« 気分をかえて | トップページ | WSKの新しい録音 »

2020年4月27日 (月)

バーチャルでも声を合わせれば・・・。

 

ღ♡~ღ♡~ღ♡

 

「Let me call you sweetheart」・・・恋人と呼ばせて・・・オリジナルは1911年だとか。ビング・クロスビーとか、パティ・ペイジが歌っています。ちびっ子ギャングというアメリカの古いドラマの中では、アルファルファがこの歌を歌っていましたっけ。70年代初期には、ニール・ヤングがアルバムのなかで挿入歌みたいに使っていました。

たぶん一定の年齢以上のアメリカ人は、みんな知っているんだろうなと思います。アメリカのナツメロですね。

そんな古い甘々の歌を、アメリカン・ボーイズ・コーラスが、オンラインで歌っていました。

 

 

 

もうひとつアメリカのナツメロ。

When I grow too old to dream・・・夢見るころを過ぎても・・・これはリンダ・ロンシュタットのアルバムに入っていて大好きになりました。もとは1930年代のヒット曲です。

その後いつだったか、90年代かな?・・・NHKのドラマのエンディングに使われていたことがありました。

カエルのカーミットと一緒に、リンダが歌っています。セサミストリートなのかな?パペットたちのコーラスもちょっと可愛い。

この曲を初めて聞いた時は20歳ぐらいだったけど、今はリアルにこの歌の歌詞がわかりますね。はは・・・

 

ღ♡~ღ♡~ღ♡

When I grow too old to dream
I’ll have you to remember
When I grow too old to dream
Your love will live in my heart

ღ♡~ღ♡~ღ♡

 

 

ღ♡~ღ♡~ღ♡

 

そしてスペインからモンセラ。

再生回数は今朝2000回ぐらいだったのに、今みたら2万回を超えていました。

これはまた、敬虔な信者たちの数でもあるのでしょうか・・・

スペインもコロナではたくさんの人々を失くしていますが、この日4月27日はモンセラートの守護聖母の祭典があるそうです。この状況下ですから、オンラインでお祝いに参加しているということです。

幼子をお膝に置くマリア像が、45秒ぐらいのところで映されています。

Nigra Sum はパブロ・カザルス(カタルーニャ語でパウ・カザルス)の曲から。

 

 

 

英語のアナウンスバージョンもあります。映像は同じですが、子ども達のメッセージが、こちらは英語字幕で表示されます。

 

 

 

夕食前には、再生2万3000回だったのですが、今3万8000回になりました。世界中の人が見ているんですね。皆さんもそのひとりです。

ღ♡~ღ♡~ღ♡

 

|

« 気分をかえて | トップページ | WSKの新しい録音 »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気分をかえて | トップページ | WSKの新しい録音 »