« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

東京芸術劇場 WSK * ブルックナーコア* Aプログラム

久々のブルコアでした。

この劇場は4年前にもブルックナーコアがコンサートを行って、それがWOWWOWでオンエアされたのでしたね。果たして、今年もオンエアされるそうです。

今回はBS NHKです。 ← 太字 強調!

4年前、私は最前列で聴きました。センターブロックの右端、端と言ってもセンターブロックですから、悪い席ではありません。

でも音は今いちでした。アルト側の声がストレートに聞こえてきて、ハーモニーになっていない時もありました。

テレビオンエアでは、それが大変きれいな合唱になっていたので、「席は関係あるな」とつくづく思ったものです。

今回はセンターブロックの4列目。音響は素晴らしかったです。もうのっけから、聴きほれてしまった。

教会で聞こえてくるような、神々しい響きでした。ブルックナー、どんどんうまくなる。

毎年大阪から戻るころにそう感じるんですね。去年も一昨年もそうだった。これが「成長」。

日本語も上手になるし、合唱の中に色彩を感じる。音符がかろやかなの。なんだろうねこれって?

それにテレビカメラが入っていたこともあり、先生は燕尾服。boysの表情もどこか、おかしいほどに輝いている。

一番いい顔ですね。今日のブルコア。勿論緊張もあります。でもテレビがうれしいんだろうなって 思います。それが可愛い。

ただ残念なことに、エリアス君がいない。調子が悪かったのかしら。(帰りのバスには乗っていました)

 

。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。♫●

Dsc_0013_8-800x600

 

ピアノは先日国立新美術館でも使われたベーゼンドルファーのクリムト・モデル。蓋の内側に金色の絵がが見えます。

ピアノはステージの向かって左側に置いてありました。いつものように、boysの中心ではないのです。

結果、boysは一つのかたまりになりました。いつもは左右から指揮者の方を向くことが多いですが、今回は指揮者が端にいるので、boysはほぼ客席をまっすぐに見るかたちになりました。カメラ目線でもあります。

エリアス君がいないため、後列には中心にキャスパー、フィリップ、メシュー前列にはネイサン、ダヴィット、セバスティアンという上背のあるメンバーが並ぶことになりました。確かにそれは映えました。それと高いところから、気持ちよさそうに歌うんですね。声もかなり聞こえてきます。特に後列の3人。

カメラは2階バルコニー右手と、1階センターの一番後ろにもカメラマンさんがいました。あと、小型のカメラで何台か切り替わるのかもしれません。「NHKさんですか?」と尋ねると、カメラマンさんはにっと笑って「BSです」と答えてくれました。

先生はアカペラだったり重要なところになると、センターに出て指揮をしますが、ピアノに専念するときもあり、そんな時は指揮なしで演奏がすすみます。

それでも崩れない。まとまりがあって、タイミングを体で覚えているのでしょう。

Dsc_0020_9-800x599

。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。♫●

 

プログラムは好きな宗教曲が前半続きます。

カルミナブラーナは、ステージに全員が並びました。最初に書いたフォーメイションです。そこで素晴らしいというよりは「すごい」合唱にガツンとやられました。先生はピアノに専念するごとく、boysはスコアーの何もかもが頭と体に入ってるように歌う。

そのあといつもの先生の挨拶。

ヴィアダーナはアカペラなので先生は指揮をします。でも合唱の完成度がすごすぎて、私は指揮が目はいらず。あの整然とした声、誰の声も前に出すぎることはなく、混声による別の音色に変わって聞こえます。

次のメンデルスゾーンは、今までで一番素敵でした。3つのモテットのうちの第3曲「Surrexit pastor bonus」。旅先の修道院で修道女のために書かれた曲だそうですが、女声合唱で聴くと一つの声色にまとまって聞こえてしまうような気がする。

ボーイソプラノにはそれぞれのパートにカラーがあって、ソプラノひとつとっても声質がすごく違うし、今年のブルコアはアルトも良かったので、メゾっぽい年少の子の音色から、Phillippのような鍛錬された少年らしい声まで、そして音感も優れており、4声とか8声とかの難しいコーラスも完成度が高いのです。でもその中で、ああDavidの声・・・どこに行った?と耳を澄ませることが多かった。これほど完璧にハーモニーとして埋没されちゃう声って珍しい。いや、溶け込んでしまうのね。それゆえ彼の声に惹かれるのです。一瞬でも聞こえたときの感動。でもその控え目に歌う様にまた気品が漂う。
NathanやPhillippはソロで歌う機会も多かったですが、Nathanもやはり控え目で、それはこの日も同じでした。本当にいつも静か。

。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。♫●

Surrexit pastor bonus,
qui animam suam posuit pro ovibus suis.
Et pro grege suo mori dignatus est.
Alleluia, Alleluia!

Tulerunt Dominum meum, tulerunt,
et nescio, ubi posuerunt eum.
Si tu sustulisti eum, dicito mihi
et ego tollam.

Surrexit Christus, spes mea!
Praecedet vos in Galilaeam.
Alleluia, Alleluia!

 

。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。♫●

 

 
JFquinta61 「Surrexit pastor bonus」モンセラートの演奏

 

●♬。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。♫●

 

3節目のPhillippの力強さ、ここはキリストが復活されたと希望に満ちて歌うところ。アレルヤの声が一節目のアレルヤとは全然ちがいましたね。もう素晴らしくて、ずっとかみしめていたい気持ちでした。拍手すらもう少し待っていたかった。

ケント君がハイドンのオラトリオの「天は神の栄光を語り」の紹介をします。きちんとした印象。彼は親族の希望の星みたい。こんなに一生懸命声に出して応援する家族が会場に来てくれる、なんとも幸せな少年です。そして微笑ましくもなりました。

この曲はシューコアのオリバー先生の編曲なんですね。前のモテットとの曲想の違いにプログラム構成の面白さを感じます。それからブラームスですよ。そして詩編13に続き他界されたゲーリンガー先生の「愛と死」で心がぐぐっとぐぐっと、切なさで満たされたあと、楽しくてしかたない「動物たちの対位法」で第一部終了。 このセットリスト誰が考えたのか、マノロ先生? これはいい!

Anthonyが入ると、彼の声がかなりの声量で響きます。でも勢いがあってすごくいい。わりと普通に歌っているけど声が出ちゃうんだよって感じの天性のものなんですね。前のブルコアにはソリストのフィリップがいて、かれは天地創造でも難しいソロをやっていました。でも彼ほどのソリストがいない今のブルコアには、それを超えるようなコーラスの美しさがあります。団員たちの成長と声の変化が、今とてもいい感じで彩り豊かなコーラスを生み出していると思いませんか?

ここまでピアノ伴奏も順調で、高音の修飾音がきれい。マノロ先生は譜面の最後でときどき途切れるんで、それだけはお願いって思うんですが、それも含めてのマノロファンがいますから、まっいいか。

Regina coeli。大好きです。アルトとソプラノの対比がはっきりしていて、それぞれの旋律が独立して美しくからみながら、4声になったときのハーモニーは天上の声。そして背後からのアレルヤという合唱が可愛い音色なんですね。どうだ、このド素人感想は! 最後は「可愛い」でまとめてしまいました。

詩編13番はこの前も書きましたが、もとは好きではなかった。でもブルコアで初めていいと思いました。実は1963年ごろのレコード録音より好きなのです。ブルコアの華やかさが、ブラームスを華麗に変身させました。

第一部最後の「動物たちの対位法」は、ホールの音響が良すぎて、かえってこじんまりしちゃったかな。もっと奔放なイメージがあったのですが、今回はケント君のワンワンもナタナエルのミャーオも、思ったほど目立たず、先生がもっともっとあおってはいるのでしょうけれど、ちょっと鳴き声が小さいな・・・と思っている間に終了。他の席ではもっと響いていたかもしれません。テレビオンエアの時には、パフォーマンス性の高さが出ているといいですね。客席では笑いも多く、かなり受けていました。

 

 

 

テレビでは時間の制限でカットされる曲もあると思いますが、オルフ、メンデルスゾーン、ハイドンとRegina coeli、動物たちの対位法は絶対に放送してほしいです。

第二部の「リベルタンゴ」、ラテン楽器をセバスティアンとダニエルが担当。ダニエルも目立つ方ではないですが、この楽器を演奏する様子が楽しそうでほのぼのするんです。

 

 
ジョンミンやロベルト、ラファエルがいた頃のブルコア。でもダニエルやスコット、レナートもいますね。

 

●♬。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。♫●

 

つぎのMCは、それだけでひとつのパフォーマンスになっているMatthew君の曲紹介。セリフを暗記しているだけではなく、自らの言葉であるかのように身振りを交えて笑顔で語りかける。彼は本当にプロフェッショナルです。その数秒間も見どころです。

「オーソレミオ」これも子どもの頃から知っているし、親がナポリ民謡好きでよくレコードを聴いていたので、私には聴き飽きちゃった感があるのですが、ここにきて、良く聴けばきれいなメロディ。歌詞も部分的に思い出します。マナツソーレ、キューベッロイネー特にアカペラの部分が、ボンボンというハミングとブルコアの高めの合唱で素敵。あの長く伸ばす小節は、スタンフロ~~~~~~~~~~~~~ンテアテ~~♫  カタカナで思い出した歌詞です。これも小学生の記憶で本物のイタリア語ではありませんが。

次も小芝居入った楽しい演出。ピアノのそばにTimo君が歩み寄る。次は僕が弾く番ですというジェスチャー。マノロ先生は「いやいや、ここは自分だ」と切り返す。お約束の繰り返しのあとでイスを正して、明け渡す先生。Timo君の個性もすごくいいし、本当は緊張しているのもわかるんだけど、ムードメイカー的なキャラもあり空気がなごんでいきます。曲は「一人ぼっちの羊飼い」

みんな英語が上手です。たぶん大昔の団員たちより発音はいいでしょうね。実際ここには英語圏の少年が何人もいます。サウンドオブミュージックの世界は、ごく自然に生まれてしまう。

私の席から見えるTimo君は横向きの角度で、真剣に鍵盤と対峙しています。でも細い指が震えているように感じる。やっぱり緊張しているんだと思う。頑張れTimo!と応援する。

そして「エーデルワイス」・・・ちょっと残念だったのほ、いいとこでピアノが途切れた。テレビだと先生も緊張するのかな。

でもコーラスは暖かく私たちの心を照らします。聴きなれた曲だけど、ほっとしますね。

次のMCはDavid君。ファンクラブのときに彼のサイン待ちをしていたら、誰かが何か話しかけた。韓国語でした。彼は親指と人差し指で「ちょっと」というふうにして、ひとこと返しました。私にはわからなかったけど、たぶん「ちょっとわかります」だと思う。

母の日には、団員たち一人一人が故郷のママに贈るメッセージを画用紙に書いていました。いろいろな国の言葉がありましたね。ルイソンは勿論フランス語、アンソニーとダヴットはハングルでした。英語やチェコ語、中国語、東南アジアっぽい字もあった。ドイツ語に混ざっていくつもの言葉があったのは、父ドイツ系、母はアジア系という家庭も増えているということ。

話が逸れました。Davidの日本語の歯切れ良さは、ドイツ語的ではないので、韓国語を発音できるからではないかと思いました。韓流の歌手やタレントが話す日本語の正確な発音に近い感じ。彼もとっくにメモ用紙を見ずにMCをやっています。

「荒城の月」「ねむの木の子守歌」 

ねむの木は、このままずっと歌い続けてほしい歌ですね。できればこの来日中に、オペラシティの3日間のいずれの日にか、美智子さまがご来場されることを祈ります。この子たちの歌声を、是非美智子さまのお耳に届けたい。

「ふるさと」もきれいだった。日本語の語感に慣れてきたのか、言葉としての美しさを感じるほど仕上がってきていました。

ヴィルト先生の曲「内なる平和」・・・毎度の難しい世界ですが、Phllippはこの難曲を歌いこなしていました。

始まりはNathan のソロがはかない美声、途中からPhllippのしっかりしたソロで歌詞は英語。安定した音感で不動のアルトです。

ピッコロトランペットとアコーディアオン演奏がある民謡「納屋の大戸」 コルネットかと思っていたのは、もっと小ぶりな楽器でピッコロトランペットというそうです。吹部だった友人が教えてくれました。

アコーディオンはルイソンが弾きました。あとで知ったことですが、この日は彼の家族が来ていました。ロビーで見かけた方もあるのでは? ビーサンと半パンのカジュアルなパパと黄色いワンピのシャルマンなお姉さんとシックなお洒落ママでした。4年前のブルコアの時も何組かの家族が来ていて、わが子のコンサートを楽しんでいましたね。

アンソニーはフレンドリーな性格みたいですが、MCでもそれがにじみ出るようです。なぜか会場の笑いを誘う。その「間」というのは、超自然発生で先生も団員にあわせリアクションしてくれます。

ポルカとワルツ。「青きドナウ」を聴くと5~6年前の来日を思い出すのですが、その年は声変わりをすでに迎えていた上級生が多かった。ファルセットではなく、低い、本当に低い声で歌っていたので、その時のドナウは、マンナーコアとの混声合唱みたいな歌声でした。

それはしかたのないことで、どうしようもないことです。でも高め合唱が好き。今年のドナウはソリのパートもきれいですよ。Davidの声に耳をすましている私です。

アンコールは「ドレミの歌」 これも英語の世界でした。サウンドオブミュージックをご覧になった方は、トラップ家の子どもたちとマリア(ジュリー・アンドリュース)がドレミの歌を歌う時のシーンを覚えていらっしゃると思います。あれがそのまま再現されたような、オペレッタだと思ってみれば、そんな感じ。Matthewのかけ声は、オペラ「魔笛」で場数を踏んだ達者な演技でした。

続いて「シスターアクト」胸の前で手を合わせる振付で始まります。これもフィリップの歌唱力、アンソニーの声量ある歌が光ります。うまいですね。4つのコアの中ではこの手の曲はブルックナーが一番かもしれないです。

どこかの曲でアダムが先生に声をかけられていました。どこだったかしら? するといつも無表情のアダムが笑った。固まって歌っているアダムがほぐれました。良い瞬間!マノロ先生は子供たちの良く見ています。あのひょうきんなMCの合間にちゃんと見ていて、盛り上げようと手を貸すのです。Great!

そのあと「花は咲く」。 ゆったりとしたピアノ音で、会場がその曲に気づき、さざ波がおこるようにざわめきました。

私はこの際景気よくラデッキーでもよかったんです。後ろの人、花は咲くを一緒に歌ってしまった・・・。だからラデッキーでよかったの。ステージの縁にまたずらっと並んでほしかったし、今日の席なら素敵な景色が見られたはず。

とはいえ、素晴らしいコンサートで、音響も良く、オンエアの予定もあると知りました。残るコンサートが少なくなってきたので、ひたすら聴いていますが、心に留めるためにかみしめて、かみしめて、またかみしめて・・・

●♬。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。

 

ところで今日フジテレビのノンストップという番組にWSKが少し出ました。小林幸子さんが進める復興プロジェクトの一環で、福島に招かれ第九とか歌ったそうです。ほぼ小林さんのレポートでしたが、その前のプレミアの巣窟がひどすぎたので、全く普通にニュースとして扱ってもらえてよかったですね。

画面直どりなので、モワレがすごくてごめんなさい。

Dsc04831-800x600 Dsc04845-800x600

 

。.*゚・。.♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚*.。●♬。.*゚・。♫.。+゚.。♫●

★追記★

コメント欄に ♬名無しさま♬ から、情報を頂きました。忘れないようにこちらにも書いておきます。

NHKオンエアは、9月2日(月)朝5時〜BSプレミアム「クラシック倶楽部」だそうです。
リンクをはりましたが、まだ9月の予定は更新されていません。

 

 

| | コメント (8)

2019年5月26日 (日)

Ave Maria : Franz Biebl ビーブルのアヴェ・マリア

 

前回の記事に少し書きましたが、Bプロでどうしても聴きたい曲としてフランツ・ビーブルの「アヴェ・アリア」があります。

ハイドンコアがポツダムのニコライ聖堂でリハーサルを公開しています。

もう随分の前のこと。だって今年ハイドンコアはクリスマスにドイツツアーをやるんですよ。つまり一巡したってことですね。

時がたつのは本当に早い。

このコーラスは少年合唱が最高に美しいですね。大人では表現しきれない透明感があります。

2015年のアヴェマリアは遠目でわかりにくいですが、当時を思い出すとソリは左がジーノ、中がニコラス、右はフローリアンではないかと?

でも最初のソロはわかりません。ルイスかな・・・。

ブルックナーコアは、ピアノの前にネイサン、ダヴィット、フィリップが立ち、ステージの後ろの背に沿って弧を描くように等間隔で他のメバーが立ちます。

ソプラノは向かって左で最初に歌うのはアダムとスコット、アルトは右側でマリス、3人が歌い始めのソリになります。

そうしてセンターの3人が加わるんですね。絵的にも音的にも、至高のコーラスです。こんな繊細さがブルコアにあったということが、前回の来日のイメージでは抱いてなかった。・・・ああ、ごめんなさい。本当に今のブルコアは宗教曲のハーモニーが美しいです。

 

13_1

 

ニコライ聖堂は昨年モーツァルトコアのコンサートで初めて足を運びました。そして大いに気に行ったホールです。

音響も建物の美しさも、ステージとしてboysが立つ景色も、どれもよかったです。

画面でグレーのシマシマに見える部分は階段です。それもかなり高さがあって映えるんですね。

教会なのでバックステージという作りはないんですね。なので、入場も退場も堂内の通路を使います。

それがまた素敵なの。モーコアはガウダーテを演奏しながら入場しました。勿論そのときに拍手する人なんていない。水を打ったように静かに聴いています。でも去るときは、抑えきれない感動でしょうか? 声をかける方もあったし、大きな拍手はやみそうになかった。中心の通路をルイス先生とともに手を振りながら退場するboysが素敵だった。

このときハイドンコアはどんなふうだったのでしょうね? 

さて、今年のハイドンはベルリンで、なんとベルリン大聖堂を使うそうですよ。すごい!

毎年定例になっているのはベルリン・コンツェルトハウスですが、今年はあの大聖堂です。きっと素晴らしいでしょう。それは想像以上に美しい響きではないかと思います。

 

13_1

 

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

今週はブルコアは小休止で、古い話題 ♫

 

🎶  🎶  🎶  🎶  🎶   🎶  🎶  🎶  🎶   🎶

ブルックナーは、行かれる限り行ってました。北関東まではなんとか、でもさすがに鶴岡は遠く、今週末の大阪も行く予定はありません。

すごく行きたい気持ちはあるのですが、ちょっと歯止めがきかなくなるおそれありで、体力的にも後できつくなるからブレーキをかけています。

もう充分に堪能してきましたが、たまたまAプロが多く、Bプロはようやくこの間足利市で久々に聞けましたね。

全体的にはAが好きなのですが、「YELL」と「アヴェ・マリア」という外せない2曲。それゆえBも聴きたい。

コンサートについては来週の水曜日に芸術劇場で聴いてから、ライブの新鮮な気持ちが消える前に書けたらいいなと思っています。

昔は孤軍奮闘・・・・というか、要するに友もなく自分の世界だけで行って帰ってきていたせいか、ほとんど帰宅途中の電車で下書きできていました。聴いてから1~2時間しかたっていない、本当に新鮮で臨場感も残る気持ちで書いていました。

最近は下書きから清書まで時間を置いてしまうので、なんか同じようなことばかりになってしまう。ちょっと気づいたことなんかも忘れてしまう。その日だけの出来事なんかを忘れてしまう。

所詮感想文しか書けない素人なので、また初心にもどらなければいけませんね。

 

Bara

 

今日は小休止で、先日友人から聞いた情報をもとに、またひとつ謎がとけたお話です。そんなこと知ってらぁというかたは、我慢して動画だけ見てね。

時代は遡ります。いつまで?  20年いや30年・・・もうちょい!1976年です。

曲はミサ曲のなかで、一番好きなシューベルトの6番D950。ミサ曲では最後の作品です。

このミサ曲を初めて聴いたのが、1960年代のレコードでした。ジャケットはシュテファン寺院の古い絵画で、裏側には67年組の集合写真。アウガルテンで撮影したもの。

 

Dsc04733-800x396
指揮・フェルディナント・グロスマン

 

Bara

 

このミサ曲は各時代で録音されていました。最初に聴いた録音は正確には年代不明ですが、グロスマンでたぶん60年代前半と思います。他力本願でサウンドライブラリーさんを当たってみましたが、録音年もリリース年もなかった。

70年代にはギレスベルガー教授指揮でソロはペーター・イェロジッツみたいな声・・・(と、以前は思っていた。)

90年代にはブルーノ・ヴァイルがエイジ・オブ・インライトゥンメント管弦楽団の指揮をとり、シューベルトの一連のミサ曲とドイツミサ曲をウィーン少、コルス・ヴィエネンシスとともに録音しています。その中の6番はシューコアのベンヤミン君がソプラノを歌いました。

記憶に新しいのは「シルクロード」のCD、DVDで、私の好きなクレドの典礼文を響クンが歌っていました。これはご存知のかたも多いと思います。

今回これを書くにあたって、録音データなどは調べる時間もありませんでしたが、それぞれ1回ずつ聴いてみたんですね。

それで思ったのは、76年の録音からベンヤミン君、響クンに至る声の系譜というか、そう、声質の共通項があって、この3人はたぶん同じカテゴリーのどこかにいそう。繊細ながらピアノ線のようなピンと張りつめた緊張感を感じる声。

76年のソロは決して硬質な声ではないのですが、歌い方が硬いのかな。

でも60年代だけは違うように思いました。

バカかと言われそうですが、シャーリング君の声に似ているの。←  また、始まった。妄想・・・ 似ていると言うと語弊がありますかね。でもあのタイプの声かなと。

ソプラノだけどハイトーンではなくソフトな声、ちょっと陰りのある声、中途半端な表現でわかりにくいですね。声に関しては具体性にかけるし、人それぞれ感じるところは違うと思うのでこのへんでやめておきますが、惹かれる声であることは間違いないです。

最後の ♫ dona nobis pacemの力強さも特筆です。

テナーのクルト・エクイルツはWSK出身ですね。ヴァルター·ベリーは他にもWSKとの共演があります。

以前はCDのほうが楽なせいもあり、ヴァイル盤をよく聞いていたのです。ベンヤミンの声が好きだし。
でも今日一度ずつ聴いてみたら、グロスマンのが一番落ち着きました。ヴァイルのは華やかすぎ、ベームは重いと感じるようになりました。

ギレスベルガー盤は宮廷管弦楽団と書いてあるけど、ウィーンフィルだし、テナーの一人はクルト・エクイルツさんで表現過多にもならず安心して聴けます。ただボーイズのソロの好みは古いほうでした。

そして、やっと本題に入ります。ずっとペーター君だと思っていたこのギレスベルガーの76年録音盤には、ソリスト名は入ってないのですが、1月にホーフブルクで録音したという記載だけはあります。

この同じ76年に実はカール・ベームが6番を演奏しており、ビデオ化しているのです。そこに登場する団員クンが、ギレスベルガー盤のソリスト君にちがいないとレコードの声とビデオを聴き比べて思いました。

その子の名前が最近わかったんですね。カール・ネーベンフュアー君、今は歌手となっているそうです。

数年前の話ですが、クリスマスになると彼の団員時代のソプラノがウィーンの街に流れていていたとか。

この話は友人もネット上で知ったようなのです。そこにはもう少し詳しくこの少年のことが書かれていたそうですが、引用することはできませんから、ここまででおしまい。

 

Bara

 

でも積年の謎がとけて気持ちがいいです。カール君のソロを含めたベームのシューベルトミサ曲6番変ホ長調D950を聴いてください。

なお、クレドは22分15秒くらいから始まります。典礼文 ・・・et incarnatus est de spiritu sancto ex Maria virgine・・チェロで始まる甘美なメロディは25分20秒から。

このパートではダブルテナーが美しいですが、ベームの指揮では、ペーター・シュライアーとウェルナー・クレンが歌っています。

 

 

 

Bara

 

1976年のレコード
Dsc04734-800x793

1994年のCD解説からソリストの写真
Dsc04738-796x800
Albin Lenzer(Schubertchor)アルト
Benjammin Schmidinger(Schubertchor)ソプラノ


これはヴァイル盤でクレドのみ。ベンヤミンのソロです。

 

 

響くんから10年たちました。

Liebe WSK:そろそろシューベルト6番の録音をしませんか? と聞いてみたい気持ちです。

たとえばホーフブルクでミサを聴くことは予約さえすれば誰でもできます。でも日本から旅行に行く人は、よほど運が良くなければ、自分の好きなミサ曲がその日の演奏になるとは限らない。

ホーフブルクでどのミサ曲が演奏されるかということは調べればわかりますが、自分の予定をそれにあわせるって、なかなかね・・・

果たして、私にこの6番を聴ける日は来るでしょうか? 

追記:ドイツにいるWSKファンが撮った動画。そのキャプションと音声を聴いて驚きました。曲はこのシューベルトミサ曲6番だった!

Agnus Deiの最後の数小節が聞こえました。残念ながら外部シェアできない設定。なのでスクショのみでお伝えします。ソロは大人の歌手のかたがお花を持っているので、boysではなかった様子。でも歌った。モーツァルトコアがミサ曲6番を1年前に歌っていました。

場所は聖十字架教会。共演はクロイツコア。YouTubeにはその時のコンサートではバーンスタインだけ取り上げていましたが、・・・だけじゃなかったんですね。これはフルバージョンで聴きたかった。

Esdur201806kreuz

| | コメント (8)

2019年5月 9日 (木)

WSK* ブルックナーコア(板橋区立文化会館大ホール・サントリーホール)

二つの会場でBプログラムを聞きました。もたもたしていると、もう週末には新しいコンサートがあります。なので遅まきながらざっくりとBプログラムの感想を書いておきます。

感想というのか、報告程度の感じですがご容赦ください。

第一部の1曲目は、「喜びたまえ」

そうです。ガウダーテですね。(彼らはガウデテと発音してますね)

会場の後ろからタンバリンが聞こえてきます。中央よりの2本の通路をboysが歩いてきました。でも歌ってはいません。聞こえるのはマノロ先生がたたくタンバリンの音のみ。

 

私の想像を聞いてください。あくまでも想像です。

マノロさんsaid:「はい、君たち聞いてくれ。お客さんが拍手をしなかったときだけ、〇〇拍目で歌いだすんだ。1人でも拍手をしたら、歌わない。日本のお客さんは拍手で迎える習慣があるからね。でもそれでは演奏が聞こえなくなるから、そのときは舞台にあがって拍手が収まるのをのを待つ。私の合図に注意すること。いいかい?」

と、まあ妄想の極致ですが、そんな打合せをしていたのではないだろうかと思ったのです。 だってそうでなければ、通路から入場する意味がないじゃん。笑・・・何言ってるのって思います?

私は拍手で演奏が聞こえなくなるのはいやなので、こっちが拍手をしないか、向こうが拍手のあとに歌うか、どちらかであればいいのです。

ガウダーテはそんな幕明けでした。そしてそれは板橋もサントリーホールも同様でした。

ソロはネイサン、マリス、アダム 、アンソニー、ダビット、フィリップ、ヤコブ・・・かな。代わる代わるなので、定かではないですが。ネイサンのハイソプラノが安定してる。声量はアンソニーが小さいのにすごいかもしれません。マリスはチャーミングな声ですね。

先生は挨拶の中で、令和の時代が始まったことおめでとうと言ってくださいました。あとはいつもの調子でイタリアンなイントネーションで楽しい日本語です。

。:*━*:。━━。:*━━*:。━━。:*━━*:。

 

次のパーセル。とても好きです。一番に思い出す2012年のシューベルトコア。大好きでしたよ。もっと聞きたくて、初めてチケット買い足したクラスでした。

ブルコアの演奏はシューコアとは、選曲もアレンジを少し違っていました。

最初は「来たれ、汝ら芸術の子らよ」フィリップとマティウスの2人がソロ。

次の「 Strike the viol  バイオリンをかきならせ」のソリはユニゾンでした。フィリップとマリスかな。・・・メモの文字が判読できず、なぜなら頭文字しか書いてないので・・・

シューコアの時はマティアスとパウル、バスティアンが歌いましたね。ハモリに動きがあって、今回のブルコアより力強い印象でした。ブルコアは先生は豪快ですが、boysの声は繊細。

3曲めはWSKで聴くのは初めてでした。ソプラノのアリアで「Bid the virtues, bid the graces」 ネイサンのピュアな声が哀しげで美しかった。その横でダヴィットが声を合わせる。でもほとんど同化して聞こえました。芯というか張りのある声ですが、抑え目に歌っているのか、自分を出すことはしない感じです。

2人とも上背があって170cmは超していると思うけど、姿も表情も静かで、圧がなく涼しげで清らか。4曲めは「 See Nature, rejoicing」これは終曲で王道。個人的には「Sound the trumpet  トランペットを鳴らせ」も聞きたかったです。

 

スィメオン君のMCで、「サバの人々は来る」の紹介。4年前もやりましたねこの曲。あの時も別のフィリップがいて、ソロが素晴らしかった。今回のソロはネイサンとダビット。2人はよく登場しますが、後列のアクティブなフィリップ、マシュー君のエンターテイナーぶりとは違って、物静かに佇む様子が気品というか・・・素敵ですね。静かにトップソロを務めつつ、ゆるぎなくコーラスを支えているのです。

あんまり可愛いとか素敵とか言うと、音楽を聞けという人も世間にはいると思うので、なるべく書かないようにとは思っていますが、子どものころから好きな合唱団なので、どうしても貴公子に見えてしまう。年少の団員は天使に見えてしまう。それは昨日や今日に始まったことではないので、今さら変えられません。それがファンというものです。勿論音楽が素晴らしいから、彼らをサポートするの。

 

そのあとのシューマンがとっても好きです。MCはヤコブ君。

こういう歌曲を聞くと、やっぱりウィーン少年合唱団だなあと感慨深いものがありますね。今回のブルックナーはソリストを代わる代わる用意してくれて、だいたいメンバーは把握できたのですが、4年生のベテランから11歳のアダムまで多彩です。

シューマンの3曲はコーラスの良さが秀でていて、安心して聴けました。

ウェルナーの野ばら。ひょっとして美智子上皇さまがお好きだということで、今回もプログラムに入ったのでしょうか? またサントリーかオペラシティホールにお越しになられたらいいですね。

7人が前に出て歌いました。またしてもメモが頭文字で、今となっては怪しい。たぶんネイサン、ダビット、スコット、フィリップ、エリアス君、ダニエル君とティモ君。優しいうえにも優しい歌声でした。ブルコアは声高めなんですね。4年前もそう思いました。

 

MCはティモ君で ローレライとアベマリアの紹介。もうサービス精神の塊のティモ君。ナイスキャラのティモ君。

ビーブルの「アベ・マリア」

中央のピアノの前にネイサン、ダヴィット、フィリップが立ち、ステージの奥の縁に沿って、弧を描くように等間隔で他の団員たちがならんでいます。

板橋では左側が良く見え、サントリーでは右側が良く見えました。

最初のソロは左側からマテウス君だったかな。忘れてしまいましたが、右側からはマリス君が歌っていました。これはもう珠玉の合唱といえます。言葉をなくす天上のハーモニーです。

ダヴィット君がプログラムに書いていますが、「短いソロがはさまれていて、ア・カペラの曲なので、みんなの声を聞きながら歌わなければなりません」まさにその通りの情景です。それぞれの団員たちは、この難しいフォーメイションの中で、みんなの声を聞きながら、歌っているのだと思いました。余韻が余韻を呼びます。どうぞ完全に音が消えるまで耳をすませていて下さい。

 

。:*━*:。━━。:*━━*:。━━。:*━━*:。

 

第二部はミュージカルで有名になったスタンダードな曲から日本の歌、そしてウィーンに戻るという構成で歌われました。

「ワンダフル・デイ」で元気よく行進しながら左右から登場すると手拍子がおこります。

次のMCはアダム君。歌うときは、なんか固まって歌うんですね。でも時々それがほぐれて良い味を出してくれます。

MCの時マノロ先生は、子どもの隣りに立ち、うんうん頷きながら「ハイ!」と声をかけたり、それが楽しくてboysも笑うし、そうやってMCの緊張をほぐしてあげているのでしょうね。とにかくat homeな空気に満たされています。

曲はライオンキングから、「愛を感じて」ネイサンとマテウス君で歌い始めます。最後のソロもきれいだった。余韻はいつも感じています。

次の「レット・ザ・サンシャイン」は私の年代にはちょい懐かしい曲ですが、合唱団がとりあげるのは珍しいですね。ミュージカル「ヘアー」が初演されたのは1960年代のベトナム戦争の頃ですよね。ロン毛が当たり前だった時代のロックミュージカル。ドラキーズなら自然体とも思えますが、WSKの発声ではとても難しいと思います。でもソロとコーラスでメリハリをつけ、高音のハーモニーもきれいでしたね。メロディがきれいだし、これもありかなと思います。

ピアノを弾いていた先生が、客席に求めるように自身が手拍子を打ち始めました。私はおとなくしくしていましたが、本当はもっと動きたかったですね。ロック魂が燃え損ねてしまいました。ネイサン、マリス、アンソニーは頑張りました。サントリーのメモにはフィリップの名があるけれど、どうだっかたな?

ウエストサイドストーリーから「サムウェア」。これもハーモニーがきれいでしたが、アカペラで聴けたらなと、ふと思いました。

 

次は楽しみにしていた「シールララバイ」

数年前に韓国でシューコアが歌ったを聴いていました。ウィテカーの曲をそろそろとレパートリーに入れてきた頃だったかと思います。すごく素敵だったので、YouTubeで調べました。無名の合唱団が歌っていました。それもきれいだった。

ピアノが主旋律を弾き、合唱がそれにあわせハーモニーで応える、後半の歌詞のない部分が特に美しい曲です。

次も待ちに待った、4年間待った?「YELL」 4年たったけれど、ブルコアのYELLはちっとも変っていなかった。いろいろな思いがあると思います。思いなんてない人もいるかもしれません。でも誰かにYELLを送ること、送られること、それは生きている誰もに体験してほしいことです。この齢になっても、励まされているように思えて嬉しくなる。CDにならないかな・・・と今年も思っています。

上皇陛下と上皇后陛下により「歌声の響」のMCはネイサン。歌声と同じピュアな話し声でした。

「ふるさと」は、サントリーでは数人が前に出て歌いました。(板橋ではどうだったでしょう?)

またしても頭文字で、M,A,N,D,P  M,K,M・・・・・のメモ。解読してください。自分の記憶では、マテウス、アダム、ネイサン、ダヴィット、フィリップ、ピアノをはさんで、マシュー、ケント、マリスかな。

最後のMCは日本人のケント君。彼は小柄ですが話す声は落ち着いた高めのテナーで、日本語が正確です。会場からほ~っというため息がもれていました。

「ハンガリー万歳」は久しぶりに聴いたような気がします。最後の掛け声がかっこいいんですね。少年合唱団だからできる、この声!

そのあと再びマノロ先生のMCで、「美しく青きドナウ」の紹介。みなさ~~んと伸ばして言うのが面白くて、会場の笑いを誘いました。

 

。:*━*:。━━。:*━━*:。━━。:*━━*:。

 

YouTubeを探したら、ないと思っていたブルコアの近影がたくさんありました。ところどころに挿入されている動画ですが、ちゃんと名前までスーパーで入っていました。単純に自分が見ていないだけでしたね。

 

 

 

。:*━*:。━━。:*━━*:。━━。:*━━*:。

この動画は韓国のテレビです。4つのコアを万遍なく網羅しているのですが、モーコアだけは超古い映像で、ボミ先生の時代。

韓国だから自国のカペルマイスターを出したのかもしれませんが、私が思ったのは取材の時にウィーンにモーコアがいなかった可能性。

昨年は11月末からマリアツェルとかドイツ公演が入っていましたからね。この番組の時期を考えると、現役のモーコアには取材班が会えなかったのではないでしょうか。

さて画面を良く見てください。黒い背景なのでわかりにくいですが、日本語字幕を入れてくれていますよ。目を凝らして見れば、ハングルの翻訳がわかりそうです。

ココに出ているのがスィユ君(アンソニー君)。彼は韓国出身なのですね。

ちなみにもう一人のスィユ君は中国出身だそうです。

 

 

。:*━*:。━━。:*━━*:。━━。:*━━*:。

最後はジャパンアーツさんの動画です。「ねむの木の子守歌」の途中まで。なぜこのような編集をするのでしょうかね。最後まで聴かせてほしかった。

このあいだの国立新美術館ライブのように、突然削除だけはしないでほしいと切にお願い致します。

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »