« "Smile" チャップリンの名曲 | トップページ | ♫オンラインでコンサート♬リベラ »

2020年6月 7日 (日)

アドルフ・フレドリクス少年合唱団*ポズナン・ナイチンゲール(ストリグロシュ合唱団)

* დଓ  * დଓ * დଓ  * 

 

爽やかに歌う少年合唱がtwitterにアップされていたのでチェックしたら、6月6日はスウェーデンのナショナルデーでした。

そこで歌われたのがアドルフ・フレドリクス少年合唱団(Adolf Fredriks Gosskör)によるスウェーデン国歌。YouTubeにも同じ動画がありました。白Tとジーンズなんてさわやかコーデのお手本で、これを着こなせる青春が美しい。最近蒸し暑い日本にも初夏の風が吹いてくるようです。

 

 

 

スウェーデンはコロナ対策として世界では珍しい集団免疫という方法をとっています。なので外出規制もマスクもなし。ですが現状では集団免疫には程遠いらしい。(確か集団免疫は60%ぐらいが理想と聞いた。)・・・学校はどうなのでしょうね?

この合唱団は2016年に音楽祭があって来日し、その時に都内で学校コンサートがあり聴きに行きました。

その時の記事は、http://pommier.cocolog-nifty.com/pointvirgule/2016/07/adolf-fredriks-.html

こんな国際交流も、今はまだ渡航制限がありますからできません。

ビジネスに限って徐々に解除していく方向だと聞きました。ただし出発国でPCR検査を受けた証明書必携、滞在中の行動先、さらに検疫も厳しい。

そういえば、検疫という英単語を今さら覚えました。英語とは縁のない人生で、使ったこともなかった。日本語だって検疫なんてあまり使わない。海外からの持ち込み禁止を調べるときぐらいです。「quarantine」検疫、隔離、疫病などから隔離するという意味で、最近はself-quarantineで、自粛という使われかたもあるんですね。日本ではリモート収録と言うけれど、YouTubeを見ると隔離というquarantineがたくさんありました。


 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

 

ポズナンの公式から美しい歌声がアップされています。

最近の写真を使っているので新しい声かと思ったら、録音は相当古かった。ソリストはDominik Czernikとエンドロールにクレジットされていました。今はテナー歌手として活動しています。

ポーランド語のシューベルト。無理くりドイツ語で歌わないところがかえっていいな。柔らかくのびやかな子守歌です。


Śpiew słowika というCDに収録(2003年リリース)

 

 

 

画面の字幕は、団員クンたちが撮影した場所の説明のようですね。最初が大学講堂でのコンサート。ポズナンのあちこちを案内してくれています。

 

HPを見ていたら、彼らの映画があることに気づきました。1965年です。

これですが、ビデオは見つからなかった。マイナーすぎてポーランドでしか知られていないよう。 どこかに歌のシーンだけでもないものか。これからの課題ができました。 ⇒ http://www.slowiki.poznan.pl/www/corobimy.php?id=6

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

 

母の日には、こんな動画もありました。登場する女性は団員くんたちのママかもしれない。この歌は直訳すると「良いママだから」となりました。ソロが可愛らしい声で惹かれたけど、曲のことはよくわからない。ポズナンのHPはディスコグラフィーがしっかりしていて、1954年のレコードから2019年のCDまで収録曲も載っていますが、この曲はなかったなあ・・・。もしか、今年の母の日のために録音したのだろうか?

指揮者が現役のWielochさんという方の名前なので、録音は新しいと思われます。この歌すごく好き。

 

 

 

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ *

 

最後にWSKからの再び寄付のお願いが公開されていました。残念ながら演奏はありません。ドイツ語と英語との2パターンでどちらも映像は同じですが、あえてドイツ語のほうを選びました。なぜならコメント欄にコルス・ヴィエネンシスからのものがあり、それが印象的だったから。

YouTubeに行ってコメント欄まで読んでください。ドイツ語の意味は自動翻訳でも充分です。きれいごとみたいに思われるかもしれませんが、コルスに残って歌っている元団員たちは、やはり自分たちの少年時代を懐かしみ尊び、存続を願っているのです。

ヴィルト先生も冒頭におっしゃっているように、本来なら日本公演や各地での演奏会があるはずでした。日本ツアーは終盤の佳境に入る時期でもありました。

 

 

 

個人的にはヴィルト先生のスピーチだけでなく、団員クンのビデオがあったほうが訴えるなと思えますが、先生一人ということはまだ学校は再開していないということですね。

そうよね。

でも演奏が一番。2016年ブルコア、ロベルトのアヴェマリア独唱で〆めたいと思います。ポツダムのニコライ教会はロビーめちゃ狭いですが、内部は素敵です。

ブルックナー来れますように。

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ *

 

 

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

|

« "Smile" チャップリンの名曲 | トップページ | ♫オンラインでコンサート♬リベラ »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

中東欧の合唱団」カテゴリの記事

北欧の合唱団」カテゴリの記事

コメント

maa様
爽やかなスウェーデンの少年合唱団の歌う姿に本当に優しい風が気分を癒やしてくれる感じをいただきました。ありがとうございます。
そして読み続けていくうちに(ブログの今回のタイトルにすでに胸が高鳴りました)、懐かしいポズナニの制服と歌声。そしてその歌声とともに優しい笑顔を思い出して目頭が熱くなリました。ストゥリグロシュ先生 いつも優しく肩を抱いてお話して下さいました。
maa様 ありがとう!先生が亡くなられたのは6月15日八年前でした。おかしなことに昨日はPonkoさんのお部屋で昨日お誕生日だった大切な友のお話をしたばかりだったのですが、今日は亡くなられたのは大切な先生を思い出させていただきました。明るいお話じゃなくてごめんない。でも、ポズナニの歌声は素晴らしい思い出とともに私を癒やしてくれました。大好きな歌声です。
今年は思わぬ試練の年になりましたね。世界中の様々な合唱団がともに歌うという楽しさを奪われ、その歌声に癒しを求める私達からも大切な時を奪われてしまいましたね。私達に出来る事ってなんでしょうね。ヴィルト先生がおっしゃっておられるようにこの困難を乗り越える小さな力の一つにでもなれたらと思案中です。

投稿: ek | 2020年6月 7日 (日) 22時21分


>ekさま、こんばんは。
>
スウェーデンの国歌を初めて聞きました。この季節にぴったりの旋律ですね。
ストリグロシュ先生の命日を思い出させて頂き、どうおありがとう。
ポズナンのコンサート予定など見て、今年が先生の生誕100年、そしてヨハネパウロⅡ世も同じく生誕100年ということを改めて認識し、それを記念してコンサートが行われるんだと知りました。
6月15日に亡くなられたことは失念しておりました。今日記事を書いたのは偶然なのでしょうが、先生を近くに感じられて嬉しく思います。もうひとつのポズナンスキーと混同されやすいので、あえてストリグロシュ合唱団と書きました。HPにもそのような表記がありましたので。確か先生が19歳のときに創設されたのですよね。私はこの目とこの耳でライブの音を聞くことはできませんでしたが、今の演奏も変わりないと信じています。いつか日本に来てくれることを願っています。
亡くなった人のことを思い出すのは、決して悲しいばかりではありません。ekさまの思い出は宝ですからね。私まで豊かな気持ちになります。それを糧に前を向いて歩いているのですよ。
今年の試練はどこの合唱団も団員たちも、その壁を乗り越えるのが大変です。ヴィルト先生は小さな支援にも感謝しますとおっしゃってますね。私たちは殆どみな、日々をやりくりして生活しています。エンゲル係数よりもコンサート係数が異常に高いことをのぞけば、本当に質素に暮らしています。大きな力にはなり得ませんが、後で後悔しないようにと思っています。
共に歌える喜びを、今世界中の人たちは望んでいますよね。

投稿: maa | 2020年6月 7日 (日) 23時49分

ポズナンの動画をアップしてくれてありがとう。
この子守唄は素敵ですね。
ポーランド語のシュやシャの発音もそれほど気にならないで聞けます。
私の書きたい事をekさんが書いてくれたので、ロムしないためにちょっと口を挟みました。
WSKの保持はコロナに負けて欲しくないですね。
本当にコロナを恨みます。

投稿: ponko310 | 2020年6月 8日 (月) 20時37分

 久しぶりにポズナン取り上げてくださり嬉しいです。
二番目の曲はお持ちの69年来日記念盤にも入ってますよ。ショパン作曲の「乙女の願い」です。当時の歌声と変わらず素敵ですね。ストリグロシュ氏以来の伝統が受け継がれているのですね。
 シューベルトの子守歌のソロは69年で「夜」やシューベルトの「アベマリア」を歌ったカミエンスキ君の声に似ていて懐かしさがこみ上げてきました。ekさんが彼の来日時の思い出話を以前書かれてましたが、私は彼の歌声が大好きでした。子供なのにどこか大人びた憂愁ののようなものが感じられて、音楽的にも深みのある歌声のように思いました。ekさんによると、声変わりが近くて思うように歌えてなかったとか…。
 あれから50年以上経ち、想像もしなかった事態に直面しています。先日テレビで新日本フィルがオンラインで「ウィリアム・テル」序曲を演奏しているのを見ましたが、奏者一人一人の真剣さと思いにあふれていて感銘をうけました。それは世界中の音楽界が直面していることで、どうか皆さんが、遠からず再びステージに立てることを願わずにはいられません。

投稿: ヤマチャン | 2020年6月 8日 (月) 21時48分

>ponkoさま、コメントありがと❤
>
ポズナンは1992年以来来ていません。シュトリグロス先生は92歳という高齢まで現役の指揮者でした。それはつい8年前のことなのに、来日の空白が長くて私は演奏を聴くことはできませんでした。私だけでなくポズナンの歌声を聞きたい方はたくさんいらっしゃるでしょうけどね。
このポーランド語のシューベルトを歌っているドミニク君は、独特なたおやかな声ですね。「声」そのものが、もう才能の一つなのね。
今ね、ヤマチャンさんのポズナンのレコードにコメントを書いていたポーランドの方のチャンネルにあった、1962年のレコード録音を聴いています。https://youtu.be/mYR19bSJ4DA

コロナのせいでエンタメ業界はさんざんなことになっています。演奏したい人がいて、それを聴きたい人がいるのに、コンサートができない。ここまでひどいことになるなんて、誰が予測していたでしょうね。東京の歴史ある老舗が閉店したり、名もない店は何も言えずに、静かに幕を下ろしたかもしれない。
でも合唱団には歴史の年数だけのOBがいます。ファンもいます。乗り越えられるように祈っています。

投稿: maa | 2020年6月 8日 (月) 23時53分

maa様 
そして懐かしさがこみ上げて来たヤマチャン様
  
ポズナニナイチンゲールは日本への演奏旅行を楽しみにしていました。何度か来日公演の話が出たと先生からうかがったことがありました。時には話が進んでいるとの事も。そのたびに、「日本の歌は何が良いかな?」って先生が聞いてこられました。楽譜をお送りしたこともありました。「練習に入ったよ」とお手紙書いてきて下さり、双方「会える時を楽しみにしています」と何度書きあったことか…。 今は先生はいらっしゃらないですが、ポズナニナイチンゲールはきっと変わらずにヤマチャンさんのお好きなカミエンスキー君ような maaさんのお好きなバルトシュ君の様な素敵なソリストの歌声と深みのある合唱を聴かせれくれると思います。来日してほしいですね。

投稿: ek | 2020年6月 9日 (火) 00時14分

>ヤマチャンさま
>
なんと69年のレコードは、第1曲目にこの曲がありました。気づかずに恥ずかしい。
ヤマチャンさんもekさんも、遠い昔にやってきた美しい声のboysの名前までちゃんと覚えていて、昨日のことのように感じます。

オンラインで無観客ステージを配信してもらえたり、歌手のかたの中には、自宅から弾き語りをしてくださるかたもありますね。森麻季さんはご自宅から、FBで何度もピアノを弾きながら歌っていらっしゃいました。
ウィーンフィルは、楽器演奏中に奏者の息がどれくらい広がるかを検証する動画を作っていました。その時はフルートが一番拡散しましたが、それでも75cmでした。どこの国も、どのアーティストも、コンサートの再開を願っています。ヤマチャンさんの暖かいコメントを奏者のかたにも伝えたいです。

投稿: maa | 2020年6月 9日 (火) 00時56分

>ekさま
>
先生とは楽しいお手紙のやりとりがあったのですね。時代が変わっても、先生が不在になっても、合唱団はきっと同じ気持ちでいてくださると思います。
なんかこうしてお話していると、ますますポズナニナイチンゲールのコンサートに行きたくなります。ショパンの曲も他の合唱団ではなかなか聞けないですものね。先日HPでディスコグラフィーをチェックしていたら、バルトーシュ君のソロを聴けるCDが93年にもう一枚ありました。日本で買えるかどうかわかりませんが、探してみようかと思います。

投稿: maa | 2020年6月 9日 (火) 01時16分

maa様
このお部屋と映画「天使と悪魔」(笑)のおかげでスコラの歌声とナイチンゲールの歌声を懐かしく聞き入ってしまっていました。スコラは静かに穏やかに流れ 壮大な大聖堂の空間の中で一人で聴き入っている気になり、ナイチンゲールの歌声は時には愛らしく 時には荘厳に ため息をついてしまうほどの懐かしさで一杯になってしまっています。ナイチンゲールさん達の歌声は、ヤマチャンさんがおっしゃっていたようにソロを担当した少年達は素敵でした。そして乙女の願いのアンジェイ君 子守歌のロムアルド君のソロを支える少年達の歌声と男声合唱で力強いポーランド気質を感じることが出来るように思えます。もちろんヤツェック君の何とも言い難い歌心いっぱいの歌も大好きです。
maa様が新しく見つけたとおっしゃるCDは、どんな曲が収録されているのでしょう。その頃レコーディングされたもので私の手元に有るのは(先生が贈って下さったものです)、ルネッサンスイタリアとポーランドルネッサンスの楽曲でSebastian z Felsztyna の"アレルヤ アヴェ・マリア"やPalestrinaの"スタバト マーテル" Croceの"ヴォチェ メア"等13曲収録されたものです。これにはバルトシュ君も参加しているはずです。Ponkoさんはドイツ語の歌をお好みのようですが、ヘンデルのメサイアをナイチンゲール君たちがドイツ語で歌った物もあるんですよ。英語で聞き慣れたメサイア。ナイチンゲール君たちは日本ではポーランド語で歌っていましたけどね(笑)。

投稿: ek | 2020年6月 9日 (火) 16時30分

>ekさま
>
ナイチンゲールの来日時のお話などは、私の脳細胞がプクプク活気を増して、明日は人一倍生き生きとしそうです。

>そして乙女の願いのアンジェイ君 子守歌のロムアルド君のソロを支える少年達の歌声と男声合唱で力強いポーランド気質を感じることが出来るように思えます。もちろんヤツェック君の何とも言い難い歌心いっぱいの歌も大好きです。

コメント欄は文字色を変えられないのですが、本当は青く目立つように太字にしたいです。「乙女の願い」が母の日に使われた曲だったのですね。あの軽やかなピアノはショパンでしたか。

私が見たのはHPの録音一覧です。
http://www.slowiki.poznan.pl/www/corobimy.php?id=1
これは左側にリリースされた年が入っているのでわかりやすく、バルトーシュ君は92年と93年のクリスマスアルバムにソリストとしてクレジットされていました。93年のほうは聴いたことがありません。ポーランドのクリスマスキャロルも、ドイツや英国圏とちょっとちがっていいですね。
ルネッサンスイタリアとポーランドルネッサンスの楽曲は、「Chants liturgiques des Renaissances italienne et polonaise」というのが92年のところにありますね。この時代に日本に来ていたのですよね。
ポーランド語の歌唱も私にとってはエキゾチックに聞こえて、メサイアの珠玉の名曲はどんなニュアンスになるんだろうと思います。


投稿: maa | 2020年6月10日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« "Smile" チャップリンの名曲 | トップページ | ♫オンラインでコンサート♬リベラ »