« Libera 新宿文化センター 大ホール(10月21日) | トップページ | フランス映画 Rémi sans Famille*「 家なき子」 »

2018年11月 4日 (日)

For the beauty of the earth

パリ木来日公演まで一か月を切りました。

http://billboard-cc.com/classics/pariki/

つい最近アップされたパリ木のコンサート動画を見つけました。録画時間が1時間52分とかで、やけに長いと思ったら、演奏だけじゃなく、開会閉会の挨拶、インタビューや先生方のお話しまで入っていました。インタビューアーが、横顔はとてもイケメンなのですが、どうも口下手みたいなの。お客さんはコンサートの感想をしゃべりたくて仕方ないんですけどね。笑  urlは下記↓

https://www.youtube.com/watch?v=c9rPsdQiDdk

ちょっと冗漫な感じもありここには貼りませんが、そのコンサートのセットリストに「For the Beauty of the Earth」がありました。勿論英語で歌っています。

「La nuit」を歌い終えたあと、カウント52分30秒からですが、ここでこの歌になるんだという印象でした。

今年の卒業式でも、英語で「You raise me up」を歌う場面がありましたね。いよいよパリ木も英語のレパートリーを普通にこなすようになったのかという思い・・・。アンコールで、もう一度「For the Beauty of the Earth」を歌っていました。

日本ツアーはクリスマス・コンサートなので、英語圏のクリスマス・キャロルは、やはり英語で歌うだろうなと思いますが、フランス語の歌も忘れないでね。叶わぬこととはいえ、本当は「C'est l'histoire」「Priere à Marie」など聞きたいです。そして「Musique Universelle」は永遠です。このコンサートでは胸に手をあてて歌っています。

「For the Beauty of the Earth」を検索していたら、当たり前ですが結果イギリスに飛んでしまいました。イギリス事情にうといのですが、さわやかなので今日はこの2人で。

BBCラジオ2のYoung choristers of the year 2015で選ばれた聖歌隊員です。
・Angus君(当時11歳  Winchester College Chapel )
・Agathaさん(当時14歳  St Catharine's College Chapel)


CHOR GESANG - Das Musikmagazin


CHOR GESANG - Das Musikmagazin

Young choristers of the year は今年もすでに発表されましたが、まだ映像はないようです。

|

« Libera 新宿文化センター 大ホール(10月21日) | トップページ | フランス映画 Rémi sans Famille*「 家なき子」 »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

遅い時間に失礼します。

パリ木まであと数日。
復習をしなくてはと23日は動画を見て過ごしていました。
10月のコンサートも聴きました。

ピアノが派手に演出してしているなあと思いつつ。
「Musique Universelle」の演出誰が考えたのかしら?
パリ木のboysだから絵になっていましたけど。

パリ木の生を聴くのは2年ぶりなので、楽しみにしています。

めちゃくちゃ忙しい中行くので、パリ木に浸りたいです。
今回は1Fといえ、後ろの方なんですが響きを楽しもうと。

メンバーの顔と名前が一致しなくて。
30年前くらいは、当時1200円くらいで立派なプログラムを購入できたんです。メンバの写真、名前、パート、趣味なんかも記載してあったのですが、今は個人情報管理がうるさいから、そういうものはないんでしょうね。

アンコール曲も楽しみです。
個人的にはモーツァルトの「子守唄」聴きたい。編曲されていますが十八番ですから。


投稿: うさぎのはは | 2018年11月25日 (日) 03時20分

うさぎのはは様
いよいよですね。あと3日です。
好きな合唱団のコンサートのときは、すべてを忘れて聴きたいものですね。

ピアニストや指揮者が変わりました。レパートリーも少しずつ変わるのかな? たぶんメンバーたちは、英語の曲なども好きなようですね。その傾向はウィーン少と同じで、やはり子どもたちは世界に目を向けたいのかもって思います。時代ですね。でもパリ木独自の伝統や個性は保持してほしい。モーツァルトの子守歌は、私も楽しみにです。

京都コンサートホールのブログで、団員インタビューが紹介されていました。数名は顔と名前が一致しますよ。
この中のイリエ君は昨年の韓国でもサイン会に出てくれて、感じ良くて印象に残っています。その下のマラン君も、指先でハートマークのポーズをとってくれました。日本でもサイン会があるといいですね。

http://blog.kyotoconcerthall.org/

私は席は前のほうですが、ロビーでウロチョロしていると思います。もしよろしければお声掛けください。

投稿: maa | 2018年11月25日 (日) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Libera 新宿文化センター 大ホール(10月21日) | トップページ | フランス映画 Rémi sans Famille*「 家なき子」 »