« 来日中止になったフィンランドの少年合唱団 * 休校前のブルックナーコア | トップページ | 20Kinderliederのアルバムから ”Guter Mond” »

2020年3月28日 (土)

お家にいます。@home

 

・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・

コロナ関連のニュースは重く腹立たしく、また他人事ではないという恐怖もあります。

玄関、キッチン、バッグの中にはアルコールスプレーと除菌ウェットティッシュ。自分から他に迷惑をかけられないという意味もあります。

twitterでは、ウィルスが拡大したのではなく、人がウィルスを拡大させたと言っている人もいます。

マスクは足らないですね。本来は使い捨てのマスクですが、中性洗剤で洗って内側にはガーゼをあてて、2~3回使っています。

 

・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・

 

そんなこんなで、息抜きは好きな音楽、楽しい音楽を聴き、庭に咲き始めた春の花を眺めることでしょうかね・・・

あと、奮発して買ったちょっと上等なコーヒー豆をミルでごろごろ挽いて、ゆっくり入れるコーヒーは美味しいです。

 

フローリアン少年合唱団の動画が楽しくて、微笑ましく思いました。

実はみんな自宅に戻っているのですよね。@homeというタイトルがあるでしょう?

でも心は繋がっている。エーデルワイスから始まって、メドレーで楽しい曲が歌われています。ラデッキー行進曲でファルンベルガー先生も登場しました。

 

 

 

ウィンズバッハはオンラインレッスンを始めました。

ドラキーズもオンラインレッスンの訓練を先生がたが受けていました。

アウクスも自宅にいながら、合唱のレッスンをしています。

レーゲンスは団員募集もビデオオーディションで行っています。

パリ木は少し違っていました。ニュースレターも来ましたが、コンサートのキャンセルが続くと収益がなくなるので合唱団の運営も厳しくなるというもの。https://www.pccb.fr/

日本の主催者さま、コロナが終息したらクリスマスには是非パリ木を呼んで頂きたいです。

 

・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・

 

フローリアンつながりで、ちょっと古いのがあります。1987年の韓国ツアーで、たぶんその年日本にも来ていますよね。

 

 

フローリアンの昔映像はあまり見ません。

ファルンベルガー先生が若い。ユニフォームも今はスタイリッシュにマイナーチェンジしています。比べたことないですが、合唱の声質もやはり今とはちがうのでしょうね。

この野ばらはウィーンの香りがしました。

 

・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・・*:.。.。.:*・

 

追記:4月2日、テルツもスカイプで個人練習をしています。

 

 

子どもたちには、継続が大切。早く声を合わせて歌える日が来ますように。

 

|

« 来日中止になったフィンランドの少年合唱団 * 休校前のブルックナーコア | トップページ | 20Kinderliederのアルバムから ”Guter Mond” »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

maaさま、
フローリアン少年合唱団は聴いたことのないのですが、団員たちが各自ポーズを取り溌溂とした歌声の動画は元気が出ますね。団員君たちのご自宅がどこも素敵なお住まい~。今やみなさん靴を脱いで室内過ごすのが定着してるんですね。
そしてファルンベルガー先生がフロリアンで教えてらっしゃったのは初めて知りました。1977年ウィーンのブルックナーコアのコンサートで知っているファルンベルガー先生はピアノが素晴らしい指揮者さんでした。今のファルンベルガー先生のお姿拝見してあまりに古い思い出に苦笑してしまった。
2017年オーストリアのメルク修道院でウィーンコンツェントウスムジクスのバッハカンタータのコンサートを聴いたのですが、その時にフローリアン少年合唱団の指揮者さんから話しかけられました。テルツから招待されて聴きにきたとおっしゃってました。お若い指揮者さんでした。
そうそう、私は籠って布製マスクを作りました。へたっぴですが、maaさまのお手持ちがなくなったときにはお送りしますよ~。

投稿: エソラ | 2020年3月29日 (日) 13時10分

maa様
ちょっと前になりますが、パリ木の古い16㎜の動画がupされていましたよね?だいぶ古い動画でしたが、全編に流れている歌に聞き入ってしまいました。NHKの「歌のメリーゴーラウンド」や「みんなのうた」で歌われていた「君たちは太陽さ」という歌です。その時以来耳にすることはなかったので懐かしかったです。もう一つ、童謡集の中の「ミッシェルおばさん」も。
ザンクトフローリアンのファルンベルガー先生はお年を召されましたね?といっても、たぶん年齢は近いので、こちらも年をとったということなのですが。ザンクトフローリアンのコンサート、ずいぶん間が空いてしまいました。動画をありがとうございます。フローリアンの歌声、好きです。明るくて、のびのびしていますよね?久しぶりの歌声を聴いて、そろそろ来日してほしいと思いました。

投稿: ryo | 2020年3月30日 (月) 01時09分

>エソラさま
この状況ですから、ボーディングスクールは、ほとんど子どもたちを自宅に帰したでしょうね。でもこんな形で、私たちを楽しませてくれる。嬉しいことですね。
ファルンベルガー先生はWSK を離れてから、ずっとフローリアンです。このまま音楽人生を捧げるおつもりではないかと思います。
私もライブは知りませんが、ピアノがお上手なのですか?78年の来日ビデオを、また見てみますね。
ソプラノソリストだったアロイス君が残り、今はカウンターテナーとして、合唱に参加しているので、ちょっとカラーの違う演奏です。CD一枚しか持ってないので、大きなことは言えません。笑
マスク調達で早朝から並びました。並ぶことに賛否両論あると思いますが、様子見ながらやってます。あと15枚ほど残っていますが、もしもの時はお願いします。心強いです!

投稿: maa | 2020年3月30日 (月) 12時48分

>ryoさま
>
「君たちは太陽さ」というタイトルを知らなくて、でも歌はわかりました。個人的にはあの古い映画が気に入ってしまいました。
パリ木が来日したときのNHK「歌はともだち」の録画を友人が持っていたので、お願いして限定アップしてもらったことがありました。
http://natal.seesaa.net/article/414886992.html
WSKの「いつか来た道」と同じブログ主さんなのでお気づきだったかもしれませんが、当時のデルシーヌ神父のお元気な姿や、超絶甲高い声のパリ木が懐かしい動画でした。YouTubeには同じ時代の動画はたくさんありますが、NHKの番組はホール録音なのでやはり響きがあっていいなと思っていました。
フローリアンの歌はryoさまのおっしゃるとおり、明るくてのびのび!・・・WSKの50年代もこんな声のときがあったかなと思うことがあります。ファンルンベルガー先生がおいくつか考えたこともなかったけれど、確かにお兄ちゃんぐらいの感じですよね。やばいです。すごく上かと思っていたらそうでもない。笑・・・お元気なうちにまた日本に来てほしいです。私はフローリアンの生演奏は聴いたことがないので、是非ぜひと思います。

耳に残っている歌声っていいものですよね。それだけテレビでやっていたんだと、昔のテレビ番組も懐かしくて、お笑い中心の番組編成を少し変えてくれたらなぁ・・・と思う今日この頃です。

投稿: maa | 2020年3月30日 (月) 21時02分

フローリアンの愉快な動画をアップしてくれてありがとう。
ファンベルガー先生が、72年組のアングルベルガー先生の後を継いだトラベジンガー先生の次の指揮者だと知りました。
たった2年でフローリアンに行って、その後ずっとそこで指導なさっていらしたのですね。
最後はベルリンの男性アンサンブルが歌っていた「小さな緑のサボテン」と言う古い歌ですが、なんでこの動画に使われたのでしょう。
私の好きなベルリンの歌の一つなので動画が更に面白く感じました。

投稿: ponko310 | 2020年3月30日 (月) 23時39分

maa様
リンクを貼ってくださったので見てきました。「いつか来た道」と同じブログ主さんということですが、「いつか来た道」のブログがいくつかあって、見つかりません。でも、リンクをたどったブログの方は、パリ木の映像が見られてよかったです。そして、見ているうちによみがえったのです。私はテレビで、この映像を見ていたこと。デルフィーヌ神父を見ていたのです。ウーディ―さん以前に。あの歌声はまさにパリ木ですね?パリ木を見に行ったはずが、「いつか来た道」のビデオは持っているのに、動画に見入ってしまいました。マイヤー先生の指揮の繊細さ、シュタットマン君の豊かなボーイアルト。
行きたかったザンクトフローリアン修道院には、ブルックナーゆかりのパイプオルガンがありましたよね?ブルックナーファンの聖地のようになっていたと思います。ファルンベルガーさんは、そこでずっとオルガニストとして勤められて、専属の合唱団である聖フローリアン少年合唱団が毎週末?クリスマス?ミサを聴かせてくれるようですね?

投稿: ryo | 2020年3月31日 (火) 17時59分


>ponkoさま
>
いろいろな合唱団が趣向をこらして僕たち元気だよとメッセージしてくれているような気がしています。
アンサンブルで歌っているドイツの歌は、この動画の音源になっているフローリアンのCDに入っている曲なのよ。ドイツでは親しまれている曲なんですね、知らなかった。フローリアンは兄さんたちも歌っているからこんな感じです。
https://youtu.be/YX3x9wYYBCQ

ファルンベルガー先生は78年に来日しましたけど、いつからいつまでWSKにいたのかは知りません。たった2年だったのかしら?短かったんですね。

投稿: maa | 2020年3月31日 (火) 19時08分

すごい、サボテンの歌はフローリアンの兄さんたちの声だったのですね。
若い歌声が整っていて、嬉しくなりました。
これを歌ったベルリンのアンサンブルはコメディアンハーモニストと言って、1930年代に活躍した6人組の男性合唱団でした。
3人がユダヤ人だったためにナチによってに解散させられましたが、映画にもなっています。
歌声にうっとりしながらも、涙なしには見られない名画です。
ファンベルガー先生は77までの2年間ブルコアの先生でしたがその後83年までハイドンコアを指揮していらしたそうです。
ブルコアしか目に入っていなかったので、前のコメントは全くドジです。
失礼しました。

投稿: ponko310 | 2020年3月31日 (火) 19時47分

>ryoさま
>
この番組を見ていたんですね。わ~~❤ 記憶がよみがえるって素敵ですね~。いつか来た道もパリ木も、見たい見たいとお願いしてアップして頂いたんです。
ファルンベルガー先生のことを教えて下さってありがとう。エソラ様が「ピアノが上手なかた」と言われていましたが、St.フローリアン修道院ではオルガンをひかれていたんですね。クリスマスミサのことも知りませんでしたが、数年前のクリスマスにORFでオンエアする用のクリスマス動画を撮影して、YouTubeにもフローリアンの公式から載せていました。そのときの歌声が明るくて伸び伸びして、そのCDを持っていたのでよけいに感動でした。可愛らしい声でちょっと切なくなった記憶・・・
この曲が好きでした。https://youtu.be/_ueVzJwDLVQ

投稿: maa | 2020年3月31日 (火) 20時15分

maaさま、
ファルンベルガー先生は1977年にはブルックナーコアの指揮者としてヨーロッパツアー、78年にはハイドンコアの指揮者として来日したのですよね。79年にはウィーンではお見掛けしなかったですので、去られた時期だったのでしょうか。
ryoさま、
初めまして。ファルンベルガー先生はピアニストとして活躍できるほどの腕前とお聞きしていました。ザンクトフローリアン修道院のオルガニストとして勤められていたとのこと、大変納得いたしました。
こちらで色々素敵な情報得られて嬉しいです。

投稿: エソラ | 2020年3月31日 (火) 20時50分


>ponkoさま
>
サボテンの歌がそんなに古い歌だなんて、しかも映画になったんですって!その映画知りたいですね。もしわかったら、いつかponkoブログで記事にしてください。そのときは、このフローリアンの動画を使ったら、今の軽快で明るい歌声を皆さんにお届けできますね。←私からponkoさんへのリクエストです。・・・古い映画好きでないかたには、つまらないかしら。でもponko流の味付けなら、きっと良いストーリーになりそう。歌は生き続けますね。
ファルンベルガー先生は、ハイドンコアとして来日しました。それが78年で、そのコアにはヴィルト先生が団員としていましたよ。前後のことは知りませんが、83年までカペルマイスターだったんですね。そうすると87年の韓国公演動画は、フローリアンに移って、あまり時を経ていないころですね。
なんか思わぬ展開で、毎度のことですが、コメント欄の情報充実でうれしす!
サボテンアンサンブルで左端で歌っている青年は、元はソプラノ・ソリストですごい歌を歌う子でした。すごすぎてちょっと私はひいてしまうタイプでしたが、秘蔵っ子みたいに大切にされて、今はウンターテナーとして合唱団に参加しています。そんな形に整えたのもファルンベルガー先生の功績でしょうかね。

投稿: maa | 2020年4月 1日 (水) 17時41分

>エソラさま

ponkoさま情報でファルンベルガー先生の在籍期間がわかりました。83年まではいらしたようですね。
ここは本当に引き出しいっぱい、思い出もいっぱいの方が多いですから、ほぼコメントで盛られたブログと思って頂いていいくらいです。
St.フローリアン修道院でオルがニストをされていた日々、それから指揮者として35年かそれ以上ぐらいになるのかしら。
ファンルンベルガー先生がテルツのメルク修道院コンサートに来られていたと、エソラさまブログで書かれていましたね。そんな空間にいたことがないので、話題を共有して頂けただけでも楽しいです。

投稿: maa | 2020年4月 1日 (水) 18時09分

maa様
エソラ様
私、謝らなければなりません。聖フローリアン修道院のパイプオルガンはアントン・ブルックナーがずっとオルガニストを務めていて、ブルックナーのお墓は、パイプオルガンの音色の聞こえるところにあるそうです。そんなオルガンですから、敬虔なカトリック教徒で、許された人しか触れないそうです。聖フローリアン少年合唱団は修道院付属の合唱団で、ファルンベルガーさんがずっと聖フローリアン少年合唱団を育ててきましたから、ファルンベルガーさんはいつもではなく、特別な時にはオルガンに触れたと思います。そのことをどこかで読んだ記憶があってコメしたのですが、探したけど証拠が見つかりません。ごめんなさい。前のコメ、訂正させてください。
聖フローリアン少年合唱団の卒業生、すごいカウンターテナーです。この卒業生とアロイス・ミュールバッハー君が同一人物だとまったく気がつきませんでした。アロイス君は所属していないすばらしいボーイソプラノだと思っていました。私の好きなボーイソプラノの面々と比べると、迫力がありすぎるのですが、聖フローリアン少年合唱団の中で、ファルンベルガー先生に大切に才能を開花させてもらったのですね?アロイス・ミュールバッハーだったとは!

投稿: ryo | 2020年4月 2日 (木) 23時59分

maa様 ryo様
 「君たちは太陽さ」当時人気のあったエンリコ・マシアスが歌った曲で、65年にパリ木が共演してる動画もありますね。懐かしい曲です。
  https://youtu.be/vC73XoTWAJo?list=LLTHrY8tHS-u510mWYTAP3SA
 
 フロリアン少年合唱団はCDしか聞いた事ないですが、昔のWSKを彷彿とさせる歌声だと私も思ってました。ブルックナーゆかりの教会だったなんて知りませんでした。ファルンベルガー氏は80年代のWSKの録音にピアノを弾いてるものがありますね。

投稿: ヤマチャン | 2020年4月 5日 (日) 18時48分

>ヤマチャンさま
>
エンリコ・マシアスって名前を聴いたことがありますが、何を歌っていたか覚えていません。共演動画は拝見しました。教会音楽をやりつつ、ツアーとかでは楽しいものも歌っていたんですね。
フローリアンは、最近のCDしか知りませんが、コーラスの声は好きです。ブルックナーは大昔のウィーン少年合唱団でも活躍し、St.フローリアン教会でも活躍したのですね。そういえば、思い出しました。ドラケンスバーグ少年合唱団がフローリアン教会を訪問したとき、ブルックナーのお墓の前でLocus Isteを歌っていました。正式な演奏ではありませんが。https://www.youtube.com/watch?v=7aC-U8hGVFA

ファルンベルガー先生がピアノ演奏の録音ありましたっけ?あとで探してみます。WSKにも足跡は残されたんですね。

投稿: maa | 2020年4月 5日 (日) 23時45分

ヤマチャン様
エンリコ・マシアスという名前、聞いたことがあります。フランス人ですか?「君たちは太陽さ」みたいな感じの曲は、宗教曲と並ぶパリ木らしいレパートリーだと思っています。
maa様
ブルックナーはパイプオルガンの音色が聞こえるところにお墓を作ってもらったのですよね?ファルンベルガー先生のピアノ伴奏されている動画はよく見ますよ。今も芸術監督ですから。wskのカペルマイスターで来日した時は、ヴィルト団長もソプラノパートにいましたね?
maa様、私のコメントにもお返事くださったら嬉しいです。また忘れました?わけのわからないことばっかり言って、存在感薄いかも。

投稿: ryo | 2020年4月 6日 (月) 00時30分

>ryoさま
>
ごめんなさい。なんか、エソラ様宛てかなと思ってしまいました。
ブルックナーがミサで指揮をしていたころのエピソードが、69年発行のWSKの古い本にのっていましたね。どこだったかなと思ってさがしてみました。60ページのところです。「わしのチビども」とブルックナー先生は団員たちを呼んでいたらしい。チビども・・・それがどんなドイツ語なのかわかりませんが、微笑ましい話がまるまる1ページに書かれていました。
今、St.フローリアンにもチビども(sängerknaben)がいますから、ブルックナーは愛するオルガンの見える場所で幸せと思います。
78年は芸達者が多くてオペラもソロも上手でヴィルト先生はあまり目立たないですが、あの立ち位置は上手な子の場所ですよね。ビデオが残っている最古のコアなんだと気がつきました。
ここはマイナーブログで客人が少ないですから、ブログ主はときたまチェックを怠けてしまう。申し訳ない...m(_"_)m

投稿: maa | 2020年4月 6日 (月) 19時51分

ryoさま、
聖フロリアン修道院のパイプオルガンの存在すら存じ上げませんでしたので、こちらで教えていただきありがとうございます。ファルンベルガー先生の話題が出ただけで嬉しかったです。
maaさま、
私がメルク修道院でお会いしたフローリアン少年合唱団の指揮者さんはどなただったかよく解らないのです。画像で拝見するファルンベルガー先生はご年配に見えてしまいましたが(笑)、お会いした指揮者さんはもうちょっとお若かった気がするのです。曖昧で失礼いたしました。
イギリスで買ったヨハン・シュトラウスのワルツ集がファルンベルガー先生ピアノでした。ジャケットがビクトリアンの絵や団員の写真がコラージュされた素敵なデザインでした(もう持ってないのですが)。

投稿: エソラ | 2020年4月 6日 (月) 21時52分

maa様 
 ドラケンスバーグの映像ありがとうございます。ブルックナーのお墓初めて見ました。南アフリカの合唱団が追悼のために美しい歌声を響かせるなんて、棺の中でびっくりしていることでしょう。 
ryo様
 エンリコ・マシアスは確かアルジェリア系のフランス人だったと思います。当時のパリ木は「ラ・メール」のシャルル・トレネ、ミレイユ・マチューなどと共演してますね。テレビ番組での共演がたくさんあったみたいです。60年代くらいからテレビ出演をきっかけに、ポップスも歌ってたんですね。

投稿: ヤマチャン | 2020年4月 7日 (火) 16時58分

>エソラさま
>ryoさま

ブルックナーのオルガンのこと、私も知りませんでしたし、そういえばブルックナーのお墓の前でドラキーズが歌ったことも、ふわっと思い出したものでした。ちょっと見たり聞いたりしたことって、何かきっかけがないと思い出せないものですね。ryoさまは、どこでそんなエピソードを読まれたのですか?
エソラさまがメルク修道院でお会いになった指揮者さんは、ファルンベルガー先生ではなくて、きっと後継者の若いカペルマイスターだったのでしょうね。私も詳しくは知りませんが、・・・あっ、そんなに若くはないですが、YouTubeにある台湾のコンサートで指揮をしているのは、ファルンベルガーさんじゃないかただったと今思い出しています。← いいかげんでスミマセン。
余談ですがメルク修道院のテルツの演奏は、ネットで聴きました。メガネをかけた3人の童子の1人が抜群に上手で(すでに名前を忘れています。サインもらったのに・・・)、テルツの歌のレッスンには何か秘訣でもあるのじゃないかと考えてしまいました。

投稿: maa | 2020年4月 7日 (火) 21時53分

>ヤマチャンさま
>
あのツアーには友人が同行しており、歌うまでの話を聞いたか読んだかしたのですが、忘れてしまいました。でも確か誰かが歌おうよと提案して始まったような気がします。自治力が強い合唱団なので。ああいう形でブルックナーのお墓を見る機会はめったにないですよね。

>ryoさま

パリ木のポップス力は、このあたりから培ったものかもしれませんね。教会音楽から始まり指揮者も神父さまでしたが、例えば先日ご紹介した古い映画やフランスの歌手たちとの共演で、新境地を開いたかもしれません。アルバで歌う宗教音楽と、半ズボン&ハイソックスで歌う世俗の音楽・ポップスというコンサートの構成も、こうして作られたのかなと思いました。

投稿: maa | 2020年4月 7日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来日中止になったフィンランドの少年合唱団 * 休校前のブルックナーコア | トップページ | 20Kinderliederのアルバムから ”Guter Mond” »