« WSK ニューアルバム ”Strauss For Ever” | トップページ | 国際バロック・フェスティバル 2017 »

2018年9月29日 (土)

誰だかわからないけど

何の説明もなく、いつの映像かもわからず.。

誰だかわからないけど、パリ木だね・・・

パリ木の白いローブはロールカラーが美しいラインです。頭をすっぽり覆うフードは、顔の部分だけが丸くカットされて頭のてっぺんは結構とんがりです。でもそれを後ろに降ろすと、綺麗なロールカラーと首から背中にかかるフードのドレープができるんですね。

「Prière du petit chanteur」

これがタイトルなのか、状況説明なのかわかりませんが、この声は好きです。昔のソリストほど張りのある声ではないけれど、鼻音が心地よいチャーミングなソロではないですか?

それにしても、場所も日付もなんもなしの不思議な動画でした。公開日は今年1月です。


gillou412

pen pencil pen pencil pen pencil

いつものようにメンバー写真のファン動画がありました。今年2月時点での団員たち1人1人で作られています。夏に卒業した3年生も混ざっているし、現在とは多少ちがうので、そのつもりでご覧ください。


Clémentine D

ここに上がっている画像と一番上の動画を比べてみましたが、やっぱり最初の動画で歌っているのが誰なのかわからなかった。この中にいるとは思うのですが・・・。

昨年ソウルで歌っていた何人か日本に来てくれるといいなと思っています。今年はテナーとかバスの声が少なそうに感じます。

数年来パリ木の指揮をしてきたユーゴ先生は、今はパリ木を辞められオータンの女子聖歌隊に専念されています。今年のクリスマスツアーには来日しますが、それが最後になるとFBで発言されていました。

新しい芸術監督は、Tanguy Dionis du Séjour氏↓ (公式HP)

https://www.pccb.fr/nouveau-depart-petits-chanteurs-a-croix-de-bois/

pen pencil pen pencil pen pencil

11月27日 東京 紀尾井ホール 19時

11月28日 静岡音楽館 AOI 19時

12月1日 京都コンサートホール 14時

コンサート回数は少なくても、今回は2年ぶりだし、これからも定期的に来てくれることを願っています。

そしてパリ木の声が変わらぬ響きであることを願います。

pen pencil pen pencil pen pencil

2009年の「プエリ・コンチニテ」がパーフェクトな歌声です。

これ本当に素敵よ!


Jean Michel Meuley

|

« WSK ニューアルバム ”Strauss For Ever” | トップページ | 国際バロック・フェスティバル 2017 »

PCCB」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

久々のパリ木ありがとうございます。

「プリエ・コンチニテ」
2006年、2007年もパリ木らしいですよ。
トマソン女史の演出には賛否両論あるみたいですが、ソリスト育成には優れていたと思います。2008〜2009年のソプラノはどの子もソリストと言っても過言ではないとおもいます。

「プリエ・コンチニテ」が代々歌い継がれていったこともすごいです。
2010年はボードワンが。これまた完璧でしたね。いまのソプラノのより、声の伸びしなやかさがパリ木らしいというか。

 今年の来日も楽しみ。席は後ろの方なんですが、生で聴くのが楽しみです。演奏の間、足を閉じでほとんど動くことなく立ち続けるって、特別な体幹トレーニングでもしているのかしら? 

投稿: うさぎのはは | 2018年10月 6日 (土) 10時17分

うさぎのはは様 こんにちは
パリ木の来日楽しみですね。
2008年前後は本当に歌える子がたくさんいました。プエリコンチニテのソロも、他にも数人が交代して歌っていたようです。それが皆素晴らしい声で驚きます。
後ろまたは前で腕を組むスタイルは変わらぬ伝統ですね。演奏中この格好を保つのはシンドイと思います。ウィーン少などはとっくに廃止してしまいました。おそらく身体をリラックスさせて声を出すほうを優先した結果だと思いますが、私の知るオールドたちは声をそろえて、昔のように後ろに腕を組むスタイルが好きと言います。

整然としたそのステージの雰囲気に包まれる快感は、合唱の美しさとともに、ライブの醍醐味ですね。

静岡のWEB情報誌がこんな記事を組んでくれています。

https://womo.jp/column/detail/34199

パリ木を知らない人向けにも周知しようというコンセプトだと思いますが、これを見ると今回は変声前の団員が多いみたい。実際最近のメンバー情報でテナーとバスが計4名ほどだったので、自分の記事内でも「少ない」と書いたのですが、多少の変動はあってもやはりソプラノ・アルトが中心になりそうです。
どんな合唱を聞かせてくれるかわくわくしますね。

FBはご覧になりますか?
「ノート」というブログみたいなものが更新され、9月10月では最新のメンバーフォトも見られます。

https://www.facebook.com/pg/PCCB.Infos/notes/


投稿: maa | 2018年10月 7日 (日) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK ニューアルバム ”Strauss For Ever” | トップページ | 国際バロック・フェスティバル 2017 »