« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月26日 (土)

ドレスデンの思い出

映像も音もあまり良くないのですが、教会とそこに集う人々の雰囲気を感じていただくのにちょうどいい動画がありました。

 

Dsc03981_450x600

 

昨年のクリスマス12月24日とのこと。聖十字架教会(Dresdner Kreuzkirche)と聖十字架合唱団(Dresdner kreuzchor)です。

 

説明には、ザクセン州で最大の教会、3000席あると書かれています。

 

 

クリスマスはもう過ぎてしまいましたが、12月にオペラシティで聞いたコンサートのことに触れてなかった。でもさすがに覚えていない。

 

その後に聞いたリガが強烈だったので、クロイツさんはおとなしかったかな。

 

今回は一度だけクロイツコアの東京公演に行きましたが、その一週間後に実際にドレスデンの街を歩くことができたんですね。その感覚はうそみたいに「不思議」なものでした。

 

もしかしたらクロイツの合唱団メンバーと、どこかですれ違っていたかもしれません。

 

ドレスデンの街は想像とはちがっていました。時間がなくてエルベ川の向こうには行けなかったので、旧市街のほんのわずかな場所しか見ていない。小学生の時の愛読書だったエーリッヒ・ケストナーの美術館にも行けなかった。

 

コンサートメインだし、自分の休みが少なかったのでしかたのないことですが、ライプチヒも時刻表を眺めてあきらめたんですね。

 

主要な都市だからもっと列車の便がいいと思っていたのです。そうでもなかった。

 

信じられない空白の時間が昼間の時間帯にあるのです。東京、千葉、神奈川ぐらいのテリトリーで暮らしていると、ありえないドイツのスカスカダイヤにお手上げなのでした。

 

ただこの季節だからこその、お土産ができました。

 

クリスマスマルクトで飲んだグリューワインのカップです。

 

 

Dsc03976_480x360_2

 

Dsc03989_640x480_480x360

 

Dsc_0027_4_480x359

 

Dsc04142_640x480

 

日本のクリマル・イベントでも容器の保証代が別途取られますが、勿論それはワインでもビールでも飲んだ後にカップを返せばお金も返してもらえます。

 

でも今回の旅行では、カップを全部持って帰ってきてしまいました。

 

最初は返すつもりでいたのですが、ドレスデンで何気にカップのデザインと見たら、なんと合唱団!

 

クロイツの絵だったのです。これはもう、持って帰るしかないと思いました。やはり街の象徴というか、カップのデザインにされる存在なんだと思うと嬉しかったです。

 

街や店により趣向をこらしたデザインだったので、楽しいお土産になりました。

 

 

聖母教会(Dresden Frauenkirche)では、そこで歌っていたテルツの動画を思い出し、「ああ、ここに彼らは立っていた。先生はここから指揮をしていたんだ」など、目の前にある祭壇とバルコニーが想像よりも近い距離にあり、それが実感できたのが嬉しかったです。

 

日本では教会でのコンサートは少なく、特にこんなバロックの素晴らしいドームでのコンサートなどないですから、想像と現実と、記憶に残るテルツの歌声とが、ここでひとつになりました。

 

Dsc04031_360x480

 

1994年から10年がかりで再建された聖母教会。それまで50年近く、ここは戦災で崩壊したあとの瓦礫の山のままだったんですね。

 

 

 

合唱団の歌は、できれば現地で聴けたらいいな。本当にそう思いました。

 

 

2017年にドイツツアーを行ったシューベルトコアのドレスデン紀行です。

 

 

ラウリン、ルカ、バスティアン、テオ

 

会場のステージのセッティングも同じですね。

 

| | コメント (6)

2019年1月23日 (水)

パリ木の聖歌隊学校webサイトと去年のコンサートのこと

manécanterie、・・・・・ maneと書かれていることも多いですが、合唱団とは別にパリ木の学校のHPが公開されています。これはそのWebサイトにあった動画です。

埋め込み可能になっているので、シェアしてもいいのかなと思って。

白いローブを身につけるセレモニー、WSKだと制服とカッペを授与されるとき、ドラキーズだと白いレースのジャボ(胸当て)を上級生が新入生につけてあげるとき、それぞれに正式な合唱団員としてデビューする感動の瞬間だと思います。

「L'Ecole des petits chanteurs a la croix de bois」 のサイトには、他にも楽しい動画がありますね。

先日お話した「家なき子」のメイキングもありました。動画には去年日本に来てくれたメンバーも写っています。

毎年メンバーをフォローするファン動画もあります。この中で、カウント1分53秒から紹介される子たちが、だいたい今年日本に来たメンバーです。これを見ると、今回のメンバーは5émeから3émeまでの3学年でした。

韓国の動画を見ると、やはり演奏内容がかなり違っています。でも日本でやった古典的な曲や伝統歌も本当に素敵でした。

特に第二部は圧倒されて、ため息しか出なかった。

あえて言うなら第一部とのギャップが大きく、それは残念に感じました。

第一部は指揮者がピアノ伴奏をしながら歌う曲が多く、第二部はアカペラメインで本来のパリ木の姿です。

ところがピアノはどこの会場も左側のすみに置いてあり、客席を向いて立っているボーイズの視界に指揮者の様子は入りにくい。そのせいかボーイズはチラチラと視線を横(先生の方角)に注ぎ、タイミングを計っているみたい。

WSKの場合だいたい中心にピアノがあるので、指揮者は左右に気を配り、伴奏しながら指揮をすることができますが、今回のパリ木の第一部は指揮が伝わりにくい印象ですね。

そのあたりでバラつきを感じました。やっぱり「指揮」は大事。

てか、正直ピアノは最小限にしてほしかった。パリ木のハミングは楽器よりも美しく伴奏の役目を果たします。それが一番の魅力ですよね。

韓国ではピアニストがつくので先生は指揮に専念できますが、それでも私は音叉ひとつで作り上げるトマサンさんのアカペラに潔さを感じます。

第二部でのアカペラ演奏は、上手でした。うわ~!と思うほど素晴らしかったです。特に静岡AOIホールは音響も良くて、行った甲斐がありました。

ソロのジェシーをほめる人も多いと思いますが、私は断トツでラモーの「La nuit」に感動しました。歌ったのは前回来日したAmbroiseの弟でFulcran。発音がよくわからず・・・フォークラン?フークラン?そんな感じかと思われますが・・・アルファベットで書いておきました。

たぶん涙腺を刺激する周波数は、みなそれぞれだと思うのね。自分は泣き虫なので、あと年齢とともにブレーキが故障してきているので、涙とまんない現象はしょっちゅう起きるわけです。

が、それにしてもこの子の声はしみてきましたね。ものすごく上手でもなく、緊張しているのか声は震えてる・・・でも好きでした。夜のしじまを感じさせるハミングは、空気に同化するほどの音量で、それが響きに変化しながらホールを満たしていきます。自分がそこに身を置いている心地よさは、やはりライブ音楽ならではのものです。

そんな素晴らしい演奏を伝える動画はないので、フランスでのコンサートからLa nuit「夜」です。

偶然かもしれませんが東京・静岡・京都の3会場は、いずれもシューボックス型のホールでした。木調のしつらえと天井のシャンデリアが美しく、パリ木の雰囲気にマッチしていました。

ここは音響の良かった静岡のAOIホール。

Dsc_0043_1_640x480

Dsc_0045_2_2_479x640         静岡でのサイン会

さて、前回は第一部がセーターと半ズボン、第二部がアルバでしたが、今回はその逆でした。それは第一部が宗教音楽だったからだと思います。でも自分の好みを言うと、第二部に白い衣装で現れてほしかったですね。何気にときめきが違うんです!

だって木の十字架少年合唱団ですからね。木の十字架がステージのフィナーレに見れないなんて・・・と思いませんか?

12月1日の公演は京都でしたが、くしくも10年前のその日東京カテドラルでパリ木のクリスマスコンサートが行われたのでした。

是非次回は、カテドラルでクリスマスのメロディを聞かせてください。

| | コメント (2)

2019年1月14日 (月)

Stabat Mater * Agostino Steffani

去年ようやく手に入れたレコードのご紹介です。

 

この録音の存在を知ってから、かなり長い時が流れました。もう手に入らないのじゃないかと思って、中古レコード店にメモと連絡先を預けたまま、 5~6年たったかな。連絡ないから、たぶんもうメモは処分されてる。

 

海外のオークションで知りあいがジャケット違いのこの曲を見つけてくれました。それも昨年のこと。でもこのジャケットでなければ、妥協できなかったし、保存状態も心配でした。

 

待って待って、この盤に出会えてよかったと思います。

 

ウィーン少年合唱団のレコードはほとんど集めました。バッハ全集とかね、持っていないものもありますが、聴きたいなと思うものは、ほぼほぼ集まりました。積極的に中古レコード店に行くこともなくなった今日この頃です。

 

私にとってこの録音は、最後の「どうしても聞かなければならないレコード」です。聴きたいを通り越して、聴かなくちゃいけないんだというレベルになってしまいました。

 

レベル10の録音がこれです。

 

本日YouTubeにアップしました。写真はレコードジャケット。

 

録音は1970年6月1日~9月15日 アーノンクールとウィーン少とのコラボとして珠玉の作品になりました。合唱指揮は、今は亡きギレスベルガー教授。

 

同じ世代の方はどうかこの月日に思いを馳せて、また若い方はかつての団員たちが、こうした古典音楽に取り組んだことに拍手を送る気持ちで聴いていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

Img510_640x493_2

1969年来日公演プログラム表紙写真

 

ソロは、1969年に来日したウォルフガング・コレッコ君のアルト、ソプラノはフリードリッヒ・ファイファー君だったと思います。もう一人はわかりません。タウチャー君だったかな・・・声は似ているのですが定かでなく、69年組の誰かかと思っているのも自分の記憶ちがいかもしれない。

 

この録音のさわりだけが、公式HPの「Hall of Fame」で公開されていました。今は更新されて殿堂そのものがなくなってしまったので確かめることもできず。画面保存だけでもしておくべきでした。

 

**************

 

追記:古くなって稼働していないVistaのデータを調べたら、なんと「Hall of Fame」をページごと保存していました。よくやったぞ、自分。 あとでワインでも飲もう。

 

ソプラノは69年のペーター・コッホ君と、ウォルフガング・ノバーク君でした。アルトはコレッコ君に間違いなしです。

 

HPで音源を紹介していたのは、9分25秒♪Ejà mater はノバーク君、11分51秒♪Sancta mater はコッホ君、3分50秒♪Quis est homoはコレッコ君の歌唱になります。

 

**************

 

テナー歌手の一人はいつものKurt Equiluzさんで、このかたの声を聴くと安心する。他にテナーRudolf Resch、バスはNikolaus Simkovsky。

 

コーラスはウィーン少年合唱団とコルスヴィエネンシス、演奏コンセントゥス・ムジクス

 

 

今の合唱団にも才能のある子はいるのですが、こうした古典的な曲のオファーがないのでしょう。アーノンクールが取り組んだプロジェクトは、ボーイソプラノの清廉な美しさを最大限に追求したものです。変声期近い子には、まとめて録りだめしたという話も聞いています。

 

しつこいけど言うよ!  イェトミールになぜこういった録音を残させなかったの?

 

昨年6月にウィーンでモーコアのミサを聴いた友人がいます。その時はまだソプラノだったそう。

 

ドイツで見た彼の控え目で大人に近づいた仕草の中に、一抹の寂しさを感じました。

| | コメント (4)

2019年1月 3日 (木)

モーツァルトコア* アドベントコンサート(その2) 余談です。

クリスマスコンサート・ツアーのプログラム冊子の一部です。

 

表紙はなぜかブルックナーのメシュウでした。

 

この写真、今年早くにウィーンに雪が降ったときなのか。それとも去年の冬かな・・・なんて思いながらページをめくります。

 

次の見開きの右ページにコンサートの日程があります。11月28日から12月22日まで、25日間のうち、なんと19日間もあるんですね。

 

ほぼ毎日です。

 

私が行ったのも、ほぼ毎日コンサートがあった時でした。成田を発ったのは水曜日の夜。翌木曜日の夜がドレスデン、金曜日の夜がポツダム、土曜日の夜がブラウンシュバイク、日曜日の昼間にベルリン、その日の夜に帰国の飛行機にのりました。

 

土曜日はponkoさんとベルリンで過ごしたかったので、コンサートには行きませんでしたが、その時にレーニが歌った「プエリ・コンチニテ」が本当に(たぶん他のコンサートよりも)素晴らしかったと、あとで友人たちからききました。

 

そうか・・・。でも限られた時間の中で何もかもは無理。私は3回聴いたコンサートで充分に満足しています。

 

アジア公演以外でこんな丁寧なプログラムが用意されているのは意外でした。曲目の解説と歌詞まで掲載されているので、大変役に立ちます。

 

学校の紹介ページもあり、同じドイツ語圏ですから団員勧誘にも一役かっているのかと思います。

 

                              

 

 

Img497_640x637_3         

 

 

Img495_800x397

 

                              

 

さてベルリンでのこと。一日乗り降り自由の切符を買って、100番のバスでベルリンのあちらこちら訪ねた思い出は、初めての街を100倍も素敵に見せてくれました。なによりこの季節だったことも、クリスマス前の空気や冬枯れの街並みを感じられて楽しかったです。

 

ponkoさんは私の希望を聞いてくれて、どの電車に乗るか、どのバスに乗るか分刻みでメモを作っていました。国会議事堂のガラスドームの見学には、事前予約もしてくれました。おまけにプッ夫君はベルリンの市街地まで迎えに来てくれたり、日曜日も駅まで送ってくれたり、2人のサポートは本当にありがたく暖かかったです。

 

ただ睡眠不足がピークで、ウィルヘルム記念教会の新教会礼拝堂では、静かに聞こえるパイプオルガンをBGMに、ponkoさんと話をしながらふーっと眠ってしまったほどでした。

 

単純な時差ボケだけでなく前夜に一仕事しなければならなかったのです。来年のブルコアのチケット発売が土曜日の午前11時・・・時差をマイナスすると、ベルリンでは金曜日午前3時。昨年パリ木公演で韓国に行ったときは知人に頼みましたが、チケットを取るのって大変ですよね。特に競争率の高いWSK・・・今回は自分で取らなくてはと決めていました。

 

ponkoさんに話すと「私のPCをつかっていいよ」と言ってくれました。日本語入力もできるから大丈夫だよと、午前3時まで眠らずに一緒にいてくれました。(話したいことがありすぎて、あっというまに3時になりましたが・・・)

 

金曜日にポツダム公演のあと、ベルリン郊外のponko邸にお邪魔させて頂いたのです。始めてのドイツで切符を買うこともままならない自分にとっては、すごいハードルでした。

 

ポツダムでのコンサートで出待ちをすると帰りは夜9時半ごろ。ニコライ教会の駐車場は灯りが少なくて、私のデジカメでは無理だろうと思い、最初から撮影はあきらめていました。でもクリスマスプレゼントと手紙を書いていたので、暗がりで目を凝らしヤコブを探します。いつもの通り向こう側をさっさと歩く彼なので、見つけたら躊躇している暇はありません。渡すだけで精いっぱいでした。

 

出待ちにはキイ君のお母様と妹さんも見えていました。実は化粧室で鏡の前にいるとき、隣りから「日本から来られたんですか?」と声をかけてくださったのがキイ君のお母様でした。その時点ではお母様とは知らず、「はい、はるばる来ました。・・・こちらにお住まいですか?」と笑ってお答えしたのです。その後コンサートが終わって外に出ようと通路にならんでいると、会場の片隅で記念撮影している団員が目に入りました。それがキイ君で、お母様と妹さんが一緒だったのです。

 

ニコライ教会からポツダム駅までは15分ほど歩きますが、友人のとったホテルが同じ方角だったので、駅までは一緒です。それから念のため前日に買っておいた切符で、目的地まで行かれるかどうか緑の窓口みたいなところで確認。

 

電車は10時25分まで待たなければならず、その間友人が「別に用もないし・・・」と駅のホームで電車が来るまで付きあってくれました。本当にありがたかったです。心強かったです。改札口がないということは、誰でも駅のホームに入れるのでこんなときはいいですよね。

 

日本の乗換アプリと同じようなものがドイツにもあります。これで検索すれば、長距離もバスも時刻、乗換、所用時間などが表示されるので、旅行中の必須アイテムでした。スクショして画面保存しておけば、万が一wifiの接続が悪い時でも安心です。

 

到着駅を確かめながら、そうしてponkoさんからは乗換駅で待つ時間など細かい指示が、たびたびメッセージで届きました。何しろ夜遅く、日本の都市圏ようにいくらでも電車がきますよという状況でもなかったので相当必死でした。

 

 

 

これはまだ途中です。このあとに2画面延々と駅が続いていくのです。

 

Screenshot_20181214171647_3

 

 

 

      

 

話題を戻しましょう。次のページはセットリストになっています。

 

 

Img499_800x397

 

ドイツ語ですがスマホのアプリを使って翻訳してみました。スキャンニングして翻訳するんですが、なかなか・・・と思うところもあって、ちょっとそれも載せてみます。

 

 

Screenshot_20181229221043_360x640

 

 

ブリテンの「キャロルの祭典」の部分です。op.はオーパス、Deo Graciasが「Deoのおかげ」になっていますが通じますね。

 

 

「一時停止」というのは休憩時間のことで、その下には、ポルカシュネル「Forever」が、教会では演奏されないという注意書きあります。

 

      

 

 

Dsc_0025_480x640_3

 

 

 

グッズとしてあのチョコレートと、テディベアも販売していました。

 

 

 

 

 

紺色のユニフォームもありましたが、荷物の関係で今回はガラユニフォームのだけ買いました。

 

昔売っていたタイプより簡略化された手足の動かないクマさんなので、座らせることができないの。でも胸の部分がマジックテープではずせて、スカーフはとりはずしできる作りです。

 

なるほど・・・。これで型紙起こせば、自分のベアにもユニフォーム作れるなあともくろんでいます。胸のワッペンはしょうがないね。このクマさんのは、アイロンでぺったり密着されてます。

 

 

 

 

 

      

 

Img501_800x398

 

このページは新しいCDについて書かれています。CDの解説はモノクロでしたが、ここではカラーでいい感じ。

 

 

 

Img506_600x603

 

これは曲目解説の一部分ですが、歌詞まで掲載されているんですね。音楽について知りたいものにとっては本当に助かります。

 

ふと思いだしたこと。ミルコとヤコブがデュエットで歌ったことを覚えているのですが、「曲はなんだった?」 肝心なことを忘れてる・・・・。それは、「Still still still」でした。

 

      

 

ドレスデンでのサイン会はこの3人でした。

 

 

 

 

 

20181213001_2

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_0041_4_800x600_3

 

 

 

 

 

 

 

 

ポツダムのサイン会は新しいメンバーたち。

 

 

 

 

 

 

20181213002
先生と、Peter、Emilian、Prince君たち。

ニコライ教会には当たり前のことですが、ロビーはなくほとんど通路のようなスペースでのサイン会でした。一度列を離れると正面から撮影することは難しかったです。地元のかたがCDを買って、楽しげにルイス先生とお話されていました。言葉って大切ですよね。

 

 

コンサートは19時30分からでしたが、開演前の19時ごろに地下の化粧室から戻ると会場の出入り口にセーラー服姿がちらほら。あれっと思いましたが、2~3人だろうと思ってそのまま会場に入ろうとすると、奥へ奥へずらっとセーラー服の列ができていたのです。

 

これは通り抜けられないと思い、あわてて背を向け自席と離れた扉に向かいました。

 

19時半開演なのに、30分も前から会場の外で控えていたんですね。サイン会をしたこのあたりで団員たちは待っていたようです。25人がうじゃうじゃといたのかと思うと、相当無理があるけれど、ここから歌いながら入場する段取りだったようです。

 

 

 

Dsc_0012_7_640x480

 

 

 

Dsc04061_640x480
バスの車内は、クリスマスのデコレーションがしてあり、暗い中にもキラキラした雰囲気がありました。この暗さで窓ガラスにはスモークがかかっていまず。でも窓の向こうから手を振ってくれているのが、うっすら見えましたよ。見えないながらも、ずっと見ていたかったです。

 

 

 

      

 

ベルリンでもサイン会があったらしいのですが、私は化粧室にかけこんで時間がかかりました。とにかく泣きはらした顔を、なんとか修正しなければならなかったのです。

 

戻った時にはサイン会は終わっていたようでした。誰が参加していたのかも聞いていません。ベルリンでの出待ちとその後に行ったベルリンモールでのエピソードは、ponkoさんがたくさん語ってくれました。私は謙虚なわけじゃなく、ガチには何もできない・・・それだけなのです。

 


限定なのでご了解ください。

 

      

 

12月17日早朝のテレビ番組から。

 

このテレビ生出演は、コンツェルトハウスで出会い、その後ベルリンモールでも偶然出会い、すっかりponkoさんとも意気投合したファビアンのパパが教えてくれました。

 

ファビアン家族は私と1時間違いで飛行機に乗りウィーンに戻る予定とのことで、もしか空港であえるかな・・・なんて話も出ていたのですが、私の乗った空港行きバスがかなり遅れチェックインが始まっていたため、ファビアン家族を探す余裕はありませんでした。ちょっと残念でした。

 

 

 

| | コメント (7)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »