« 61年ランク隊(62年)& 69年タイマー隊 | トップページ | ほがらかに鐘は鳴る »

2019年10月22日 (火)

一年ぶりのリベコン

1841844239_freepngdownloadxmassfreeclipa

 

今回のリベラのコンサートは、発売されてまもないクリスマスCDに収録されたクリスマスキャロルを聴けました。

事前リサーチをしていなかったので、クリスマスコンサートとわかっていれば2daysのチケットをとったのですが、当日券を求めて出かける気力は早朝の強い雨音に負けました。弱い根性でした。

夕べはサイン会もパスしました。よくよく考えれば今までも3000円相当の買い物はしていたのですが、以前買ったCD聴いてないしなあ、撮影も禁止だしなあ・・・もろもろ言い訳して、コンサート終了後はさっさと帰ってきました。それでも終バスで家に着いたのは11時でした。陸の孤島な町なのだ。

 

゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*

 

ここに新しいCDのトレーラーがありました。

 

゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*

 

この中で昨日聴けたのは

  • サイレント・ナイト Silent Night
  • もろびと声あげ  In durci jubilo
  • ディン・ドン・メリー・オン・ハイ Ding dong merrily on high
  • ウォーキン・イン・ジ・エア Wolking in the air
  • 天使のくれた奇跡  Angel
  • 明日へ~ for the future

 

印象としていかにもリベラらしい演奏と、リベラっぽくない合唱曲と、新しいソリストと、太一君の復活と、いろいろな面が見られて楽しかったです。

第一部で良かったのは、シング・ララバイ Sing lullabyとプア・リトル・ジーザスPoor little Jesus。 休憩時間に友人と話をして、あのソロは〇〇君じゃないか・・・とか、覚えたつもりでしたが、その後第二部を覚えようと努力した結果、第一部は押しだされました。金髪で横分けのソロの子はドミニク? 

去年はたまたま最前列が取れて、目の前にダニエル君がいたのです。ロッコのソロがあったり、わりとメンバー紹介も多くメンバーの顔も見易かったですが、今回は自己紹介少なかったですね。MCはコウジ君と復活したタイチ君が兄弟でステージに登場していました。自分は去年よりもっと顔認識力が乏しくなって、全員集合写真を見ても、さてどの子だったか、もう見分けがつきません。

一番のお気に入りは、栗色の髪でWolking in the air をソロで歌った天使くんの声でした。しっかりした音程で高すぎず細すぎず、この曲にはすごくあっている声です。全体の印象だとふわふわして線が細いのがリベラのように思えますが、ひとりひとりの声は個性がありますね。

Wolking in the air

 
Libera official

゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*

 

タイチ君は声変わりしているし、たぶんロッコも低音パートになっています。あの高く澄んだ歌声の底に彼らの支えがあるんですね。そこで生まれた・・・と言ったらおおげさかもしれませんが、Poor little Jesusのコーラスは厚みがあって素晴らしかったです。リベラっぽくない骨太なかっこ良さがあり私は好き。

Poor little Jesus

 
Lebera Official 

 

MCによれば昨日が初演らしい。緊張感が少しありました。アレンジをしたのはサム・コーツ。昔のリベラメンバーですね。会場の音響も成長したリベラっ子たちがスタッフとして支えているのがわかります。サム・コーツのアレンジはSing lullabyや他にも数曲がありました。

第二部を覚えているうちに、第一部の記憶はなくなりましが、実際第二部は親しみのある曲、好きな曲が多くあっというまに終演となりました。

Gaudateも久しぶりに聴きました。WSKはタンバリンや笛で歌いながら入場という演出が多いですが、リベラの歌い出しは静かです。え、別の曲だった?と思うくらい静かなグレゴリオ聖歌のような導入のあと、いつものコーラスがはじまりフルートも入ります。Gaudateはもはや懐かしく感じるレパーリーになりました。

去年はサンダミアーノを聴けて感動しましたが、こうしてスタンダードな曲も歌い続けられるのは嬉しいことです。

 

「明日へ」の演奏のまえにジョンソン君がMCで解説しました。歌詞はほとんど日本語ですが、リベラには英語以外の言葉を話すメンバーがいて、それぞれの言葉で歌うところがあるというのです。イタリア語!と言ったとき、手をあげた子がいました。同様にスペイン語、ポーランド語、フランス語と言われて手をあげるメンバー。リベラもロンドンに暮らしつつ国際色があるんですね。

でも私には全然聞き分けられなかった。MCの聴き間違いだったかもしれないですね。

ウェックスフォード・キャロルWexford carol は好きな曲です。ウィーン少年合唱団もクリスマスアルバムで歌ったことがあります。プログラムの解説によれば12世紀アイルランドで生まれたそう。伝統的なクリスマスキャロルは、決して豪華でもなくしんしんと深まる寒さの中でキリスとの誕生を祝う、民衆の喜びを感じさせます。

「リベラ」ではネオ君とタイグ君がソロをとりました。ネオ君は一年間で大きくなりましたね。張りのある声量ある声でライブ演奏に強そう。

「サイレントナイト」聖しこの夜です。MCのメンバーがHappy Christmas!と言ってくれましたが、誰だったか忘れました。ソロから始まりアルトが加わり、4声プラスアルファくらいかな。6人ぐらいの静かなアカペラでオブリガートが印象的な演奏でした。

 

最後はIn durci jubilo ここで再びリベラらしさいっぱいの、ふわふわと気持ち良い歌声をきかせてくれました。

フルートだと思いますが、少年の声に愛称が良くて、曲の伝承性も崩すことなく華やかに盛り上げますね。

アンコールは 三隻の船 I saw three ships でした。フレームタンバリンかな、ステージの端で奏者がリズミカルにたたき、クリスマスを祝う演奏になりました。

 

そのあとスタンディングで沸き立つ会場に向かって、コウジ君が皆さん一緒に写真を撮りましょうと呼びかけます。するとリベラの後ろにカメラマンがいて、最初彼らの後姿と客席を撮影していたのですが、コウジ君の声でリベラ全員がステージの後ろに向きを変えて整列しました。

そうです! リベラ越しの客席全員の写真撮影というわけです。これはなかなか素敵なアイデアですね。

たぶんみんな豆よりも米粒よりも小さいと思うけど、一生に一度のショットになりました。

 

゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*

 

検索したら時事通信さんの記事が・・・・・。ぶっちゃけここまできて言うのもなんだけど、私の作文は読まなくていいと思います。恥ずかしいの一言しかないです。笑

画像入りで、詳しく正確でプロフェッショナルなコンサートレビューです。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000050240&g=prt

 

゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*

 

リベラの新しいクリスマスアルバムのミックスリストはこちらです。

https://www.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_nEnIZw9z9lOdzYGds3LBPFCRZ7LUlaed8

 

゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*

 

これが記念撮影でした。

自分、端のほうに見つけました。米粒というより炊き込み混ぜご飯ですね。でも楽しめました。

 

Libera公式twitter より

 

 

 

|

« 61年ランク隊(62年)& 69年タイマー隊 | トップページ | ほがらかに鐘は鳴る »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 61年ランク隊(62年)& 69年タイマー隊 | トップページ | ほがらかに鐘は鳴る »