« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日)

ウィーンが舞台の映画「17歳のウィーン」 & いつもの天使の歌声

映画「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」予告

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

ウィーンを舞台にした作品のご紹介です。

https://17wien.jp/#:~:text=%E6%9C%AC%E4%BD%9C%E3%81%AF%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%93%E3%81%AA%E6%BF%80%E5%8B%95,%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%AD%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%80%8D%E3%80%82

 

7月24日公開ですが、その時にBunkamuraまで行かれるかどうか、なんとなくまだ不安があります。もう3か月市外行ってない。県外どころか、市内だけで暮らしています。

映画館も再開しましたが、実際客席がどんな状況なのかなと思って・・・。

でもこの映画は見に行きたいと思っています。ブルーノ・ガンツの遺作だそうですね。がっしりした無骨な男のイメージがあるけれど、年取りましたね。でもこんな渋い枯れぐあいが、葉巻の煙にあってる。

映画の中ではフロイト教授です。精神科医で心理学の人。夢分析の人。

ブルーノ・ガンツは、「ベルリン天使の詩」のおじさん天使が強烈でした。厚ぼったいウールの長いコートを着て背中に大きな翼をつけた天使が下界を見下ろしている。壁のある頃のベルリンでした。そして人間の女性に恋をして最後は地上におりる。人間の男になる。

そうしたら急に普通のおじさんに見えてくる不思議。公開当時はベルリンのことは知らず、その少し後に壁が開いたときも、ただ驚きの目でニュース映像を見つめていたものでした。

改めてベルリン天使の詩を見たら、また違った印象になるでしょうね。

ブルーノ・ガンツは、トマーナが学校まるごと出演した「飛ぶ教室」や、アメリカ少年合唱団が舞台になった「ボーイソプラノ・ただひとつの歌声」にも出演していました。

「17歳のウィーン 」には原作があります。「キオスク」という作品、私は読んだことはありませんが、世界大戦前夜のウィーンと最晩年のフロイトがどんなふうに描かれるのか・・・・・。ドイツ語の映画ですから、それもいいね。

日本でのタイトルというのは、たいてい説明的です。ウィーン、17歳、フロイト、人生・・・・殺し文句4個も入れてしまったので、原作のキオスクとは何ぞやと思えてきますが、ウィーンに来た17歳の主人公は、たばこ屋さんで働いていました。作家にとってはそれがキーワードだったのですね。映画の原題はDer Trafikant・・・・たばこ屋。

 

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

下書きのまま放置していた記事があったので整理合体させてみました。なので鮮度は無いです。

今日の合唱音楽はエル・エスコリアル、スペインの王立修道院付属少年聖歌隊です。

 

 

 

私にとっては、ジャケ買いのトップに君臨する合唱団です。すごく上手かというとそうでもないのですが、親しみと可愛さがあり私は好んで聴いています。天使の歌声には超絶技巧は必ずしもいりません。ただ心地よく澄みきった声で歌ってくれたらそれでいい。

オペラとかオラトリオのソロをやるとなると、大人に負けない声量と技術が必要ですが、私程度の「耳」と「歌が好き」な趣味人間には、とびぬけた技量よりも、愛すべき声であることがいい。

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

 

 

たまたまこのソリスト君が在籍した2003-2006頃は、クリスマスのCDが一枚あるきりです。あ、と思ったら、フォーレの小ミサがありましたが、そのCDのソリスト欄にはクレジットされていませんでした。

Francisco Javier Rodríguez Braojosという長い名前です。今はテナー歌手として古典音楽を得意としているそうです。

興味本意で聴いてみたテナーが清澄で圧がなくいつまでも聴いていられる声、細見のシルエットも好みだったので(ス、スミマセン・・・💣)貼ります。

 

 

 

フランシスコ君は今、そしてこれからもテナー歌手としての生業で生きていきます。ボーイソプラノ(アルト)だったころは、ほんの数年間の少年時代にすぎない。

でも彼のソロ声は当時ピカイチだったらしく、あがっている動画は少なくない。

その動画をたどって、こうして現在の歌唱を聴きました。Coro Victoriaという合唱団で歌ってるとか。

 


Aurtxoa Seaskan(El niño bonito)


YouTubeがあってよかった。

この歌はバスク語なんですね。それをスペイン語に翻訳したサイトがありました。

子守歌のようです。

♫可愛い男の子はゆりかごにいる、とても暖か白いシーツの中、おばあちゃんがその子にいう、可愛い坊や、おやすみおやすみ♫・・・そんな感じの歌でした。

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈  *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ 

 

追記:事務連絡

アーティスト招聘元のtwitterで読んだのですが、今回のコロナ禍により多くの公演がキャンセルになっており、チケット払い戻しをされた方も多いと思います。また中には払い戻し辞退を意思表示された方もあるでしょう。

このたび払い戻し辞退を寄付金として扱い、税額控除の対象にする制度が新設されるそうです。

ご参考にされてください。新たに寄付をするとなれば迷いもあると思いますが、すでに払ってしまったお金であれば多少気持ちも違います。余裕があれば芸術やスポーツ関係者への支援という形で、払い戻し辞退も選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

https://blog.freelance-jp.org/20200411-8264/

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈  *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ 

 

 

| | コメント (2)

2020年6月20日 (土)

少しずつ動き出しています

 *❤:゚⌒*:゚❤*⌒*:゚❤* 

 

先週、東京新聞の記事リンクを載せました。

そのときプールで歌っている画像がありましたね。いつ撮影したのかわからなかったのですが、オーストリアのメディアからも映像公開されたのでシェアします。

ウィーン少年合唱団もどうやら、制限のある中で練習を始めたようです。(戻ってきた団員たちは3分の2ほどだそうです。)

 

 

 

通常なら一日2時間の練習が必要ですが、それは大幅に縮小されています。でも無いよりはいいと言っています。子どもたちもこれまで覚えたことを忘れちゃうんじゃないかと不安だったようですが、ともあれ校内のプールでこれだけ距離を置けば飛沫も防げると思います。

 

少し内容は異なりますが、ZIB Nachtというニュース番組でもウィーン少年合唱団を取り上げインタビューもされています。すでにYouTubeに上がっているこのスピード感。chormusic TVさんのお仕事ぶりに拍手です。

 

ブルコアのフィリップ君が新人の団員とゲスト出演していました。

 

 

プールの映像も少し構成が変わっているので、ORFのリンクを入れておきますから、そちらでご覧ください。一週間くらいは視聴可能と思います。

https://tvthek.orf.at/profile/ZIB-Nacht/13890328/ZIB-Nacht/14055747

 

これがORFのスクショですが、まず上のリンク先に飛んでください。そこでサムネイルをクリックすると、例えばプールの画像を選ぶと、その番組を見ることができます。

プールとインタビューは続けて見られますよ。

Orf00000

 

スマホの聞き違いでなければ、フィリップ君は毎月5€をお小遣いから寄付しているみたい・・・・・❤❤❤

WSKのサポートは一回きりと毎月と二通りあります。金額は5€、10€、50€、100€、または自分設定があります。1000円前後で毎月という選択もあるし、一度にある程度の寄付をすることもできるわけです。

こうしてマスコミで取り上げられる回数が増えれば、「世界」という窓を開けたときには、実は彼らがウィーンやオーストリアを代表する存在なのだということが周知される。

番組キャスターとヴィルト先生の話は長すぎて、早すぎて、スマホは降参しました。でも・・・勘違いかな?文化省の助成金のありかたに、ちょっと良い風が吹いてきているかもしれない。

あとセキルンの山荘の話題が出ていましたね。映像があったからね。それをどうしようと言うのでしょう?

あの山荘はオールドな時代の先達が長いことかかって、自分たちの力で手に入れたものです。それはどうか、なくさないでほしい。

 

 *❤:゚⌒*:゚❤*⌒*:゚❤* 

 

元モーコアのルイス先生は、ご自分のSNSでWSKへの支援を訴えて下さっています。モーコア時代の写真をアップして、

The Vienna Boys Choir needs your support! Be a donator.

www philanthoropy.wsk.at

とコメントを書かれています。ウィーンを離れて一年以上たつのに、教え子たちを思う気持ちに打たれます。また一方では故郷のブラジルがコロナ禍で多くの死者を出していることにも心を痛めておられました。

 


「ニシュカ・バニャ」  2018年1月ビョルマダン図書館にて  

 

 *❤:゚⌒*:゚❤*⌒*:゚❤* 

 

 

パリ木からメールで「ありがとう」の動画が送られてきました。

元メンバーで副所長を務めるヴァンサンさんの挨拶に始まり、「MERCI」と書いたカードを持った子どもたちがリモートでつながっていました。子ども達が本当に可愛いのと、合唱団は続くということが嬉しかったです。

 

Merci002 Merci001

 

信愛なる友へ

限りない感謝の気持ちをもって、今日あなたにお伝えします。
「信頼と希望:パリ木は死なない。この危機から回復して継続するでしょう!」
これは3月15日の寄付要請後に、寄付をした方から受け取ったメッセージです。

彼は正しかった!

 

 

 

 

 *❤:゚⌒*:゚❤**:゚❤* 

 

 

 

嬉しいことに40人の新人を新学期に迎えることができるそうです。まだコロナが終息したわけではありませんが、多くの支援と新しい団員たちがいて、パリ木は歌い続けるでしょう。

 

*❤:゚⌒*:゚❤**:゚❤*

 

| | コメント (2)

2020年6月14日 (日)

♫オンラインでコンサート♬リベラ

..-* 🎀 ..-* 🎀  ..-* 🎀


リベラのことはあまり知らないので、綺麗な声だけ聴きましょう。

6月6日イーリー大聖堂で予定されていたコンサートがコロナ禍で中止になりましたが、その日「Apart But Together」というリモートのミニコンサートがYouTubeで無料配信されました。

日本では午前3時半だったので、日曜とはいえリアルタイムでは難しい時間帯ですが、好きな人にとってはどんな時間でも幸せを呼びましょうね。起きて聴いたかたもあったと思います。

背景映像の礼拝堂はイーリーの大聖堂ですね。

 

私は今ごろ聴いています。

来日するたびに名前を友人から教えてもらい、そのうち忘れ、また来日すると覚えなおす。

反芻する機会がないからすぐに忘れちゃう。3回繰り返すと何人か定着しますが、ようやく覚えたころ卒業です。

 

..-* 🎀 ..-* 🎀  ..-* 🎀

 

「アベマリア」歌っているのは、タイグ君かな。この太い眉毛の天使くん、あ・・・・・なんてきれいな声・・・と思いました。細くて頼りなげな声が琴線に触れる。

 

 

 

O for the Wings of a Dove」

 

これは久々の王道のボーイソプラノでした。リベラを少年合唱団とは思わないけれど、それぞれ個人的には小中学校に通ってプライベートに学校で歌っていたりもするでしょうから、根っこのところで少年合唱の基本を持っているということを思い出しました。普通に教会で歌う少年像としてすごく素敵です。ドミニク君。

 

..-* 🎀 ..-* 🎀  ..-* 🎀

 

Deep Peace」

 

このソリスト君たちの名前は全員となると、ちょっと難しい。去年のプログラム見ても、難しい。ポッチャリめの僕はベン君、カバー画像の彼はネオ君、すっかり成長しましたね。

最初のソロの声が好きです。聞き入ってしまう。

 

「Total Prise」

 

 

私はこのサイズだとほとんど個別の名前はわからないのですが、new boyとold boyが参加して時間を超越した豪華なリベラサウンドになりました。

ひいき目なしに、ここ数年間で最も充実しているのではないでしょうか。ソリストのレベルが高いだけでなく、声に個性があってそれぞれに魅力があります。ミニコンサートは6曲でしたが、どれも素敵でした。配信は無料ですが、リベラも支援を求めています。

https://libera.org.uk/?p=13662

全曲の通しはこちらです。24分19秒
メンバーのMCもあり、メイキング映像はメチャ楽しくカワイイ。

1. Total Prise
2. Deep Peace
3. O for the Wings of a Dove
4. Ave Maria
5. Smile
6. Joyful, Joyful, We adore Thee

https://www.youtube.com/watch?v=oX3-YQTL50s&feature=youtu.be

 

ところでこの秋に予定されていたリベラの日本ツアーは中止になり、来年の10月に延期されます。チケットはそのまま有効で、都合つかない場合は払い戻しをしますということなのです。来年の10月って未来すぎて見当もつかないけれど、払い戻しで主催元はまたお金が必要になります。なのでそのまま持っておこうかと思います。

私、生きていないとね。Deep peaceを歌っている子、一年3か月後もソプラノで歌っているかな・・・

 

..-* 🎀 ..-* 🎀  ..-* 🎀

 

ウィーン少年合唱団は特設サイトが更新されました。10月の東京公演のチケットも来月には発売されますね。

コロナで演奏会のキャンセルのためWSKの運営資金が大きな損失を受けていることは、日本のニュースサイトでも記事にされていました。そこにプールで練習している写真がありました。小さい写真で誰なのかはわかりません。いつの撮影なのかも不明。

東京新聞さんの画像が他より若干大きめでした。(それでも小さい)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/34646

 

マクシミリアンⅠ世にさかのぼる522年の歴史は、オーストリアが国の文化として守ってくれるのが理想ですが、アウガルテンは合唱団だけでなく教育機関でもありますから、簡単には解決できないのでしょう。引き続き支援の輪が広がりますよう。

https://philanthropy.wsk.at/

 

..-* 🎀 ..-* 🎀  ..-* 🎀

 

Mozartchor_schubertchor-800x411
Mozartchor + Jonathan (どうしてヨナタンがいるんだろ?)

 
オーストリア国歌

..-* 🎀 ..-* 🎀  ..-* 🎀

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

アドルフ・フレドリクス少年合唱団*ポズナン・ナイチンゲール(ストリグロシュ合唱団)

* დଓ  * დଓ * დଓ  * 

 

爽やかに歌う少年合唱がtwitterにアップされていたのでチェックしたら、6月6日はスウェーデンのナショナルデーでした。

そこで歌われたのがアドルフ・フレドリクス少年合唱団(Adolf Fredriks Gosskör)によるスウェーデン国歌。YouTubeにも同じ動画がありました。白Tとジーンズなんてさわやかコーデのお手本で、これを着こなせる青春が美しい。最近蒸し暑い日本にも初夏の風が吹いてくるようです。

 

 

 

スウェーデンはコロナ対策として世界では珍しい集団免疫という方法をとっています。なので外出規制もマスクもなし。ですが現状では集団免疫には程遠いらしい。(確か集団免疫は60%ぐらいが理想と聞いた。)・・・学校はどうなのでしょうね?

この合唱団は2016年に音楽祭があって来日し、その時に都内で学校コンサートがあり聴きに行きました。

その時の記事は、http://pommier.cocolog-nifty.com/pointvirgule/2016/07/adolf-fredriks-.html

こんな国際交流も、今はまだ渡航制限がありますからできません。

ビジネスに限って徐々に解除していく方向だと聞きました。ただし出発国でPCR検査を受けた証明書必携、滞在中の行動先、さらに検疫も厳しい。

そういえば、検疫という英単語を今さら覚えました。英語とは縁のない人生で、使ったこともなかった。日本語だって検疫なんてあまり使わない。海外からの持ち込み禁止を調べるときぐらいです。「quarantine」検疫、隔離、疫病などから隔離するという意味で、最近はself-quarantineで、自粛という使われかたもあるんですね。日本ではリモート収録と言うけれど、YouTubeを見ると隔離というquarantineがたくさんありました。


 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

 

ポズナンの公式から美しい歌声がアップされています。

最近の写真を使っているので新しい声かと思ったら、録音は相当古かった。ソリストはDominik Czernikとエンドロールにクレジットされていました。今はテナー歌手として活動しています。

ポーランド語のシューベルト。無理くりドイツ語で歌わないところがかえっていいな。柔らかくのびやかな子守歌です。


Śpiew słowika というCDに収録(2003年リリース)

 

 

 

画面の字幕は、団員クンたちが撮影した場所の説明のようですね。最初が大学講堂でのコンサート。ポズナンのあちこちを案内してくれています。

 

HPを見ていたら、彼らの映画があることに気づきました。1965年です。

これですが、ビデオは見つからなかった。マイナーすぎてポーランドでしか知られていないよう。 どこかに歌のシーンだけでもないものか。これからの課題ができました。 ⇒ http://www.slowiki.poznan.pl/www/corobimy.php?id=6

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

 

母の日には、こんな動画もありました。登場する女性は団員くんたちのママかもしれない。この歌は直訳すると「良いママだから」となりました。ソロが可愛らしい声で惹かれたけど、曲のことはよくわからない。ポズナンのHPはディスコグラフィーがしっかりしていて、1954年のレコードから2019年のCDまで収録曲も載っていますが、この曲はなかったなあ・・・。もしか、今年の母の日のために録音したのだろうか?

指揮者が現役のWielochさんという方の名前なので、録音は新しいと思われます。この歌すごく好き。

 

 

 

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ *

 

最後にWSKからの再び寄付のお願いが公開されていました。残念ながら演奏はありません。ドイツ語と英語との2パターンでどちらも映像は同じですが、あえてドイツ語のほうを選びました。なぜならコメント欄にコルス・ヴィエネンシスからのものがあり、それが印象的だったから。

YouTubeに行ってコメント欄まで読んでください。ドイツ語の意味は自動翻訳でも充分です。きれいごとみたいに思われるかもしれませんが、コルスに残って歌っている元団員たちは、やはり自分たちの少年時代を懐かしみ尊び、存続を願っているのです。

ヴィルト先生も冒頭におっしゃっているように、本来なら日本公演や各地での演奏会があるはずでした。日本ツアーは終盤の佳境に入る時期でもありました。

 

 

 

個人的にはヴィルト先生のスピーチだけでなく、団員クンのビデオがあったほうが訴えるなと思えますが、先生一人ということはまだ学校は再開していないということですね。

そうよね。

でも演奏が一番。2016年ブルコア、ロベルトのアヴェマリア独唱で〆めたいと思います。ポツダムのニコライ教会はロビーめちゃ狭いですが、内部は素敵です。

ブルックナー来れますように。

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ *

 

 

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

| | コメント (10)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »