« ピエ・イエズ を聴いてみました | トップページ | 結局Boysだけのデュエットに行きついてしまう自分 »

2018年9月 8日 (土)

フォーレ 「レクイエム」のソロ 70年代の録音

やまちゃんさんからコメントを頂き、自分で所持するLPレコードをアップすることも考えましたが、参加アーティストがわかっているので、まずはネットを探してみました。

そして、発見!

美しいソロなので、こちらで動画を拝借することにしました。このレクイエムはお薦めです。


chor eno

ピエ・イエスから頭出しできるように設定しましたが、時間があれば宜しければ最初からお聴きになってください。

また投稿者さんが各章ごとの頭出し設定をしてくださっていますので、YouTubeサイトに飛んでこの動画の説明文を全表示にすると、そこにリンク付けカウントがあります。

合唱:La Maîtrise de St-Pierre-aux-Liens
ソロ: Alain Clément
指揮:Michel Corvoz

|

« ピエ・イエズ を聴いてみました | トップページ | 結局Boysだけのデュエットに行きついてしまう自分 »

フランス・ベルギー・スペインの合唱団」カテゴリの記事

コメント

maa様動画載せてくれてありがとうございます。本当に美しいソロですね。更新に気付かずにとんまなコメント前のページに書いてしまいました。すみません。全曲はまた時間のあるときにゆっくり聞かせていただきます。
 
 私は最近の音楽事情にはうとくて、ひたすら昔の演奏を追い求めていますが、maaさんは現代と両方精通されていて、凄いなと思います。

投稿: ヤマチャン | 2018年9月 8日 (土) 23時46分

ヤマチャン様
日本の方がアップされていたようです。二本ありましたが、こちらは素材にジャケ写が使われていたので選びました。

アラン・クレマン君の歌は子どもながら荘厳な空気を感じます。youtube にはコルボの新しい録音もありましたが、オケの演奏も女声ソプラノの起用も、この録音とは違い過ぎており、私はこちらのほうが好きです。
音楽に関しては全く精通しておりません。本当に行き当たりばったりの鑑賞です。特にイギリス系合唱団のことなどは、あまり聴かないせいかほとんど知らないのです。ヤマチャンさんをはじめ、皆さんのコメントはとても参考になってありがたいです。

投稿: maa | 2018年9月 9日 (日) 11時22分

maa様
私もフォーレレクイエムが美しすぎて、ある時期ずっと聴いていました。
アップされているCDのリマスター盤の方です。
(世界中にあるネットショップでまだ販売されています)
今、ここで聴かせていただいても少年の無垢な祈る姿が目に浮かぶようです。
ライナーノートによれば、「コルボはこのレクイエムを演奏する準備中に急逝した合唱隊指揮者、おじへの追悼としてこの曲を録音した。
ソプラノソリストも団員の中から選び、子供たちはこの曲の準備を共にしていたおじの死に接して、歌詞と音楽に心底共感して歌い奇跡のような出来事だった」(略文)とあります。
そしてこのレクはソプラノでと記載はあるものの、ボーイソプラノとはなっていないとのことです。
傾向が変わって行ったのも、これがおじさまへの追悼という「特別な録音」だったということからなのかも知れませんね。

投稿: ABC | 2018年9月 9日 (日) 15時51分

ABCさま
なんか今回は嬉しいですね。
1人のソリスト君から、一枚のレコードへ。そのレコードを買った私から、その録音をご存知だったヤマチャンさんへ。
さらにCD盤をお持ちだったABCさんの、素敵なおまけまでありました。
ライナーノートに書かれた録音のエピソードは、聴く側にとって音の背景を知る大切な記録です。アラン君は参加した合唱団のメンバーだったんですね。
ちょっと特別なアルバムになりました。

投稿: maa | 2018年9月 9日 (日) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピエ・イエズ を聴いてみました | トップページ | 結局Boysだけのデュエットに行きついてしまう自分 »