« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月24日 (日)

12月13日に聖母教会でもコンサートがあったんだ!

アドベントの時期にはもう毎日のようにどこかでコンサートがあるんだなって、つくづく感じるのです。

ドイツの話ね。

私は12月13日にドレスデンでモーツァルトコアのコンサートを聴いたのですが、今日見つけた動画は、同月同日同市内・・・ドレスデンであります・・・あの素敵な聖母教会で、ベルリン大聖堂合唱団のコンサートがあったんですねぇ。

信じられない贅沢なことです。こっちの自分から見ると。

むしろ私は聖母教会で、モーコアの歌を聴きたかったです。

でもWSKの会場は毎年決まっているようで、あの外側はなんの変哲もない四角い文化センターです。内部は音響も整いドレスデンフィルも演奏するキャパの大きい立派なホールではありますが、新しいので建物があまりに味気ない。

聖母教会や聖十字架教会に行くと、祭壇のあたりにはすでにオケ用の譜面台や椅子が設置してありました。あきらかにコンサートがある、プローベのためというのがありありの状況でした。

ベルリン大聖堂も行きましたが、コンサートを聴くチャンスは逃しました。私がいらんと言ったのです。なんと! その時は合唱団以外は聴く気持ちになれなかったんですね。

でもどうせなから、聴くんだったと思います。クリスマス・オラトリオでしたからね。もったいないチャンスだった。

あんな場所で聴きたい。そしてこの動画はベルリン大聖堂合唱団の演奏です。昨年12月13日ドレスデン聖母教会でのコンサート。

文化センターでモーコアを聴いていた私。そりゃもう感動と歓びしかなかった時間でしたが、時を同じくして、聖母教会でのこの様子は知る由もなく・・・。

パリ木の演奏を聴いてから、好きになったサンサーンスのクリスマスラトリオから 終曲の"Tollite Hostias" 。この迫力と実力はすごいなと思います。ベルリン大聖堂で、2011年の演奏。

| | コメント (2)

2019年2月20日 (水)

家庭画報 1月号のこと

 

Dsc04192_501x640_376x480

←世界文化社発行 家庭画報1月号

毎度毎度の「今さら」話題です。

標題の雑誌を買われたかた、きっといらっしゃると思います。ウィーン少年合唱団の特集号でしたね。

 

もともと美しい写真で定評のある雑誌なので、それについてはピカイチだわ。特にカッペと制服とのイメージ画像はグラフィック的にも秀逸です。

 

アウガルテン宮殿と横に連なる学校と寄宿舎の全景も、見開きでレイアウトされ大変美しい。

 

付録のCDは、ファンならすでに持っている収録内容ですが、組み立てると素敵なCDジャケットができあがるところは心を惹かれる演出です。余力があれば2冊買って、ひとつはこのまま手を付けずに保存。もうひとつはジャケット用に印刷された紙を外して、市販のケースを用意してオリジナルCDを作る。

 

Dsc04193_621x640_466x480_2

(世界文化社発行 家庭画報2019年1月号 特別付録)

 

このジャケットは付録のCDを保護するための厚紙でできています。この写真の持ち味はルーカス・ベックさんも気づかない日本的美学かもしれない。カッペはファンにとっても、一般の方にとってもWSKを象徴する憧れのアイテムです。

 

また団員たちにとっては、カッペをかぶっていない時はオフィシャルではないという自覚もあるようですね。そのカッペをここまでシックに情景描写できた写真を見たことがありません。

 

このままCDを保存するのもありかと思います。

Dsc04195_640x511_480x383

(世界文化社発行 家庭画報2019年1月号 P62~P63)

 

特集のメインテーマとして来日予定のブルックナーを取材していましたが、かつての団員ベンヤミンS君とか、卒業生やスペイン乗馬学校の記事もありました。また初来日の写真が数点、その中の一枚は札幌でのコンサート風景です。(↑の右上)

 

こまごまと見える人の頭、もう多すぎてなんだかわからないけど、よく見ると人の頭だというくらいの聴衆の数は、脅威の数万人規模だったとか。戦争が終わって10年後の日本は、文化に飢えていたんでしょうね。初めて見るオーストリアの少年たちと彼らのミラクルな歌声は、きっと報道もあって日本中に広がっていったのだと思います。

 

この時来日したのはトラック隊。後付けでモーコアということになっているようですが、ずっと昔WSKホームページのゲストブックにあった元団員の書き込みはやはり「トラック隊」だったそうです。モーコアはいつの時代もあるけれど、トラック隊は当時の数年間だけですものね。

 

私の中では今のWSKも、オリバー隊でありジミー隊でありたいと思ってる。カペルマイスターあってのクラスなのです。2016年からこれまでのモーコアの軌跡は、ルイス先生とルイス先生の教え子たちの足跡なのよね。

 

さて、家庭画報については著作権もあるので、怒られない程度にご紹介しました(と自分では思っていますが、指摘されたら削除しますので・・・。)

 

因みに今書店で発売中なのは3月号ですから、バックナンバーは通販で入手されてください。

 

       

 

今年は1869年の日墺修好条約締結から150年です。先日イケメン首相のクルツさんも来日されていました。

 

でも私は言います。幕末明治の条約より、1955年からウィーン少年合唱団が築きあげた文化交流がどれだけ日本人の胸に熱くしみているか。

 

* ** * *

Dsc04217_360x480

90年代にはバブル景気の余波もあってか、日本の曲を含めたベストアルバムが数枚出ています。どう見ても収録内容は日本仕様なのです。日本のレコード会社がオファーして贅沢にもこんな録音を残していたんですね。

付録のCDはこのあたりからの抜粋が多いみたい。

 

「オンブラ・マイ・フ」とドイツ語の「浜辺の歌」は左下のアルバム菩提樹からですね。

 

「冬景色」は右下のアルバム「金と銀」から。

 

マックスのソロなんかも90年代ですね。左側の真ん中のCDは「エーデルワイス&ドレミのうた」というアルバムですが、なかなかきれいですよ。

 

今回の取材で登場した元団員クンのいた92年頃のシューベルトコアがジャケットになっています。

 

マックスのソロも入っているけど、ドレミの歌やエーデルワイスは92年組の歌ですね。指揮とピアノが、マルシークさんとシュタンゲルベルガーさんなので、ブルコアとシューコアが録音に参加したのかもしれません。エーデルワイスのオブリガードはペーター君の声ですか?この曲は付録のCDには収録されていませんが、これも入れたらよかったのにね。たぶん皆さん好きだと思います。

 

 

アルバム「菩提樹」は、解説によればシューコアとモーコア(96年)とが参加しています。「オンブラ・マイ・フ」のソロは、ベラ・フィッシャー君(シューコア)

 

このCDは合唱団のヴォイストレーナーさんが解説しているので、かなりソリスト情報が濃い。日本のファンのためと言ってもいいのでしょうね。おおらかな時代でした。

 

 

久しぶりにちょっと古い録音を聴きましたね。

 

* ** * *

Dsc04213_480x360

付録のCDは、本誌のページを切り抜き、オリジナルのCDジャケットを作ることもできます。この切り抜きたちが、ジャケット兼ライナーノートになります。

アウガルテンの写真には曲目が印刷されていて、本来は裏ジャケットになるのですが、この写真の裏側にMuthの写真があり、それは断然素敵です。

 

なので、私はこのようにしました。これがわたし版CDケースの裏側です。

 

 

Dsc04216_480x401

 

 

表側は本誌の指示どおりにしました。下の写真の右側がそのできあがり。ですが、どうしても左側のカッペの写真が好きなので、そのうち私はこれをCDサイズに切り取って、自分だけのジャケ写にしちゃうだろうな。

 

 

Dsc04214_480x227

 

アルバム「菩提樹」から、ガルスの「この日こそ」

 

これは96年組のソリでコンサートを彷彿とさせます。歌われる機会も多いレパートリーです。歌っているのはクリストフ、クリスチャン、ハンス-ユルゲン、ゲオルク君。

 

これも付録にいれてほしかった。

 

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

Happy Valentine's day!

Happy Valentine's day!

ノルウェーのニーダロス大聖堂少年合唱団(Nidaros Cathedral Boy's Choir、Nidarosdomens Guttekor)の清らな歌声をお聞きください。

北欧の合唱団の歌も聴きたいですね。

ヨーロッパでは夏休みやイースターのお休み中にツアーがあるようですが、日本まではなかなか・・・。日本まで来ても、東京まで来られないこともあって・・・

去年の春は桜と共にゲッティンゲンがやって来た。一昨年はボニファンテスでした。

この春はどこも来ないのかな?

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

ドリアンの「詩編23」を聴きたい→ 聴けた

今日のタイトル「詩編23」は、シューベルトの曲ではありません。

去年バースタインの生誕100年で、各地で演奏会が開かれた「チチェスター詩編」の中の一節です。「アドナイ・ロイ」 Adnai ro-iです。

今年も引き続きイベントがあるんですね。

シューベルトコアのドリアン君といえば、双子ちゃんの片方。お兄ちゃんかな?そこらへんは良く知りません。2016年に来日したトリスタン君の弟でもあります。

顔・・・・・そっくり。

私はシューコアの韓国公演で、まだ入団したばかりの幼いドリアンに会ったことがあります。

だけじゃなく、ちょっとお世話になりました。

仁川空港で、オリバー先生にサインを頂こうと声をかけてみましたが、ちょうど誰かに話しかける瞬間とかぶり、私の声は届きませんでした。するとそばにいたドリアン君が、「シュテッヒ!シュテッヒ!」とオリバー先生を呼び、私がサインをほしがってるよと伝えてくれたのです。

蚊トンボのように細く小さなドリアンは、積極的なしっかりしたタイプのようでした。助けられてサインをもらえましたよ。笑

同時に先生のことを、苗字で呼ぶんだと・・・、目の前で呼んでいるのを聴いて感動。

   (たぶんこれは、昔書いたことですね)

今回のソロ出演は、彼一人のゲスト出演だそうです。

ベオグラード・フィルハモニーの演奏会の動画は、公式にはまだどこにもありません、「Adnai ro-i」は好きな曲なので、ぜひ聴きたいと思っていました。

これは個人の動画ですが、会場つながりで公開設定になっていたのでシェアさせて頂きました。

携帯での撮影なのか?少しノイズがあるのは変換時に出たものかもしれません。向こうを向いて歌っているので、声は撮影した人の方には来ないんですね。残念ではありますが、雰囲気だけでも・・・。

オフィシャルか、そうでなくても正面から撮影した動画が見つかれば、またご紹介します。

インタビューはこんな感じです。

http://www.tanjug.rs/multimedia.aspx?izb=v&&GalID=391164

おまけはモーコアの古いやつ。YouTubeのニューズ映像は削除されることもあります。ぼうっとしてると、いつの間にか消えている。DLしておくんだったと後悔しても手遅れ。

そういったのを時々探すんですね。今日見つけたのは、2016年の映像かな。でもセトリが来日公演とかぶっている。なのでずっとこのころから練習を続けていたんですね。なんか思い出すとせつない。

https://tv1.nachrichten.at/innviertel/sendung/2016_31/stille_freude_reine_andacht_wiener_s%C3%A4ngerknaben_in_engelhartszell/476

これはすでにYouTubeからは削除されていますが、ハジュンの声がきれいで貴重なビデオでした。

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

"Kwanga Thina Bo" & "ドラゴンピークス" 閑話休題ハイドンコアのMBCライブ

曲のタイトルは、「Kwanga Thina Bo」

 

シューベルトコアが振付指導を受けているリハーサル動画を前にとりあげたことがありました。今日はそれをまた見ましょう。

 

久々にドラキーズとWSKの両方を見て、喜んでいます。

 

Vimeoから共有ボタンをポチッ・・・埋め込みコードありました。

 

昨年5月12日ヨーロッパの合唱祭でのドラキーズです。

 

 

Drakensberg Boys Choir from Esther on Vime

 

1曲目が、「Kwanga Thina Bo」。

 

2曲目は、「Ahuna Ya Tswanang Le Jesu」 意味はThere is no one like Jesus。

 

歌っているのはバンディール君かな・・・?

 

3曲目はこのツアーを最後に、ドラキーズを辞めてしまったブライアン君のソロ。タイトル忘れましたが、聞いたことあります。

 

クリスマスごろの学校のイベントで、タレントショーケースという生徒自身が計画するパフォーマンスがあります。それで良い評価を得るとツアーでも歌わせてもらえると、これはnatalさんからの受け売りですが、前年のタレントショーケースでブライアン君が歌ったのがこれじゃなかったかな。

 

すごい才能があるのに、「君ってすごいね」と空港で話しかけたら、もう照れて小さくなってしまうくらいに「緊張する」と言いながら喜んでいた彼。辞めたのはなぜかわかりませんが、私立の学校だから授業料高いそうですし、学校の場所が避暑地にもなるほどの街から離れた場所なので、送迎や行事に親御さんが足を運ぶのも大変です。

 

残念ですが、彼はきっと「No music, no life」の人だと思うので、いつでもどこでも歌い続けることでしょう。

 

そして最後はガンブーツダンスです。

 

 

来日公演では、お饅頭のようなからだでリズミカルに踊る姿が印象的だったキーナン君。彼は最初このヨーロッパツアーのオーディションで良い結果が出せずにいたそうですが、最終的には参加できることになりました。

 

山の音楽祭で現地にいる間に、私たちはこのツアー用に準備されたユニフォームとしてのパーカーを手渡す授与式に、出席させてもらえました。名前が呼ばれ、そのたびに歓声をあげるboys。ツアーメンバーに選ばれた歓びを、一人一人が実感できる瞬間を垣間見て、私たちもわくわくする時間でした。

 

キーナンB! 名前を呼ばれステージに進むとそこで袋に入ったパーカーを渡されます。席に戻るキーナンの嬉しそうな表情は、今もしっかり覚えています。

 

上の動画では、ジャンべをたたいている子のすぐ後ろに見えていますね。笑顔で踊っている!

 

 

これはシューベルトコアの「Kwanga Thina Bo」

 

 

リハーサルなので本気ではないと思うけど、声も高くて可愛らしい。本番はどうだったんだろうね。

 

この動画に2015年6月25日の日付がありました。

 

16年に来たメンバーと半分以上同じでしょうね。てことは、ヨナタンもいる。ラウリンもいる。ミヒャエル、バレンティン、美しいルカ、渋いルカ、四天王。たぶんラウリンのお兄ちゃんもいるでしょう。左の端はイマヌエルのような雰囲気ですね。

 

もう少しズームにして撮影してくれたら、かなり楽しい顔ぶれだったと思います。

 

これ見ると、絶対ドラキーズの子たちが直々に振りを教えてあげてほしいと思ってしまいます。なんたって、他の合唱団の子がやってたら、男子たるもの自分も負けじと思うよね。

 

 

歌とは関係ないのですが、昨年ドラケンスバーグに行ったとき、滞在したドラゴンピークスの空気にすっかり浸かりきってしまった自分ですが、言葉だけではわかりにくいと思います。

 

Vimeoを見ていたら、ドラゴンピークスを紹介する動画を見つけました。

 

航空写真なので、ドローンを飛ばして撮影したものでしょうね。時々スピンするので目がまわってしまう。

 

苦手なかたは酔っぱらってしまうから、あまりお薦めはしませんが、ドラゴンピークスを空から見た映像で、私たちが泊ったコテージや、唯一WIFIがあるレセプションやレストランなどの総合施設、学校や牧場、いろいろなものが見えます。

 

https://vimeo.com/227579324

 

これはスクショ。酔い止めが必要なかたは、スクショでいいと思います。ただ動画を見ていると、またドラゴンピークスに行った気持ちになります。あの道をあるいている気分になるのです。

 

ヘリコプターにも乗ったので、そのときの視界を思い出したりもしました。

 

 

真ん中のV字に刳れている山の端がここのシンボル。どこからでも見えます。

 

 

 

Dragonpeaks000_640x357_2

 

 

 

Dragonpeaks001_640x358_2

 

左の建物がこの施設のレセプションやレストランがあるメイン・インフォメーションです。

 

Dragonpeaks002_640x360

 

学校はこのロケーションです。池の中心にある丸い建物は教会。

 

 

 

Dragonpeaks006_640x357

 

コテージと書かれた家が滞在していた所。

 

 

 

Dragonpeaks004_640x354

 

学校の全景。このビデオは2017年撮影なのでダイニングのある棟は建築中でした。

 

 

 

Dragonpeaks005_640x357

 

左の○で囲っているのがコテージ。レストランの前を通って右手方向の学校まで、毎日通っていました。この道が大好きでした。

 

山しかないんですよ。笑 でもその山の景色は日本とはちがうでしょう?

 

合唱団の創設者がこの土地を開拓して学校を作ったのは1967年。その一族が、私たちの滞在したコテージに住んでいた時代もあったそうです。

 

 

シューコアの「Sesivuma Sigiya」

 

2曲目はオーストラリアの歌です。

 

 

 

話は飛びますが、夕べは韓国のMBCのwebサイトで、ハイドンコアの韓国ツアーライブのオンエアがありました。

 

韓国の招聘元クレディアさんがSNSで数日前から宣伝していたので、ご覧になった方も少なくないと思います。

 

昨年の来日で私の心にヒットしたのは、アルト後列に並んだヤン、それにバスティアンとジツヒロ君とガブリエルのトライアングル元気組だったんですね。

 

でも大きな2人は卒業しました。リューベンは背が高くなりましたが、170~180cmクラスが減って、可愛らしい新入生がかなり増えていた。増殖中・・・笑

 

今回のコンサートではジツヒロ君の位置も右から左に移り、あのトライアングルは消滅していました! ハイドンコアの個性でもある、歌う時に動く、身体でタイミングを計るようなアクティブなステージは、今回とても大人しくなった印象でした。

 

オンエアは放送時間の都合上、カットされた曲もあるようですが、日本でのソロメンバーも顔ぶれに変化がありました。

 

アルトソロで素晴らしいなあと思ったのは、アンドレー君。あの料理好きな少年です。

 

ここだけの話ですが、たまたま丸善で寿司の作り方の英語版を見つけて、写真がすごくきれいだったので、アンドレーにプレゼントしたんですよね。

 

写真を見ながら簡単なのは作れそうだったし、洋書ではなく、日本の出版社が海外のかた向けに編集したような書籍だったので、怪しい日本ぽさやアジアチックさはなく、自分でも英語の勉強用に欲しいなと思ったくらい。

 

その本を見て料理をしているかどうかはさておき、歌は本当に素敵でした。曲はメンデルスゾーンの「歌の翼に」。

 

ソプラノのイメージが強い曲を、暖かを感じるソフトなアルトボイスで歌ってくれました。

 

それからババのソプラノが良いですね。彼はキーナンにちょっと似てるんで、なんとなく愛着を感じてしまうのですが、歌はWSKの声そのものです。歌いかたも生き生きして楽しそう。

 

このコンサートの様子がYouTubeにあがるかどうかはまだわかりません。テレビを直どりしたようなのはあるのですが、正直クオリティ低いのでやめておきました。借りてくるのに偉そうですみません。私もPCを直撮りしてみましたが、モワレがひどくて無理でした。

 


MBC(Korea)

 

シュトラウスが多いなと感じたのは、新しいCDのキャンペーンもあるのでしょうね。

 

そして最後は「エーデルワイス」が、モーリッツとガブリエルの歌で始まりコーラスが加わります。ハートウォーミングなコンサートでした。

 

もしYouTubeにアップされたら、すぐにご紹介したいと思います。

 

 

追記:MBCでオンエアされた一部がアップされました。韓国の歌が2曲だけですが・・・。

 

「アリラン」「懐かしい金剛山」

 

モーリッツ、パウル、ガブリエル、ババ

 

 

| | コメント (1)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »