« 岡江久美子さんを偲んで | トップページ | オンライン・コーラス*ウエストミンスターそして、やっとWSK♡ »

2020年5月 6日 (水)

オンライン・コーラス*さらに続く

 

o*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o

 

Stay home・・・の連休は、私の場合今日でひとまず終了です。

まだしばらくは辛抱の生活が続きますが、コンサートの代わりにWSKの新しいCDを買えたし、まだ届きませんがエスコリアル(王立修道院少年聖歌隊)の童謡集みたいなCDも買いました。スペインの童謡やトラディショナルな歌のCDです。

労働もたくさんして一日おきに筋肉痛で腰を曲げていました。でもスイレン鉢を掃除中にヤゴ(トンボの幼虫)を見つけて感激。メダカは相当減っていましたが、なぜならヤゴが食べちゃう・・・とは言え、トンボがうちの小さいスイレン鉢に、タマゴを産みつけていたことが嬉しかったです。ヤゴ3匹もいたんですよ!シオカラトンボみたい。

それからアマゾンprimeで「鬼滅の刃」のシリーズ1、22話全編を見ました。噂どおり面白いです。ただ鬼をやっつけるというのではなく、主人公の炭治郎は人に優しく鬼にも憐れみを捨てず、その描写にほろりとさせられました。

続きをコミック本で読むかどうか・・・ですね。今のところ登場人物の名前をルビなしで読むのが至難。当て字のような漢字、未だにほとんど読めない。主人公は竈門炭治郎(かまど たんじろう)、妹は禰豆子(ねずこ)。

 

o*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o

 

ヴァーチャル合唱やオケがどんどんアップされますね。何を歌うか、選曲の妙がそれぞれにあります。

オペラやミュージカルのプロの力はすごいので圧倒されますね。

今日はドラキーズと、レーゲンスです。

 

o*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o

 

 

 

上手すぎて体が揺れてきます。カリフォルニアの水不足の際に対応して作られた曲だそうです。

リズムに狂いがなく、後半のファルセットも勢いがあって、2004年~5年ごろのBig Fiveを彷彿とさせました。

Big Fiveは当時のドラキーズの精鋭メンバーで作ったユニットで、アカペラサウンドを子ども達5人で作り上げていました。そりゃもう、うまい!

動画の説明を読んだら、そこで歌っていたチャド君がベースギターとミキシングで参加していることがわかって感激。

最後は告知も忘れず、ボタンをポチってチャンネルを登録して寄付もできます。サポーターになってねという学校からのお願いもありました。

これから南アは冬に向かいます。コロナは乾燥した寒い冬に猛威を振るいます。

どうか元気に過ごしてほしい。あの山々が彼らを守ってくれますように。

 

o*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o

 

レーゲンスは可愛い曲を選びました。団員だけでなく、1000人で歌うというミッションです。子どもからお年寄りまで大勢が参加しました。

ドイツの誰もが歌えるというだけでなく、英訳の歌詞を読んだら最後の一行で、「そうなんだ・・・」と自分一人納得しました。

♬ weil ich hier bleiben muss.

  ⇒  because I have to stay here.

お家にいましょう。気持ちは小鳥に託してねというメッセージを送っていたのかなと。英訳サイトがありました。

https://lyricstranslate.com/en/kommt-ein-vogel-geflogen-bird-flies-me.html

 

Kommt ein Vogel geflogen

 

 

o*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o

 

 

|

« 岡江久美子さんを偲んで | トップページ | オンライン・コーラス*ウエストミンスターそして、やっとWSK♡ »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

Drakensberg boys choir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡江久美子さんを偲んで | トップページ | オンライン・コーラス*ウエストミンスターそして、やっとWSK♡ »