« 少しずつ動き出しています | トップページ | 梅雨空の週末、大雨は大丈夫ですか? »

2020年6月28日 (日)

ウィーンが舞台の映画「17歳のウィーン」 & いつもの天使の歌声

映画「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」予告

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

ウィーンを舞台にした作品のご紹介です。

https://17wien.jp/#:~:text=%E6%9C%AC%E4%BD%9C%E3%81%AF%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%93%E3%81%AA%E6%BF%80%E5%8B%95,%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%AD%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%80%8D%E3%80%82

 

7月24日公開ですが、その時にBunkamuraまで行かれるかどうか、なんとなくまだ不安があります。もう3か月市外行ってない。県外どころか、市内だけで暮らしています。

映画館も再開しましたが、実際客席がどんな状況なのかなと思って・・・。

でもこの映画は見に行きたいと思っています。ブルーノ・ガンツの遺作だそうですね。がっしりした無骨な男のイメージがあるけれど、年取りましたね。でもこんな渋い枯れぐあいが、葉巻の煙にあってる。

映画の中ではフロイト教授です。精神科医で心理学の人。夢分析の人。

ブルーノ・ガンツは、「ベルリン天使の詩」のおじさん天使が強烈でした。厚ぼったいウールの長いコートを着て背中に大きな翼をつけた天使が下界を見下ろしている。壁のある頃のベルリンでした。そして人間の女性に恋をして最後は地上におりる。人間の男になる。

そうしたら急に普通のおじさんに見えてくる不思議。公開当時はベルリンのことは知らず、その少し後に壁が開いたときも、ただ驚きの目でニュース映像を見つめていたものでした。

改めてベルリン天使の詩を見たら、また違った印象になるでしょうね。

ブルーノ・ガンツは、トマーナが学校まるごと出演した「飛ぶ教室」や、アメリカ少年合唱団が舞台になった「ボーイソプラノ・ただひとつの歌声」にも出演していました。

「17歳のウィーン 」には原作があります。「キオスク」という作品、私は読んだことはありませんが、世界大戦前夜のウィーンと最晩年のフロイトがどんなふうに描かれるのか・・・・・。ドイツ語の映画ですから、それもいいね。

日本でのタイトルというのは、たいてい説明的です。ウィーン、17歳、フロイト、人生・・・・殺し文句4個も入れてしまったので、原作のキオスクとは何ぞやと思えてきますが、ウィーンに来た17歳の主人公は、たばこ屋さんで働いていました。作家にとってはそれがキーワードだったのですね。映画の原題はDer Trafikant・・・・たばこ屋。

 

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

下書きのまま放置していた記事があったので整理合体させてみました。なので鮮度は無いです。

今日の合唱音楽はエル・エスコリアル、スペインの王立修道院付属少年聖歌隊です。

 

 

 

私にとっては、ジャケ買いのトップに君臨する合唱団です。すごく上手かというとそうでもないのですが、親しみと可愛さがあり私は好んで聴いています。天使の歌声には超絶技巧は必ずしもいりません。ただ心地よく澄みきった声で歌ってくれたらそれでいい。

オペラとかオラトリオのソロをやるとなると、大人に負けない声量と技術が必要ですが、私程度の「耳」と「歌が好き」な趣味人間には、とびぬけた技量よりも、愛すべき声であることがいい。

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈

 

 

 

たまたまこのソリスト君が在籍した2003-2006頃は、クリスマスのCDが一枚あるきりです。あ、と思ったら、フォーレの小ミサがありましたが、そのCDのソリスト欄にはクレジットされていませんでした。

Francisco Javier Rodríguez Braojosという長い名前です。今はテナー歌手として古典音楽を得意としているそうです。

興味本意で聴いてみたテナーが清澄で圧がなくいつまでも聴いていられる声、細見のシルエットも好みだったので(ス、スミマセン・・・💣)貼ります。

 

 

 

フランシスコ君は今、そしてこれからもテナー歌手としての生業で生きていきます。ボーイソプラノ(アルト)だったころは、ほんの数年間の少年時代にすぎない。

でも彼のソロ声は当時ピカイチだったらしく、あがっている動画は少なくない。

その動画をたどって、こうして現在の歌唱を聴きました。Coro Victoriaという合唱団で歌ってるとか。

 


Aurtxoa Seaskan(El niño bonito)


YouTubeがあってよかった。

この歌はバスク語なんですね。それをスペイン語に翻訳したサイトがありました。

子守歌のようです。

♫可愛い男の子はゆりかごにいる、とても暖か白いシーツの中、おばあちゃんがその子にいう、可愛い坊や、おやすみおやすみ♫・・・そんな感じの歌でした。

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈  *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ 

 

追記:事務連絡

アーティスト招聘元のtwitterで読んだのですが、今回のコロナ禍により多くの公演がキャンセルになっており、チケット払い戻しをされた方も多いと思います。また中には払い戻し辞退を意思表示された方もあるでしょう。

このたび払い戻し辞退を寄付金として扱い、税額控除の対象にする制度が新設されるそうです。

ご参考にされてください。新たに寄付をするとなれば迷いもあると思いますが、すでに払ってしまったお金であれば多少気持ちも違います。余裕があれば芸術やスポーツ関係者への支援という形で、払い戻し辞退も選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

https://blog.freelance-jp.org/20200411-8264/

 

♥═━┈┈ * ♡═━┈┈  *  ♥═━┈┈ * ♡═━┈┈ 

 

 

|

« 少しずつ動き出しています | トップページ | 梅雨空の週末、大雨は大丈夫ですか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

フランス・ベルギー・スペインの合唱団」カテゴリの記事

コメント

どうもありがとう。
この記事を読んで、見たい映画が増えました。
2018年に制作されているので、もうすぐドイツのテレビで見られると思いますが、予告編が素敵なので、アマゾンのprimevideoで30日間無料で視聴出来るそうですから、それを試してみたいと思います。
ベルリン天使の唄も見たには見たのですが、どうも内容が暗くて好きになれませんでしたが、壁の開いた現在ではきっと好ましく懐かしい映画だと思います。
あの映画にはコロンボが出ていたとは気が付きませんでした。
スペインの合唱団。ほっそりしたフランシスコ君、すてきですね。
maaさんの好みがわかった。

投稿: ponko310 | 2020年6月29日 (月) 22時48分

>ponkoさま
>
日本ではこれから公開の映画なのでamazonプライムで見られませn。ベルリン天使の詩も、作品リストを見たけど無料じゃありませんでした。ベルリン天使の詩が公開されたころ、こだわりの強いスノッブな感じの映画館がはやって、暗っぽい作品がたくさんありました。だからベルリンが特段暗いとは感じなかったけど、今見たら途中でギブかな・・・笑
amazonプライムはお試し期間のあと、キャンセルするの忘れずにね。

マッチョより華奢が好きです。ポッ❤

投稿: maa | 2020年6月30日 (火) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少しずつ動き出しています | トップページ | 梅雨空の週末、大雨は大丈夫ですか? »