« WSK ニューアルバム 「Strauss For Ever」 を聴きました♡ | トップページ | For the beauty of the earth »

2018年10月28日 (日)

Libera 新宿文化センター 大ホール(10月21日)

先週の日曜日リベラのコンサートに行きました。日曜・月曜と2daysの日程でしたが、今回は私は一度だけにとどまりました。

 

深い意味はなく、ただチケットの争奪戦がすごかったみたいで、自分はそのへんはカヤの外の人間なのですが、たまたま最前列が取れたので、一日だけでいいことにしようと思ってしまいました。

 

でも正直、後悔しています。とても素敵なコンサートだったので、新宿文化センターは遠くていやなのですが、全国・・・いや海外から来ていた方もあったようですし、それに比べたら全然です。2日間行けばよかった。

 

最速の先行販売も知らずにいたので、その日から3日はたっていましたが、試みにチケット販売サイトを開けてみたら、おお!キャンセルが出ていたんですね。

 

りべコン最前列は、なんとなんと13年ぶりでした。そう・・・初来日以来の快挙。ほぼ奇跡だった感じです。

 

目の前にはダニエル君がいました。ステージが高いので少し見上げる感じで目を向けると、まつ毛の影が見えるくらいに近く、声も良く聞こえてきました。マイクをつけていますが、肉声として私の耳には届いてきました。(気のせいかもしれないけど・・・)

 

 

東京から名古屋、大阪へのJapan tour "Beyond" 2018 は26日で終了しました。

 

プログラムは

 

第一部
Joyful Joyful ;ジョイフルジョイフル
The Prayer ;祈り
Ave Maria(Priseman);アヴェ・マリア
Stay with Me ;ステイ・ウィズ・ミー
Ave Maria (Caccini) ;アヴェ・マリア
Amazing Grace ;アメイジング・グレイス
In Paradisum ;楽園にて
For the Future  明日へ (日本語歌詞)
Voca Me ; ヴォーカ・メ
Orinoco Flow ;オリノコ・フロウ

 

第二部
I am the Day;生まれ来る日
From a Distance ;フロム・ア・ディスタンス
Wayfaring Strenger ;さすらいの旅人
Angel ;天使のくれた奇跡
Sanctus ; サンクトス(パッヘルベルのカノン)
Salve Me ;サルヴァ・メ
Eternal Light ;エターナル・ライト
Nearer, My God, to Thee 主よ、みもとに近づかん
Libera ;リベラ

 

アンコール
Smile ; スマイル
For the Future  明日へ    共演:アリオサ児童合唱団

 

これはプログラムを転記したセトリですが、「Nearer, My God, to Thee」はプログラムには記載がありません。最後の曲を紹介したあとに、『その前に少人数で賛美歌を歌います』と紹介され、そんな流れだったと思います。

 

 

私はリベラのリアルタイムでの情報に疎く、顔と名前は来日時は人から教わり覚えていますが、次の来日公演までには8割がた忘れています。

 

今回もコンサート終了後に友人たちから聞いているので、演奏の最中はただ「きれいだな」と思いつつ聴くばかり。誰がソロだったとか、ここではそういった説明はほぼできないんですね。ご了承ください。

 

一曲目の後に昨年と同様にMCが始まりましたが、まず第一印象が「あっ、太一君が小さくなった」・・・・いや、そんなわけないんですが、それほどまでに太一君によく似た少年がいました。

 

洸司(コウジ)君だそうです。太一君の弟さんなのね。声も話し方も似ている。

 

リベラの紹介に始まり、コウジ君とダニエル君は同じ9歳。リベラとして日本の来るのは初めてとのこと。では~から「歌い始めます」という文言も、かつての太一君と同じ言い方でした。文章を考えている人が同じなのかな。

 

ダニエルのソロは9歳とは思えない音程の確かさで、イギリス的な上品な英語で素敵でした。オケはステージ後方に一列になっていますが、リコーダーの伴奏をする演奏者はステージ右の隅の方に立っていました。

 

Ave Mariaはただただ、美しかったです。プログラムに書かれてあった順番ではなく、プライズマン作曲のほうが先に歌われました。キーが高いので、ソロは高音が少しきつかったように思われました。それでも繊細なソロは胸にしみました。

 

Stay with me の時、バックからハイノートなソプラノが聞こえますが、ソリスト君はステージ右奥の端に立って歌っていました。伝統的リベラサウンドは、長く受け継がれているなと実感です。

 

プライズマン氏はステージの下・・・つまり会場通路から指揮をしますね。ステージでboysがどのようにフォーメイションを変えようと、指揮者とboysが立ち位置で影響を受けあうことはありません。その考え方が一般の合唱団と違います。

 

カッチーニのアベ・マリアも変わらずに美しかったです。儚さとたおやかさが同時に感じられる不思議感。もともとこの曲が、リベラのCDを買うきっかけでした。

 

ロッコのソロが素晴しかったです。リベラのメンバーは独特な発声をするように思います。でもロッコはクラシカルな歌声で、ふわっとしたリベラの中では個性的。なんかトーンが哀しげで、それもいいんですね。

 

彼のことは昨年の来日で知りましたが、このコンサートでソロを聴けて良かったです。

 

 

Libera Official    solo:Rocco

 

日本語の歌詞で歌われた「明日へ for the future」は、メジャー音で始まる旋律だし泣かせるために作ったわけじゃないと思いますが、英語を聴いて理解するより千倍もダイレクトに感じるのは、やはり日本語だからでしょうね。励ましてもらっている気がしてくる。優しく強い曲です。

 

聞くまではリベラと日本語?という違和感があったのですが、実際に聴いてみるといかほどのためらいもなく泣かされている自分がいました。

 

第二部では、ムースが登場しました。世界中を旅するマイレージポインターのムースなんですと。そして、From a Distanceが愛らしかったです。

 

そして何よりうれしかったのは、今回もタイタニックの讃美歌を聴けたことでした。

 

Nearer, My God, to Thee「主よみもとに近づかん」 は讃美歌320番ですね。コウジ君が最後の曲を紹介したあと、その前に讃美歌を歌いますと紹介して歌ってくれました。

 

5~6人だったと思いますがしっかり数えたわけではなく、重なって見える向こうにもメンバーがいたかもしれません。ただ少人数だったこと。マーリンやロッコがいたこと。

 

このためにウォータープルーフのマスカラをしていったようなもので、会場が暗いから泣き顔を見られることもないだろうと思い、存分に泣かせてもらいました。タイタニックまたは、「フランダースの犬」でネロが天に召されるときの讃美歌です。リベラだけが歌ってくれるね。

 

それからアレックスM君がアルトパートで重唱に参加していましたが、リベラではっきりしたアルトの声を聴くのは、私には珍しかったです。

 

今回のコンサートは、セトリが良かったのと、アレンジが良かったのと、なんか伝わってくるものが大きかったです。リベラの定番曲の中でも懐かしいなあと思うのが多く、それに新しいCDからの選曲で新鮮味もありました。

 

相変わらず名前がわからない(というか、覚えない)のと、チケット取りでいささか疲れちゃったのをのぞけば満点星です。来日した翌日の夕刻からのコンサートでしたが、12時半ごろには会場入りしてリハをやっていたようです。それから名古屋、大阪、ファンクラブイベントと、過密スケジュールでしたが、初来日のメンバー君たち日本を楽しんだかな。

 

サイン会で並んでいるとき、太一君を見かけました。颯爽とした中学生になっていました!

 

リベラっ子の次の来日を楽しみに待ちます。どうも、ありがとう。

 

 


Libera Official

 

 

Dsc03825_640x477開演前、調音の響きが緊張感を誘います。

 

Dsc03835_640x479プログラムのカバーをはずずと裏側に全員が並んだ写真があり、そこにサインしてもらいました。

|

« WSK ニューアルバム 「Strauss For Ever」 を聴きました♡ | トップページ | For the beauty of the earth »

アメリカの合唱団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK ニューアルバム 「Strauss For Ever」 を聴きました♡ | トップページ | For the beauty of the earth »