« WSK ブルックナーコア 来日イベント | トップページ | WSK* ブルックナーコア(板橋区立文化会館大ホール・サントリーホール) »

2019年4月30日 (火)

WSK * ブルックナーコア(ウェスタ川越大ホール、江戸川総合文化センター)

 

4月28日、29日の両日はブルックナーコアのコンサートでした。

どちらもAプログラムだったのと、初日は団員の名前と顔がほとんどわからなかったので、続けて同じプログラムで聴けたことで多少はお話しできそうです。

始まりは「カルミナ・ブラーナ」で勢いよくブルコアのエネルギーが発散されました。

最初のピアノでガツーンときますよね。Aプロの1曲目として素晴らしい選択。

マノロ先生のMCはかわらずに独特のイントネーションで、テンション高めの日本語です。カペルマイスターが前回と同じというのは、聴いている私にとっては非常に安心できることなのです。子どもたちはほぼ全員違うわけで(今回は特別にマシュー君が再来日ですが)、ここでカペルマイスターも違うとなると、まるで別の合唱団に出会うようお気構えができてしまう。

少しでも指揮を知っていると、それが4年間で変わっていたとしても、変わりようの中に別の感動も生まれます。

果たして今回は、本当に「別の感動」が生まれました。

 

12

4年前のフィリップ君のようなすごいソプラノソリストはいませんが、ここには成長したフィリップ君がいます。彼のアルトは清々しくていいですね。ソプラノソロはダビッド君、ネイサン君を中心にマリス君の声も見逃せない。マシュー君はアルトパートに移動していますが、自分の声をコントロールしながら、低音では抑え目にまだまだ高音も歌えるようです。

ピアノの横に立つこの4人がコーラスの核になっているように思われました。

特にフィリップ君とマシュー君は、もう歌い方がオペラでもやっているような表現力。指揮者に注意を払いながらも、自分の歌い方で表現していました。二人のアイコンタクトと笑顔がブルコアの個性を盛り上げますね。

もともと先生のピアノも正確さよりインパクトなので、あまり細かいことにはこだわらないっぽいのかと、かってに納得してます。

でも出来上がった演奏は、例えばアンサンブルであれば、一気に世俗を忘れるような精緻な美しさを持ち、メンデルスゾーンもハイドンも意外と思えるくらい高めの声で清澄な調べ。

アンサンブルで参加していたのは、メンデルスゾーンの「羊飼いはよみがえられた」とハイドンの「天地創造」ではダヴィッド、ネイサン、フィリップ、マティウス、マシュー、ティモ、マリス、アダム、スィユ、ヤコブ・・・・このあたりかなと。2回目の記憶では、まだ怪しいところもありますが。

ブラームスの「喜ばしき天の女王」。はい、これはRegina coeliと書いたほうが、あああと思われますよね。自分も、ついこの間パリ木の94年の動画が公開されて、しばらくこの曲を聴き続けていたんですね。パリ木の声は地声的でもう少し強かったのですが、ブルコアは細い声でウィーンらしさを感じました。ソリはネイサン、ダヴィッド、マシュー、フィリップだったと思います。

 

同じくブラームスですが、詩編13番は初めて良いなと思いました、実はこの曲の悲痛感が苦手で、ブラームスだし、13番だし、しかたないのですが、あまり好きじゃなったんですね。でもブルコアの演奏で、痛みが和らいでいました。それもありですね。

フィリップ君は歌も素晴らしいですが、日本語の曲紹介もしっかりとした言葉で話していました。むしろ先生よりメンバーのステージングが完璧で、先生はそれをわかって、子どもたちに任せるところはまかせ、肝心要だけ抑えているようにも感じました。

第一部の最後はバンキエーリの「動物たちの対位法」でした。これはモーコアも歌っていました。動物の鳴きまねがユーモラスなんですね。

ここでは日本人のケント君と最年少のナターナエル君が大活躍しました。つまり、鳴きマネうま~~いい。そして楽しく、可愛いのです。

合唱音楽を聴いてあまり「可愛い」とか書いたらいけないみたいな声も聞きますよね。かわいさ目的か?みたいな。

でも可愛いのは子どもたちのもって生まれたものですから、鳴きマネは「可愛い」でいいと思います。

最年少のナターナエル君は急遽来日メンバーに決まったらしく、フライヤーには載っていません。今回のプログラムには印刷までに間に合ったみたいでよかったですね。でもそういうわけで先輩たちほど活躍の場は多くないとは思いますが、この鳴きマネでコーラスのポイントになっていることが、彼自身はとても嬉しいみたいです。猫の鳴き声で名演ですので、注目してみてくださいね。

ケント君は犬の鳴き声で、こちらも曲の最後まで鳴き続けるぞ~!

 

12

第二部の「リベルタンゴ」は公式で前年度のブルコアが歌っていました。

 

12

そのあとは「オー・ソレ・ミオ」マノロ先生の生まれた国の名曲です。

前回のプログラムテーマ「美しきイタリア」は健在でした。勿論イタリア語で歌われました。

「サウンド・オブ・ミュージック」のテーマと「エーデルワイス」は、ブルコアの声によくあっています。

江戸川総合文化センターでは、サウンド・オブ・ミュージックのピアノ伴奏をメンバーのティモ君が担当しました。がっしりした先生と対照的な細身のティモ君の背中、細い指が私の席からは見えていました。そこから聞こえてくるピアノの音は、緊張感も伝わって、ドキドキするほど美しかったです。

エーデルワイスは4つのクラスを問わず、ウィーン少年合唱団のレパートリーとして歌い継がれています。高めの声が優しかったです。

それから日本の歌が続きました。日本人の心に響く曲ばかりで、ちょっと胸がつまりそうになる。美智子皇后さまが作詞された「ねむの木の子守歌」は、私の錯覚でなければ27日のイベントから少しずつ日本語の発音が上達しています。たった3日間のことですが、確かにそう感じました。

オーストリア民謡では、ヤコブ君ともう一人のヤコブ君だったかな。あれ?忘れた・・・とにかく2人です。ラッパの小さいの・・・すみません。本当に楽器の名前も知らないのです。トランペットの小さいやつ。コルネットかな。コミカルな酒飲みの歌だそうで、楽しく演奏してくれました。

 

12

さて特筆事項がありますが、特筆と言っておきながら書きません。どうしても実際に聞くまでは知らない方がいいと思うのです。

それはアンコールのなかの1曲についてです。

この前奏が聞こえたときに私はわ~~と思ったんですね。そのときめきを取っておきたいのです。

なのでタイトルは書きません。必ずしもアンコールで漏れなく歌うとは断言はできませんが、美しい曲ですし、ブルコアですし、ぜひ楽しみにされてください。

明日は初めてのBプログラムです。ガウダーテは通路から出てくるだろうか?とかね。パーセルも聴きたいしシューマンの歌曲も楽しみで、ウィテカーの「アシカの子守歌」も好き。YELLもまた聴けますね。いろいろ楽しみなBプロです。

平成最後のブログになりました。

良い時代になりますように。

 

|

« WSK ブルックナーコア 来日イベント | トップページ | WSK* ブルックナーコア(板橋区立文化会館大ホール・サントリーホール) »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK ブルックナーコア 来日イベント | トップページ | WSK* ブルックナーコア(板橋区立文化会館大ホール・サントリーホール) »