シャルパンティエのバロックな曲やフォーレの選曲は、この合唱団ならではのプログラムでした。バッハのカンタータ「われは急ぐ」は上手でしたね。普通はデュエットですよね。それは他の少年合唱でも聴いたことがありますが、ソロとコーラスによる演奏は珍しく、かえって難しいと思いますが、パブロ君の歌は本当にすごい。華麗なるバッハでした。

「タントム・エルゴ」は優雅で好きです。これもジョナサンとパブロでしたが、ソリストたちの成長ぶりが演奏面にも反映されてますね。ブラームスも、WSKが取り上げそうな曲でしたが、ブラームスの悲壮感がなく地中海のように輝いて感じました。それはそれで、素敵じゃないですか。

第三部では、平盛さんと植松さんが再び登場しました。「さくらさくら」、ナタン君と平盛さんのデュエットで「ピエ・イエズ」 、エディット・ピアフの「愛の讃歌」など、コラボで素敵な演奏を聴けました。

フィリアホールでの最後の曲は学校のためのミサ。平盛さんの斉唱で始まり、合唱力をアピールした形になった演奏でした。そしてアンコールは「ドレミの歌」 平盛さんのソロに合唱団のコーラスで、映画を彷彿とさせ楽しかったです。

heart01 notes heart01 notes heart01 notes heart01notes heart01

さて翌24日は、玉置浩二特別公演「THE GOLD RENAUSSANCE」でした。

第一部は玉置さんのソロ場面。私は本当に古い曲しか知らないので、一部で歌われたものはほとんど知らなかった。ちょっと自分は場違いかなって、ひたすらモナコを待ち続けました。

そして第二部。実は休憩時間にロビーでBOYSを見かけました。関係者スぺースの向こうに入り、舞台袖に入る扉の前に並んでいました。なので、次に出てくるなと期待していたのです。

彼らが歌ったのは2曲だけでしたが、これまでと違い5,000人を収容するスペースです。その広がりに乗った歌声は、天井の端までも響き渡っていきました。

最初に歌ったのは「天使の糧」 Panis Angelicusです。 ステージに登場した彼らは暖かい拍手で迎えられました。おそらくこの会場のほとんどの人が、モナコボーイズを知らなかったと思います。

隣りの席からは、「えっ、モナコから来てるの?すごいね」みたいな会話も聞こえてきました。ただ、玉置さんをサポートしているファンの方は年齢層もそれなりで、特に女性はboysを見たとたんニコニコです。

それはロビーでも感じました。開演前にエスカレータの横で彼らと遭遇したのです。あまりに近すぎて気づかないくらい。横を向いたらboysだったのです。すごく自然にエスカレータで2階に上がろうとしていました。

そのとき、エスカレータの列に並んでいた皆さんは、「可愛い!」とつぶやかれて、初めて会う制服のboysに笑みを送っていましたよ。

話がとびましたね。そう!観客の多くは、合唱団を優しく迎えていました。これはムジカキアラさんのtwitterでリハーサル風景です。本番ではいつものユニフォームでしたが、この日彼らは帰りもフォーマルなスーツでした。(ホールの規則で撮影は禁止でした。)

「清く正しく美しく」 という曲をご存知ですか?  私は知らなかった。

この曲の言葉、「清く正しく美しく」 を、玉置さんははっきりときれいな日本語で発音していました。この曲に込められた思いなのだと思います。

人に話すように「清く」 「正しく」「美しく」と、語尾を伸ばさずに歌うのです。モナコボーイズも同様にはっきりした発音で、言葉を切りながら歌っていました。

オーケストラは東京フィルハーモニー管弦楽団

すごくよかったです。この曲が持つピュアな気持ちをboyschoirに歌ってもらう、誰が考えた演出なのか、それは予想以上に効果をもたらしたと思います。

子どもたちの声は、子どもにしか出せない。それ以上の純粋さを、大人は表現できない。子どもにはかなわないですね。

人生を積んで酸いも甘いもかみ分けた玉置さんが、少年の心で歌ったあの曲を、本物の少年たちが更に透明に、さらに純粋にしてくれたような気がします。彼らにとっても、あの広い会場で日本のアーティストと同じステージに立って歌ったことは、この夏の素晴らしい思い出と経験になったことでしょう。

heart01 notes heart01 notes heart01 notes heart01notes heart01

この合唱団の演奏に親しみを感じてきました。この子たちしか歌えない世界があります。聖歌隊であることは重要なポジションですが、モナコというお国柄が生んだ明るくフレンドリーな皆さんで、合唱にもそのカラーを感じました。2年後にまた会えますように。

最後にフィリアホールのプログラムからひとつ。

ジュリアンが子守歌を歌いました。彼は私の好きな儚い系のソロです。思い出すつもりはなかったのですが、2年前に来日したメンバーで今回来られなかった子の顔が浮かびました。普通に退団した子もいるし、それはしかたのないことですが・・・。

女性歌手の歌ですが、ジュリアン君が歌っているステージを想像して聴いてください。

| | コメント (2)

2018年7月22日 (日)

トマーナのドキュメンタリー

半年以上前のものですが、トマーナコアのドキュメンタリーです。

ヨーロッパのテレビ局Arteで制作された「360°GEO Reportage」という、これが番組名なのかと思われます。

DVDになっているトマーナコアの学校生活を見たのは3年くらい前でしたか。

マタイを聴きに行く前に、少し緊張してトマーナの敷居をまたいだのでした。その時 ビラー先生はすでにカントールを退任されていたので、そのDVDを見て歴史のひとこまを見させてもらったような感慨がありました。

映像は、主に3人の生徒をフィーチャーして彼らの学校生活を追いながら、トーマス教会でゲバントハウス管弦楽団とトマーナが演奏するクリスマスオラトリオで締めくくられています。

この動画の説明に書かれている主人公は、9歳のライフ Leif 、12歳のナタナエル Nathanael、17歳のジャスパーJasper ですが、他にも2~3人の生徒にスポットが当てられていました。

ドイツ語は聴いていてもわからないので、映像を見て想像しようにも、残念ながら限界ありありでした。

シュバルツ先生の声は素晴らしく、トーマス教会に響くのはこの清廉な歌声にほかならず、9歳のちびっ子時代からバッハに取り組む生徒たちは、私にとっては今もまだ半透明なガラスの向こうに見える遠い存在です。

note xmas note xmas note

でもクリスマスの街には、以前見たDVDで深く記憶に残ったシーンと同じ情景がありました。

本当に暗いんですね。クルマのライトで照らされて見える子どもたち。

こればかりはライプチヒに住んでいる人にしか味わえない路上ライブです。「茨の森のマリアさま」がきれい。

ビデオカメラが風の音を拾ってる・・・12月のライプチヒ、本当は寒いんでしょうけれど、心温まる時間です。この瞬間ここにいたいね。

| | コメント (2)

2018年7月15日 (日)

Calw

いきなり都市名のタイトルですが、少年合唱好きなかたでしたら、すぐにわかる南ドイツの都市です。

文学好きな人にとっては、ヘルマン・ヘッセの故郷でもあります。「車輪の下」読んだよね。

街の風景は、ストラスブールやコルマール的な感じ。フランスのストラスブールまでしか知らないので、対岸のドイツの街もこんなだったかなって感じです。好きな風景です。

アウレリウス少年合唱団カルフ・・・・・「 シュタット カルフ」街の名前まで名乗るのが正式なのね。

動画を見ていたら、カルフの子たちが「Sho sho loza」を歌っていたんですね。最近の三人の童子などの動画も見ていたのですが、文章にする切り口が浮かばずにいました。でも「Sho sho loza」を歌っているのを見て、決まり! なんとも上品かつ美しい、でも瞬発力はないかも?という感じの演奏でしたが、ヨーロッパの合唱団がこの歌を歌うのは嬉しい。

強いて言えば、兄さんたちもっとガッツだそうよ・・・とは正直思います。笑

ribbon heart ribbon heart ribbon


Aurelius Sängerknaben

ribbon heart ribbon heart ribbon

伝統的な教会付きの聖歌隊が多いなかで、比較的新しい合唱団です。以前はこの合唱団出身のカイ・ポダック氏の話題ぐらいしかしてないですね。

オペラにも出演しているので、最近の「三人の童子」です。


Aurelius Sängerknaben

テルツのコーラスのような精緻な仕上がりはないですが、明るいトーンが南っぽい。おおざっぱな言い方ですみません。北ドイツの合唱団は、第一、三人の童子やらないよね。・・・・・・たぶん。

ribbon heart ribbon heart ribbon

ベルリンフィルとのゲスト出演もありました。フィリップ君というらしい。今年のイースターです。素敵ですね。


Aurelius Sängerknaben

ショショローザは、ドラキーズの勢いに慣れているので、ちょっと頼りなげではありますが、魅力ある合唱団だと思います。

ribbon heart ribbon heart ribbon

美しいロシアの子守歌がありました。これは一年前のものですが、なんてきれいな声でしょう! バイエルン地方・・・ウィーンとは距離がありますが、天使の声が普通に生きてるパラダイスです。


Chor Gesang - Das Magazin

| | コメント (2)

2018年7月13日 (金)

モナコ少年合唱団アジアツアー

2年ぶりに来日するモナコ少年合唱団のお話です。

なぜかメンバーの親御さんからメッセージを頂き、アジアツアーに旅立ったことなど以前から聞いていました。

2年しかたっていないので、二度目の来日になるメンバーもいて、Time flies感がすごいです。boysの二年間は大人時間に換算できないですものね。

年長の兄さんたちはそんなに変わっていないのですが、やはり年少だったboysが、大人っぽくなりました。勿論新たに参加するメンバーもいます。

タイからベトナム、韓国を経由して日本にやってきます。

期間中、天候に恵まれますように。暑さはどうしようもないですが、台風とか来ないといいですね。

note cute note cute note

これは前回2016年恵比寿ガーデンプレースでのミニコンサート。
ソプラノ歌手平盛友佳子さんと、「I deaming of home」のリハーサル中です。

ステージが小さく高さがあって(合唱団用にはできていないのです)、ピアノの位置を決めるのに時間がかかりましたね。

note cute note cute note

前回も同じ7月の中旬から下旬のツアーでした。

7月21日(土) 愛知県 三井住友海上しらかわホール 15時開演(チケット取扱い中)

7月22日(日) 長野県小諸市文化会館 15時開演(無料整理券は予定枚数終了)

7月23日(月) 横浜市青葉台 フィリアホール 19時開演(チケット取扱い中)
アンサンブル・イリスとの共演、ソプラノ歌手平盛友佳子さんも出演

7月24日(火)東京国際フォーラムA 玉置浩二コンサート ゲスト出演(チケット取扱い中)

note cute note cute note

玉置さんのコンサートでは、モナコ少年合唱団がゲストとして出演しますが、何曲歌うのかはわかりません。

今回チケットが高くてどうしようか迷いましたが、愛知・小諸に行くのは無理なので、結局こちらで行くことに決定。プログラムも込みの入場料なので実質は9000円ぐらいの感じですかね。・・・オーケストラ共演で聴きごたえあると思います。

指揮:デヴィッド・ガルフォース
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:モナコ少年合唱団

あとこれだけは聴きたいというのが、名曲 「夏の終わりのハーモニー」。井上陽水さんとのコラボを、大昔に聴きに行ったことがあります。陽水さんの歌がまた素晴らしくて、あれは感動しました。

久々の玉置さんも聴けるし、楽しみが増えました。

note cute note cute note

愛知や長野はコンサート開催がわりと多いですね。県が広いと必ずしも県民だから近距離とは言えませんが、もし行かれる距離にお住まいでしたら、是非聴きに行かれてください。

タイでは国内でも最も重要な教会で無料のコンサートが行われていました。個人のかたが撮られた動画でシェアできないようなので、ソロとか素晴らしいんですが、ご紹介できず残念です。

でも新着YouTubeを教えて頂きました。ハノイから届いたニュース映像です。
教会でのコンサートですが、こんなベビーを連れて聴きに来るかたもあるんですね。
ツアーの一部は商業ベースではないのかもしれません。なので教会でのフリーコンサートがあります。

モナコ少年合唱団も東京カテドラルでコンサートをできなかったのでしょうかね。年長のboysもファルセット遣いで高音が美しい少年合唱ですから、礼拝堂で聴きたいですよね。


Vietnam News Agency

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

You boys light up my day 🌞 Thank you!

今日のタイトルは、この動画に寄せられたコメントをそのまま借りました。

clover You boys light up my day 🌞 Thank you! clover

思いは同じ。同じく二番です。この子たちの笑い声と歌声は太陽みたいと思いました。

2005年に愛知博がありました。南アフリカ大使館の招聘でドラケンスバーグ少年合唱団が急遽来日し、会場でミニコンサートが連日開催されました。

残念ですが私はドラキーズがこんなに素敵なboysだと知りませんでした。名前だけようやく知っているくらい。ファン友なんて一人もいませんでしたから、自力以上の情報に巡り合うこともなかったころです。なので、リアルタイムでこのboysに会うことはありませんでした。

clover * clover * clover * clover * clover

めずらしく限定でなく公開して頂いているので、ご紹介しています。
限定じゃないのはうっかりだったのかな。まっいいか。

こんなピュアな声の「Can you feel love the love tonight」を聴いたことがない。

ピュアで上手で、でも自然な発声なのです。天性の声のステファン君です。

clover * clover * clover * clover * clover

愛知博の日程のあと、信じられないかもしれませんが、ほぼ個人の力で、natalさんご夫妻が新潟に彼らを招いたのです。

この映像は新潟に向かうバスの中でのひとこまです。

どこでも歌うboys。どこでも楽しむboys。

商業的な大きなお金は動きませんでした。すごく倹約生活だったそうです。

でもフリータイムや旅先でのホールコンサート、小学校でのコンサート、地元の人々との交流は、boysにとって素晴らしい経験と思い出になったことと思います。愛知博では空き時間にはふらっと1人でパビリオン見学をしていたメンバーもいたそうです。

この時のメンバーは総勢18人。指揮者のBunny氏が、オーディションなしに100人からいる団員の中からこの18人を抜擢したそうです。精鋭メンバーでした。

ドラケンスバーグに行ったとき、卒業生たちが参加するディナーに出席させて頂けました。natalさんはともかく、全く関係ないにわかサポーターの同行者3人(私プラス2名)まで、分け隔てなく歓迎してもらい、美味しいお料理をふるまわれて身に余るような時間を過ごしました。

その席でこの旅に参加した元団員のオールドボーイが、旅の思い出を懐かしそうに話してくれました。

愛知博で来日したboysは、今は20代後半から30歳くらい。この中にはミュージカル俳優になり、今もライオンキングを歌い続けている人もいます。

GWの南ア旅行で、18人の愛知博メンバーのうち、何人かと会う機会に恵まれました。またこの中にはいなくても、ここ数年間の卒業生数人と会うことができました。

フジテレビの「世界ふしぎ発見」で、ドラキーズスクールの卒業生について、音楽の道に進まなかった子は全員医者になるというナレーションが流れました。でも私が会った元団員は、専業の音楽家でもなく医者でもなかった。笑  ・・・今はそれぞれの人生を歩いている彼らです。

さて、こんな楽しげな光景は普通はスタッフにでもならないと見ることはできません。ちょっと「ごちそうさま」感を味わいながら、もう一度ステファンの歌を聴いてね。

clover * clover * clover * clover * clover


holy233   Neanderdalman

| | コメント (4)

2018年7月 5日 (木)

パリ木 *7月ツアー

予定表みたらびっしりです。

WSKは夏休みでそれぞれ家族で過ごしたりしているのでしょうね。(想像)

パリ木の新着動画があったので、どこのだろうと思いHPを見たら、7月も週5くらいでコンサートが詰まっていました。15日までですが・・・ オータンから南西の地方を旅するようです。それが終わったらバカンスかな。

7月1日 ビヨンでのコンサート


gillou412

Bara


gillou412

この曲、ふるくさい曲なんでしょうけれど、きれいに響いていて好きです。

卒業したboysは前回の来日とソウル公演で、この数年間の中では親しみを感じています。もうソロをとることはないかもしれませんが、ツアーが続く間は気にしていよう。

| | コメント (2)

« 2018年6月 | トップページ