« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月26日 (日)

北欧の透明感

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

この連休も大人しくしていました。都内のことをニュースで見ると、渋谷の映画館まで行く勇気が出ず、「17歳ウィーン」を見られるかどうかわからない。土曜日は先着100人だったか、マンナーをもらえたんですよ。普通なら朝いちで飛んでいくんだけど、今回は臆病風が吹いてあきらめモードでした。

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

昨日は北欧の少年合唱団の歌を聴いていました。デンマーク発、コペンハーゲン少年合唱団・・・という単純な日本語でいいのかどうかわかりませんが、Københavns Drengekor(Copenhagen Royal Chapel Choir) です。

ロイヤルなんですね。王立教会合唱団というべき?
HPにいろいろ書いてありました。自動翻訳でも充分に伝わります。
https://kdk.dk/presentation/?lang=en

 


コロナ以降の社会的健康的距離をふまえた形で、今はミサをしているんですね。でも見たところ信者の姿は見えない。リモートで配信しているだけのようです。

「Sommarpsalm」は、スウェーデンの夏の讃美歌だそうです。

夏の・・・と季節を限定しているので、どんな歌詞なのか気になりました。北欧の国にとって夏は特別だと思います。

https://www.sommarlovet.se/lyrics/sanger-pa-skolavslutningen/en-vanlig-gronskas-rika-drakt-sommarpsalm/

スウェーデン語ですが、パソ子の翻訳でもなんとか雰囲気は読み取れます。

 優しい緑豊かな衣装  という題名がついていました。昔のイギリスの詩みたいだね。

 

 

 

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

この合唱団はブリテンのキャロルの祭典を録音していました。ディスコグラフィーを調べてみたところ、初出は1953年のレコードと思われましたが、HPの歴史の欄に1952年英国に招かれて「キャロルの祭典」を演奏し、54年にレコーディングしDECCAからリリースされたと記載がありました。ま、そんくらいの時代・・・

それを新しい時代になって再リリース、もしか再々リリースとかしている気がします。なんとなく古さが伝わってくる歌唱ですが、50年代のパワーっていうのか日本は欧米文化に追いつこうしていたし、ヨーロッパは大戦で失ったものを取り返すように音楽を楽しみ勢いのあった時代。戦争を体験した子どもたちもいただろうし、平和な世の中で好きなだけ歌えて海外まで行かれて幸せだったと想像されます。スーパー上手というわけじゃないですが、1951年にはウィーンのシュテファン聖堂でコンサートをやったそうですよ。

これはHPの歴史が書かれたページ。古臭いファッションのモノクロ写真を見ると、なんかキュンとしてしまうのです。健気な世代だからね。

https://kdk.dk/om/historisk/

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

キャロルの祭典の動画はたくさんありますがどれも同じ録音からのようです。最初の動画の画像が1953~54年ごろのジャケットで、音もそれなりです。でもこの音の方が正直ですね。

マリア様のジャケットCDはデジタル化された音源で鮮明です。別録音かと思ったけれど、このCDは大手通販でも出ていてやはり53年録音となっていました。

 

 

 

 

 

古い音の全曲

https://www.youtube.com/watch?v=ARt5gPLxzBE&list=OLAK5uy_kPEpEA_MOP6xe027AUbKATTu-JTUju--A

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

ニーダロス大聖堂少年合唱団はノルウェイですが、このたび初めて真剣に北欧の地図を見て位置関係を確かめました。

デンマークとスウェーデンは、海峡ひとつで一番近い部分は4~5kmしか離れてないですね。スウェーデンの鉄道が海峡を越えてデンマークまで延長されているそうです。 音楽には関係ないけど。

ノルウェイはスウェーデンの西隣りでフィヨルドのギザギザが海岸線を作っています。ニーダロスはオスロよりずっと北で、緯度はアイスランドと同じくらいに見えます。夏は白夜があるのだろうか。

 

最後は素敵なアヴェマリアを聴いてください。

月曜日以降、そろそろ梅雨もあけるでしょうね。そうしたら梅干しを干して、疲れたら紫蘇ジュースでも飲んで暑い夏を乗り切りましょう。そしてコロナ対策は続きますが、うつさないためにうつらない自助努力。Stay safeでお過ごしください。

最後まで読んでくださり、ありがとう

 

 

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

 

7月27日追記:WSKのこと。

オーストリアの政党のことは全然知らないのですが、国民議会のSPÖ(オーストリア社会民主党)のAlois Schroll という議員が、先日アウガルテンを訪問しています。そしてウィーン少年合唱団への支援を政府に働きかけると言っているそうです。これが結果朗報となるといいのですが。

https://www.ots.at/presseaussendung/OTS_20200724_OTS0014/schroll-fordert-rasche-finanzielle-hilfe-fuer-wiener-saengerknaben

全文ドイツ語ですが、自動翻訳でなんとかなります。

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

7月29日追記

https://www.ots.at/presseaussendung/OTS_20200728_OTS0075/schule-der-wiener-saengerknaben-wird-bildungsanstalt-fuer-darstellende-kunst-bild?fbclid=IwAR3QKd_JE2zzWnuRDpSMqVzQHIsU-aAwmmZh3KLF-O34-qc4HSmHrOJCdnM

ウィーン少年合唱団が舞台芸術の教育機関として認められたというニュースです。同じ情報元なので、またしても全文自動翻訳の手を借りました。下の青い文字は、ふたつめのセクションに書かれていることです。

 

「私たちの目標は、ウィーン少年合唱団を可能な限りサポートして、研修生のアーティストのニーズに可能な限り応えられるようにすると同時に、若者が質の高い教育を受けられるようにすることです」とハインツファスマン教育相は語った。

 

ということは、合唱団も含めこの危機に国から支援を受けられると解釈していいのでしょうか?

20年間というのはヴィルト先生が助監督から芸術監督に就任し、合唱団を改革しなければと取り組んだ期間と等しい。記憶が定かでないけれど、2004年から外国籍の団員を正式に受け入れ、その後学校も男女共学にしました。ただし合唱団は男子のみを貫くということで当時ファンたちは納得したのじゃなかったかな。少年少女合唱団になったらもうコンサートに行かないとか言ってる人もいたくらいでした。

学校組織にしたことで団員たちは声変わりしても4年生の卒業までいられる。付属高校が併設され、希望者は付属に進学できるようにもなりました。

良い兆しであることを祈ります。

 

゜♫*。,。*゜♫*。,。*゜♫

 

| | コメント (2)

2020年7月18日 (土)

引き続き大聖堂のスズメさん

♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:. ♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:.

 

リモート合唱の中にレーゲンスの1000人のサポーターによる "Kommt ein Vogel geflogen"「一羽の鳥が飛んできて」の大合唱がありましたね。覚えていらっしゃいますか?

介護士からスーパーの販売員まで、コロナ禍で人のために働くすべての方々へ感謝の気持ちを示そう・・・という声かけでスタートした募集キャンペーンでした。 今日改めて見てみたら、リモートで歌っている人の中に、前回の記事に登場したテナー歌手のミュラーさんがいましたよ。

最初の9コマの中で右下の角にいるかたが、88年に来日したメンバーのひとりミュラーさんでした。← この発見を言いたかった。

 

 

♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:. ♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:.

 

今日の本題は次の動画です。今年の4月にアップされていたものですが、昨日まで気がつかなかった。

カラーフィルムで豪華にプールで泳いでいるけど、私服ではレーダーホーゼの半ズボンの子もいる ← ちょっと野暮ったい。

タイトルが「CHOR DER WELT」・・・64年組のビデオと同じです。そしてオープニングクレジットにはHans Schremsの名前があったので、60年代初期~中期と思われました。

指揮者のハンス・シュレムスは、69年にドナウ川にかかる橋から転落し亡くなったそうです。55年のその生涯をまとめた記録本の告知をするFBがありました。テオパルトさんは叔父なんだそうです。

前置きが長くなりましたが、ヤマチャンさまのおかげで古い時代のことを知る機会になりました。

この動画はそれなりに古いけどカラーで綺麗です。曲目は聞いたことのある民謡や歌曲ばかりで、超絶おすすめの歌声でした。ウィーン少年合唱団の "Lieder unserer Heimat" のLPとか同じころの録音だし、南ドイツ~オーストリアの歌、聞こえる歌が皆懐かしい。

そして動画には感動のラストがありました。ふふふ感動というか、私にとっては驚きのラストでした。

 

♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:. ♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:.

 

しばらくの間、この動画にくぎづけです。

 

 

 

boysだけでう歌う「お星さまいくつ」、デュエットが可愛い。

 

♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:. ♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:.

 

Dsc_52000000
昔のレコードジャケットのスズメさんたち

 

エンディングのソリスト君、実はよく見ると最初の画面にもいました。💦

でも思わず話しかけていました。「君か!」

 

♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:. ♡*゚¨゚゚・*:.❤*゚¨゚゚・*:.

 

| | コメント (6)

2020年7月12日 (日)

がっかりな週末であまり書くことがない(T_T)

♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘

 

エンニオ・モリコーネさんが亡くなりました。91歳でした。

私が子どもの頃にはすでにマカロニウエスタンとかの音楽で活躍していた方ですが、80年代のニュー・シネマ・パラダイスが一番好きでした。

 

 

 

映画技師役のフィリップ・ノワレがよかったですね。大人になったトト役のジャック・べランは、コーラスにも出ていました。JPモニエ君が大人になったときの姿。ひとりひとりの役者さんが皆素敵でした。

この頃に観た映画はどれも忘れがたく、DVD買ったり借りたり、後年見返したものが多い。

ミツバチのささやき、ダウン・バイ・ロー、イル・ポスティーノ、マルセル2部作、バグダッド・カフェ、ギルバート・グレイプ、アリゾナ・ドリーム・・・etc

 

♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘

 

映画ミッションの「ガブリエルのオーボエ」の美しい旋律にサラ・ブライトマンが感動し、歌わせてほしいと懇願したと聞きました。

そうして生まれた「ネラ・ファンタジア」、私たちもパリ木やWSKの演奏で、この曲を少年合唱のレパートリーと位置付けるようになりました。

ボードゥアンの2010年のソロ。合唱団の団員たちは声楽の基本でまっすぐに歌います。そこが心に響きます。

モリコーネ氏のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘

 

先日発表されたウィーン少年合唱団の来日公演中止。

秋までにコロナが収まるか、心なしか不安に感じるところもあったので、この決断はやむを得ないと思いました。オーストリアは多少落ち着いたようではありますけれど、東京近辺は決してそうではないし、国としての渡航制限もあります。どこまで解除されるか確かなところがわからない。

来年なら大丈夫なのかって、それも今はわからないです。

ただ台湾公演は、もしか大丈夫かもしれないですね。台湾ではもう2ヶ月以上感染者が出ていないと思います。もともと台湾は春節前の英断で封鎖しちゃったから、世界で唯一というくらいコロナ対策では成功している国です。マスク対策も万全で国外持ち出し禁止措置やIT大臣の実行力もすごかった。

NHKの報道は、夕方のニュース番組もBSも、だいたい内容は同じでした。

ブルックナーを取材していましたが、学校は再開したものの寄宿舎と食堂はやっていないそうです。なので通えない人は親元にいて、アウガルテンにいるメンバーは25人中その時は14人でした。昼食はどうしているんだろう?お弁当持ちかな。

ナタナエル君がリモートでPC画面に写っていました。マノロ先生が教室から彼に指導をして、リモートの声と教室にいる子の声を合わせていました。すごい遠隔授業です。

ヴィルト先生はNHKの取材陣には英語で対応していましたが、資金繰りが大変なので、10月以降は従業員へのお給料にも窮するようになるとおっしゃっていました。

やはり国から援助してもらうのが、今は一番確かだと思われます。あとで少しずつ返すと言う形で、借入とかできないのでしょうかね。

日本公演が中止になった今、台湾公演に期待を寄せているそうです。子どもたちも同じです。

 

♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘

 

中止になったコンサートの払い戻しはWSKの支援にできます。自分もそんなに余裕ぶっこいている場合じゃないのですが、コンサートに行ったつもりです。そうだ、8月に出るCDをコンサの代わりに聞きまくって、この時期を乗り切ろうではないか。

ファンクラブも何か、今のメンバー情報とか印刷物にしてくれたら嬉しいですね。東北地震のとき、来日できなかったブルコアメンバーの紹介パンフを、WSKの了解のもと、ファンに配布してくれました。その中の1人に去年ウィーンで会えたのでした。前年ホーフブルクのミサに行ったブロ友さんのことを、彼が覚えていたのですから。ご縁はきっとどこかでつながります。

もし校了の原稿がジャパンアーツさんにあるのなら、今回もファンクラブで会報にして頂きたく思います。CDと会報で、コンサートに行った気分に浸りたい。

 

♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘

 

 

 

英語キャプションをつけてくれた動画。世界中の人に伝わりましたね。コンサートあっての合唱団です。

そして歌うために入団した子ども達。

 

♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘ *♫♬♩༻☘

 

| | コメント (2)

2020年7月 5日 (日)

梅雨空の週末、大雨は大丈夫ですか?

 

追記:7月9日  お知らせ

残念なことですが、今年のウィーン少年合唱団の日本ツアーは中止になりました。公式来日公演アカウントtwitterです。

 

 

 

 

追記2:オンエア情報(ABC様コメントより)明日金曜日午後10時、NHKーBS1国際報道2020

http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/

地上波ではありませんが、この報道番組でも今回のウィーン少年合唱団の困難な状況を取り上げます。

 

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

最近はしとしと降る雨でなく、地面を穿つような音で雨が降ります。お住まいの地域は大丈夫ですか?

 

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

途中まで書いたシートをうっかり保存しないで閉じてしまいました。

卒業生に向ける言葉を書いていたのですが、こうなると同じ文章は書けないものですね。

卒業間近に起こったコロナパンデミック。でもこんな時でも14歳の未来は無限です。きっと子供たちも新しい世界を思い描いて夏休みを過ごすことでしょう。

土曜日の朝、寝っころがったままスマホの目覚ましを解除していたら、指が無意識にFBアイコンをはじいていました。画面に現れたのは海外の誰かがシェアしたブルコアのメンバー写真。

シェアされた映像は卒業式のほんの短いもの。後ろのほうの席から撮影したようでした。Muthの最前列に卒業生たちが並んでいる。呼ばれるとステージに上がって、卒業証書を受け取る。小さくて焦点のぼやけた画面からヴィルト先生とマノロ先生が判別できました。

それでしっかり目が開き、一日が始まったのでした。

 

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

卒業式は金曜日だったのかな。コロナで中断していた授業がほんの少し再開し、再び長い休みに入るんですね。

今年の卒業生は、ラース、ルイゾン、スコット、ダニエル、セバスチャン、ネイサン、ヤコブ、シュテファン、ガブ、ヤーノシュ、マテオ、ペーター、キイ、ヒュンセオ、ジヌク、シュンタロウ、ミルコ、オリヴィエ、ハーゲン、バレリアン、ドリアン、ジュリアン、フィリップ...かと思います。

この学年までは海外まで追ったコアもあり、わりかし顔も覚えています。この先はもうHPの写真を見ても本当にわかりません。この秋のブルックナーも昨年からの新人たちは全然わかりません。

 

その秋公演ですが、急遽チケット発売日が延期されてしまいました。

システム上の単純な問題であればいいと思います。でもコロナが関係していたとしたら、ちょっと厳しい。待つしかありません。

WSKは政府からの助成はまだ受けていないようで、10月以降の運営資金のためにも、日本公演を実現させたいと思うのです。損失の桁が億単位で、私たちの家計簿には出てこない数字。焼け石に水とわかっているけど、信じていないとね。

NHKのwebニュースでも合唱団の窮状を報じていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200704/k10012494981000.html

 

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

そんな中8月24日に新しいアルバムがリリースされます。

ここ、公式HP。

https://www.wienersaengerknaben.at/simplyclassical

 

タイトルは「Simply clasical」

録音は今年1月に行われたそうです。

サイト画面の右に並んだ収録曲をそれぞれクリックすると説明が表示されます。すごい!わかりやすいね。でもざっと書いておきますのでご参考ください。

 

1.Kyrie:ハイドンのネルソンミサからで、ソロがあります。

2.Mundo pax sincera:ヴィバルディで、これもソロがあります。

3.La Carita:ロッシーニ、テルツが歌っていた素敵な曲。

4.Der Gondelfahrer :オールドにはお馴染みのシューベルト。

5.Gute Nacht:シューベルト、アルトソロです。 Curt Faudon(映画シルクロードの監督)の映像音楽として録音したと解説にあります。その映画は結局撮影されなかったらしいけれど、ソロが素晴らしかったからフィーチャーしたそう。

6.Widerspruch:シューベルトの「矛盾」または「反抗」

7.Ave Maria - Angelus Domini:ビーブルのアベマリア、リモートで歌ってくれましたね。

8.Saren kowgaĵowxtmģoč:アルメニア民謡

9.Blondels Lied:シューマン

10.Die Capelle:シューマン「聖堂」去年ブルコアが歌った。

11.Proch dolor:ジョスカン・デ・プレ、マクシミリアン1世のための聖歌

12.Kaval sviri:ブルガリア民謡、カヴァル(羊飼いの縦笛)吹き、来日コンサでシューコアが歌っていた。

13.Ave generosa:オラ・ジェイロ (イェイロ)⇐ 限りなく美しい演奏と想像しています。

14.Ave nobilis, venerabilis Maria:カルミナブラーナから、たぶん曲はヴィルト先生のオリジナル。世界初の録音。

ソロありは、トラック1. 2. 5. 9
コルス参加は、トラック1. 11. 14

カペルマイスター:Manolo Cagnin, Jimmy Chiang, Luiz de Godoy, Manuel Huber, Oliver Stech・・・ルイス先生も参加している!

価格は18€ですが、消費税と送料がよくわからないので、8月24日にショップをチェックして確認してください。日本でも同時発売したらいいですね。

 

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

さて、今夜9:00~NHKーeテレのクラシック音楽館で2012年ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートが再放送されます。YouTubeにもあるしDVDも出ていますが、テレビでオンエアされるのは、なんか気持ちが変わってうれしい。

マリス・ヤンソンス指揮、ウィーン少年合唱団も歌います。

https://www.nhk.jp/p/ongakukan/ts/69WR9WJKM4/episode/te/KXQV9J4JJX/

 

 

 

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

レーゲンスの元指揮者ラッツィンガーさんが、7月1日に96歳という長寿をもって天に召されました。

録音物ではシュレムス時代のレコードが好きなのですが、遥か昔のものなので、音楽性が好きなのか当時の合唱そのものが好きなのか、自分でもよくわかりませぬなあ。ただYouTubeにあるこの映像で聴ける歌声が本当にきれいで、上品で正統派イメージのあるレーゲンスの合唱を未だ生で聴いたことがないので、いつか聴ける日は来るのだろうかと思う今日この頃です。指揮はラッツィンガー師。

 

 

 


メンデルスゾーン、3つのモテットより、Beati omnes

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

7月15日追記:1988年レーゲンス来日映像

Posted by Malte Müller

 

ググってみたら、動画を投稿したミュラー氏はレーゲンス出身のテナー歌手でした。

私は当時を知りませんが、シューべルトのセレナーデを歌っているソリスト君の顔立ちが、ミュラー氏のように思われます。

(忘れてしまったのですが、前にも同じことを書いているかもしれません。)

 

✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾ܤ✾

 

| | コメント (14)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »