« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

カッコウ ”Der Guggu ” ほか・・・昔からの歌

懐かしいドイツ民謡「カッコウ」です。

これはウィーン少公式から届いたゼキルンでの様子です。

短いですね。 インスタじゃないんだから、秒はないよねって思いますが、確かに35秒です。

       

歴史的といってもいいくらい昔のWSKもこの曲を歌っています。それも日本公演で歌っているんですね。

今年のハイドンコアは民謡のときも演出を工夫して、boysらしいステージを見せてくれました。最近は同じ民謡が続いている感じもあったので、今年は新鮮に感じました。また、ヤンが自身の誕生日に「菩提樹」をソロで歌ってくれました。ウィーン少ここにありっていうくらい、存在感があって素敵でした。

クラシックな歌曲だけでなく、ドイツ・オーストリアの民謡や伝統的な学生歌と言われるものは膨大にあるので、是非いろいろな曲を選んでほしい。

今回私は直接聴きに行けないのでご紹介していませんが、西日本を中心にツアーをしているドイツのフライブルク大聖堂少年合唱団は、宗教曲のほかに懐かしいドイツ民謡も沢山歌っています。

https://japan.diplo.de/ja-ja/aktuelles/-/2126166   ← ドイツ大使館のサイト

昔、合唱団の歌が頻繁にテレビから聞こえてきた時代があったんですね。NHK「みんなの歌」でも民謡からオリジナルまで、たくさんの合唱曲がありました。

今は音楽の教科書の選曲も変わっているようなので、古い歌がどれだけ子どもたちに浸透しているかわかりませんが、私は聴き続けたいと思う派です。

ドイツのテレビ番組「Immer wieder sonntags 」 。 ARDの番組表をググってみたら、時々少年合唱団が出演しているんですね。

日曜の朝9時から公開放送しているらしい・・・・。でも日本と同じで、バラエティ番組のゲスト出演って、やはり5分足らずの出演なんですね。

レーゲンスと、一番最近の出演はリンブルガー大聖堂少年合唱団

「ローレライ」 「菩提樹」 「野ばら」


Chor Gesang1 on YouTube

       

「クルプファルツの狩人」  「さすらい」


Chor Gesang1 on YouTube

| | コメント (12)

2018年8月22日 (水)

ヒマワリとバッハ

ヒマワリを手に持った画像をSNSで見て、なんとかブログで公開できないかと思っていましたが、VOX PUERIさんがYouTubeでシェアしてくれました。(最初の10秒ぐらい、無音です)

ヒマワリを持ったメンバーは新入生だそうです。初めてバッハのモテットをトーマス教会で歌う日。バッハのお墓に花を置きます。これは伝統的な行事ですか?私はよく知らないのですが。でも素敵な儀式ですね。

ヒマワリで迎える新学期も素敵です。ネイビーのユニファームと黄色いヒマワリがシンプルにマッチして、boysは自分たちがこんなに大人の心を柔らかに包んでいるとは、1ミリも思ってないでしょうけれど、純粋っていうのは、そういうことを言うんですね。

あんまり可愛いとか言っちゃいけないのかもしれないけど、つい口をついて出るのは、可愛い・・・ですね。笑 濁りの無いものに、心を奪われます。自分が無くしたものだからかな。これから兄さんたちのサポートを受けながら成長していくのでしょうね。

聞こえてくる合唱は、オーランド・ディ・ロッソの「ユビラーテ・デオ」 Orlando di Lasso - Jubilate Deo

ところでVOX PUERIさんには、ドラケンスバーグ少年合唱団の取材もたくさんして頂きました。一方的に、ありがたやと思っています。

実は少年合唱マガジンなのです。スイスの少年合唱団出身の方が昨年立ち上げた雑誌です。なので、ドラキーズの参加したスイス・バーゼルの合唱祭でもたくさん動画を撮って公開していました。

メディアとして少年合唱のニュースをYouTube公開してもらえるのは、遠い日本にいる合唱ファンとしては嬉しいことですね。

| | コメント (2)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »