« 結局Boysだけのデュエットに行きついてしまう自分 | トップページ | 誰だかわからないけど »

2018年9月16日 (日)

WSK ニューアルバム ”Strauss For Ever”

ウィーン少年合唱団の新しいアルバムが発売されます。

タイトルは「シュトラウス フォーエヴァー」 全曲がシュトラウス・ファミリーの作品です。

YouTubeの予告動画は、出ているメンバーが古いです・・・・。せっかくだから、今年の録音風景なんかをまとめてくれたらよかったのにね。

CD本体の発売は9月20日頃予定ですが、デジタルではもうダウンロードが可能です。ただし「皇帝円舞曲」はアルバムのみとなっています。

私はCD本体を持っていたい石器人なのでDLはせず本体を待ちます。なのでライナーノートなんかに書いてあるであろう詳細はわかりません。でもジャケットの写真を見るとシューベルトコアとブルックナーですね。

これが録音参加のコアなのかな。?

録音は今年3月から4月にMuthで行われたそうで、その頃の各クラスのスケジュールまでは覚えていませんが、ハイドンは日本公演とその準備、モーコアはマルタ・スペイン・デンマークなどのツアーも続いたから、CD録音のメインはシューコアとブルコア・・・かもしれませんね。

販売ルートはたくさんありますが、公式発表では例えばこんな感じ ↓

https://uma.lnk.to/StraussForEver

あと日本ではT社とかH社などは、今だとちょっと安いので、そういうショップを探すのもいいかと思います。今さら頭文字もないか。タワレコとHMVです。wwww

海外のニュース ↓

http://www.klassikakzente.de/news/klassik/article:248215/kultige-polkas-und-walzer-neues-von-den-wiener-saengerknaben

アングルちがいのこの写真も素敵。ルカ君が大人っぽくなりましたね。ネイサン君は15年ブルコア帰国後に入団しましたが、今はもう中心メンバーといってもいい。Time flies感がすごいです。

もしブルコアとシューコアが録音に参加したとしたら、今年卒業したメンバーも歌っていたのかなと想像します。来日したboysの録音は、やはり胸が熱くなります。

ブルコア:ジョンミン、メシュー、ラファエル、ヴァレンティン、ロベルト、リュウセイ、ユウ君たち、そして来日してないけどバルナバス君も卒業

シューコア:ラウリン、ヤコブF、ルカV、パウル、ヘンリー、ミノル君たち

追記:9月17日
海外のファンがすでにCDを入手されていて、SNSに写真がアっプされていました。ライナーノートに録音風景の写真があり、そこで見覚えのある顔はブルコアのメンバーでしたが、シューコアも参加していたようです。歌詞カードは海外盤には付いてなかったそうです。

* * * *

試聴してみましたが、長い曲は最初のオケの部分だけで試聴のリミットになってしまいました。アルバムのみの扱いになっている「皇帝円舞曲」は、なんと10分15秒の超ロングバージョンです。

ヴィルト先生の気合を感じます。ですが、「ウィーンの森の物語」はフロシャウアー先生のアレンジだし、「千夜一夜物語」と「ハンガリー万歳」は、タイマー先生のアレンジです。

何十年も前にボーイズとともに活躍されたカペルマイスターの名前が、音楽的にも連綿と生き続けているのは嬉しい。

ちょっと残念に思うのは、「南国のバラ」と「アンネンポルカ」も聴きたかった。好きな曲なので・・・笑 ただそれだけのこと。

なおCDタイトルでもあるエンディングトラックの「For ever」は、今回ボーイズのために作詞されたそうです。本物の新譜ですね。・・・と思っていましたが。。。。。

しかし2013年のプログラムで演奏されていました。 すっかり忘れて、思い出すかけらもなかった。作詞は時々インタビューにも登場されるティナさんでした。

2013年のプログラムによれば、ニューイヤーコンサートでも近年では演奏されることがない珍しい曲で、日本では2013年が初演だとのこと。ヨーゼフ・シュトラウス作品です。

収録内容

1. 休暇旅行で   Op.133
2. 水兵のポルカ  Op.52
3. 皇帝円舞曲  Op.437
4. 山賊のギャロップ  Op.378
5. ウィーンの森の物語  Op.325
6. 浮気心  Op.319
7. 春の声  Op.410
8. トリッチ・トラッチ・ポルカ  Op.214
9. 千夜一夜物語  Op.346
10. 鍛冶屋のポルカ   Op.269
11. ハンガリー万歳  Op.332
12. 美しく青きドナウ  Op.314
13. ラデツキー行進曲  Op.228
14. 永遠に

公演では必ず数曲のシュトラウス作品が演奏されますが、特に最近のモーコアやハイドンのコンサートで、指揮者による演奏の違いやメンバーによる盛り上がりの違いを顕著に感じました。そこまで聴かせる演奏もすごいと思ったし、お約束のワルツですよというのではなく、ウィーン少だからこそ聞かせることのできるワルツやポルカに感動したものです。

私たちは日本にいて、なかなかオケとともに演奏するWSKのステージに接する機会は持てない。海外でオーケストラが参加するコンサートにゲスト出演するWSKの動画を見ると、本当に羨ましいです。

来日が年中行事になっても、歌う子どもたちや指揮者はその都度違います。また同じ指揮者であっても4年の月日をボーイズと過ごし、音楽家としても研鑽を積んでおり、決して同じ演奏ではありません。

なんかもう少し、WSKが毎年来るなんて世界でも稀なことなのよという感覚を取り戻して、非公開でないところで、いろいろな団体から出演のオファーが来るといいなあと思います。

今年5月のシューベルトコア、鍛冶屋のポルカです。ラウリンが金床を叩いてる。

FBの更新でORFの映像が日本からも見れました。50秒しかないのであっというまですが楽しいですよ..

追記:9月18日  今日はその映像がYouTubeで公開されました。録音風景ではなく、プレゼンという感じですね。ハイドンの元気さがポルカシュネルにぴったり。

* * * *

シュトラウスではないのですが、新着と書いてあったので。

これは今年1月のシンガポールでのモーコアです。リハーサルと書いてありますね。

後姿はイェトミールですね。もう一人はジュリアンですか? こういう動画って、いつか消されちゃうかもしれない。イェトミールのソロなので、今のうちにご紹介しておきたかった。

|

« 結局Boysだけのデュエットに行きついてしまう自分 | トップページ | 誰だかわからないけど »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

maa様
CDの到着が待ち遠しいですね。
視聴した限りでは、とても豪華で綺麗。
久々のクリスマスアルバム以外の新録でワクワクします。
皇帝円舞曲は、特に新しいCDでは前奏などを省いているものが多く残念でしたが、
今回はシュトラウス特集ということで、約10分の演奏、嬉しい限りです。
ORFのビデオはmaa様から教えていただいたWSKからのニュースレターにも写真として載っていましたね。
新CDの発表をしている様子で、こちらはハイドンコアのメンバーですね。
私は昨年のモーコアと今年のハイドンコアが特に好きなので、今回の録音に入っていて欲しいなぁと思っています。
それから、先日のCD、到着しています。
楽しくて可愛くて等々・・・毎晩、天使君たちの歌に包まれながら眠りに就いています。
ありがとうございました。

投稿: ABC | 2018年9月19日 (水) 00時06分

ABCさま
新しいCDはまだちょっと先で、たぶん私が注文したところは月末くらいのお届けかもしれません。
ウィーン少のCDをすべて所持しているわけではないのですが、手元にあるシュトラウスばかりのものを探してみたら、1999年頃ヴィルトさんがまだ就任して間もないころの録音がありました。
そこでは「朝の新聞」が一番長くて、8分49秒。「皇帝円舞曲」は7分10秒です。なので今回の録音がどんな演奏か、どれだけ力をいれているかが感じられ本当に楽しみです。
先日のCDは正解でしたね。よかったですね。

投稿: maa | 2018年9月20日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結局Boysだけのデュエットに行きついてしまう自分 | トップページ | 誰だかわからないけど »