カテゴリー「Boy treble」の記事

2017年10月15日 (日)

9月はミュージカルを楽しみました。ビリー&ネバーランド

しばらく書いてなかったので、頭の中だけの反芻ブログで、切り出し方を忘れてしまいました。

まぁ、出歩くこと多しの9月だったのですが、今まであまりチェックしていなかったミュージカルの世界に頭をつっこんでしまったのは我ながらびっくり。

ただし何でもいいという訳ではありません。

「ビリー・エリオット」も「ファインディング・ネバーランド」も、10歳から14歳の少年が主人公、またはキーワードになる設定。

テルツの「三人の童子」での来日も含めると、東京ではミラクルのそろい踏みでした。

note  note  note  note  note

ビリー・エリオットの主役は当初4人、その後5人になりました。その5人目の主役に抜擢された山城 力(やましろ・りき)君を、オーディションの頃から見ていました。

深夜番組の録画を友人がDVDにしてくれて、特集番組なども見ることができましたが、彼は立ち姿も目の輝きも、私には群を抜いて素晴らしく感じられたのです。

ビリーは2回行きました。一回目は先行抽選で実質2列目のセンターブロックという幸運でした。そのときの主役は木村咲哉君。

2度目はプレミア付きで売りに出されているような高値のチケットしかなく、予算の範囲内で2階席を購入しました。自分が行かれる日とリキ君がビリーを演じる日とを見比べ、ようやく手に入れたチケットでした。

いつも前方の席ばかり選び、表情までわかることをよしとしていた自分は、気持ち的には2階席に甘んじるという上目線の感じでした。ところがこの席がとてもよかったのです。確かにオペラグラスがないと、自分の視力にはきついですが、ステージ全体がわかり、客席の熱気もわかり、何より見下ろすから、視線に邪魔ものがない。これはポイントでした。

おちびなので、たいていは前の席の人の頭が気になる。帽子なんかかぶられていた日には、いらいらが爆発しそうになる。そのストレスがなかったのは最高。

エルトン・ジョンの曲はどれもいいですね。日本語に訳されていることに、聴く前は抵抗がありましたけど、全然! 全然違和感がなく、むしろダイレクトに言葉がつきささる感じでした。

DVDでロンドンのミュージカル版を見ていたので、あちらの主役ハンナ君が素敵すぎて、日本版に行く前はロンドンにはかなわないだろうという、しょうもない先入観もありました。

これも全然! そもそも比べる必要が無かった。日本版そのものが良いのです。
炭鉱町の出来事だからと、北九州の炭鉱町をイメージした言葉遣いも、いやそれはどうよと思っていましたが、聞いてみたら結構すんなり入ってきました。ようは地方都市で都会ではない。都会のロンドンに出るという意味をどうとらえるか、その伏線に役だっていました。

5人のビリーをコンプリートした猛者もいらっしゃいますね。同時にマイケル役も、デビー役も楽しまれているようです。私はそこまではとてもできなかったですが、マイケルは唯颯クンが気に入っていたので、2回とも彼でよかったなと思っています。イブキ君てすごいですね。たぶん、テ・ン・サ・イ 。天才だと思う。

咲哉クンとリキ君のビリーは、持っている個性が違うし表現も違う。しかも回数行った友人が言うには、同じ子でも日々違うし、毎回違うと言ってもいい。その中の、私はたった2回鑑賞したにすぎなかった。航世クンも晴翔クンも和樹クンも見ていません。

でも2階席で見たリキ君ビリーがとても好きでした。客席の感動に包まれ自分自身もその熱気の中で、スタンディングを続けました。楽しみにしていたカーテンコールはなく、それを察している客席ですが、一縷の望みをかけて拍手とコールを続けるのです。

やがて終演とわかって会場を出る人並み。それに目をやりながら席にすわると、今度はいつまでも立ち上がることができません。席と自分とが血管でつながってしまったみたいでした。

今までクラシック音楽では、ここまでの余韻を感じることはできませんでした。

これから大阪公演が始まります。大阪に行くことができる方は是非!と思います。

clover  clover  clover  clover  clover

もう一つのミュージカルは「ファインディング・ネバーランド」 ジョニー・デップ主演で映画化されたものが、さらにブロードウェイ・ミュージカルになりました。

ピーター・パンが生まれるまでというストーリーで、明るい内容ではないのですが、ブロードォウェイに行くと明るくなっちゃうのかな。友人曰く、グリーみたいだ!

私はグリーを良く知らないのです。また別の友達からは、「絶対DVD見て!なんなら全巻あるから貸すよ」と言われました。グリーは王道なんだね。自分、ミュージカルもド素人ですから。

何が素敵って、shine「金色の粉」 shineキラキラ光るステージが大好きでした。shine

上演中はネタバレになるから、人にも話さなかったけど、金色の粉をあびたいから2回行ったのです。妖精がいると思う人?と聞かれて、おもいっきり拍手をしたかったから、2回行ったのです。本当は何度でも行きたかったです。

子どもたちを演じた少年は6人いました。中で歌声が好きだったのはコナー君。表情が豊かで好きだったのはターナー君。兄弟は4人の設定なので、出演する子としない子が日替わりでいます。

洗濯物がかかったバックヤードで彼らが4人で歌ったり、劇中劇で芝居をするシーンもメチャクチャ楽しくて、なんか思い出したのが、ミニベンの「Ben's day」 。 元リベラのミニベンが、中世の騎士みたいなヒーローで一人芝居なの。笑えるんですよ。イギリスの男の子って、100年前もそうなのかな。マントひるがえしてお姫様を助けるみたいな。そういう演出が超可愛くて、ウクレレを弾きながら歌うのも素敵でした。

そのシーンのあと悲しいできごともあるのですが、どこもかしこも大好きで、悲しいというより懐かしく優しく、金色に輝く日々を思い起こさせてくれるんですね。

このミュージカルも、2階席がすごくよかったです。最初に見たときは1階の4列目ですごく良い席でしたが、左右に表示される電光の字幕が見づらくて、舞台全体も把握しにくい。金色の粉だけは至近距離で堪能しましたけどね。それとターナー君も近くで見られましたし、カーテンコールで撮影もできました。

それでも2階から見下ろす風景の方が好きでした。自分がピーターパンになった気分というか、ぶっちゃけ高いところが好きなんですね。キラキラも、両手を広げて歌っている人を見るのも、高いところからの方が気持ちよかったです。

スタンディングで何度も何度も出演者を呼ぶ会場の声を体感しました。もう出てこないとわかっていても、いつまでも鳴り止まない拍手。指笛やブラボーや、そんな会場の空気は細胞を動かしますね。

自分はもう不条理とかより勧善懲悪でいいと思います。シンプルに好きなものだけそばに置いておきたい。

宝くじでも当たれば、もっと行けたなあと貪欲な悪魔が耳元でささやきますが、現実として週末ごとに劇場に通ったり、遠出をして新しい仲間に出会ったり、ミュージカルつながりで旧友と再会もできました。心が熱く揺さぶられた9月だったのです。今ある自分は十分に幸せ者だと思います。

夏の終わりとともに夕暮れが早くなり、一抹の寂しさを感じる9月長月ですが、今年は良い音楽と良い出会いに恵まれました。秋の入口は金色に輝いていました。

shine  shine  shine  shine  shine

Dsc_0063_640x480

Dsc_0070_640x480B_dsc01250

shine  shine  shine  shine  shine

"When Your Feet Don't Touch the Ground"   一番好きな曲

| | コメント (4)

2017年2月26日 (日)

合唱団じゃない系

今日は書くことがなにもありません。

なぜなら今日の主人公のプロフィールがわからないから。

名前はIvan Shostov イヴァン・ショストフ   2011年前後がトレブルの時代のようです。

書くことはないのですが、このアベ・マリアで今日は癒され続けました。
忘れたいことはなかなか消えず、覚えたいことは入ってこない。覚えているはずなのに出てこないという現象もあります。引っ張り出せない記憶力・・・・・

❀´ ¸.☆¸.✿¸.•°*”˜ƸӜƷ˜”*°•.•.¸ღ¸☆´ ¸.✿´´¯`•.¸¸.❀´ ¸.☆¸.✿¸.•°*”˜ƸӜƷ˜”*°•.•.¸ღ¸☆´ ¸.✿´´¯`•.¸¸.


✿*゚¨゚✎・ Ave Maria  ✿*゚¨゚✎・ 


✿*゚¨゚✎・ Adeste Fideles ✿*゚¨゚✎・ 

ときどきこんな声の少年がいます。飾り気のない無垢のまっすぐな声が心を打ちます。

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

チャーリー君の歌

ドイツ語圏の子供たちとはかなり質の違う三人の童子の演奏がありました。

歌詞はドイツ語でも英国の少年たちが歌うと、ふわっとした感じに聞こえますね。そのことを書くつもりでしたが、注文したCDが届いてからにしようかと思って、YTをうろうろしていたら、普通の少年の普通でない素晴らしいアヴェ・マリアに遭遇しました。

名前をチャーリー君といいます。聖歌隊ではなさそうなんですね。まぁ、正直全然正体わからないんだけど、アマチュアって書いてあるから、そうなんだろうなあ。

まずは、グノーの「アヴェ・マリア」 聴いてください。モノクロだけど、2012年とのこと。オールド伝説の子じゃないので、ある意味安心してください。


あふれるような声量を持っていると思うのですが、それを少しずつ丁寧に声という形にしている。発声の加減が難しくて、ときどき不安定になるときの揺らぎが心地よいです。

王道のダニー・ボーイも歌っています。こちらの方が少年らしく可愛らしい。地声とファルセットが重なるゾーンの音程は、時に地声寄り、時に透明な天使の声で、二つの声を使い分けているわけじゃないと思うけど、結果として誰にもまねできない自分の歌になっています。



変声後はまだ大人になりきらない声で、女声との相性はいいようですね。でもトレブルの時のほうが自由にのびのびと声を出している気がします。

shoe  shoe  shoe  shoe  shoe  shoe

ここからは無駄話です。

昨夜はファン友情報で、ブルコアの香港公演のライブを、オンラインの中国のラジオ局で聴きました。ロベルトが歌った「アヴェ・マリア」を聴けるかもしれないと、若干の期待があったのですが、残念ながら放送はなかった。2015年に日本で歌ったときは、ハイソプラノではなく、見た目の華奢な雰囲気よりはしっかりした声だったと記憶しています。

ブルコアは「美しきイタリア」というテーマでツアーを続けています。今回のライブ放送でもたくさん歌われていました。「行けわが想い、黄金の翼にのって」や「ラ・カリータ」など聴きたかった曲ばかり。

アジアツアーに行ったファン動画を見ると、メシュー君はギターを、ロベルト君はバイオリンを背中に背負って会場に向かっている姿があります。

男の子が楽器を持つのって素敵ですね。胸キュンでござるよ、まったく。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

アクセル君のCDを聴きました

だいぶ前に届いていましたが、昨日やっとゆっくり聴くことができました。

P1060799_640x480

ゆっくり聴く前に洗濯物をほしている間も、アイロンをかけている間も、朝からずっとCDを流している感じでした。BGMにはもったいないほど、なんて気持ちの良い歌声でしょう!

CDには日本盤だけのサービスで、カバーというか、書籍でいえば帯のようなものがついていて、そこに収録曲の日本語タイトルが書かれていました。全部で18曲ありました。

前から知っているのに、アクセル君の歌で始めてその曲の美しさを感じたりといったこともあります。技術だけではない何かがあるんですね。それこそが天から与えられたギフトと言えるのかなと思います。

特にお気に入りは、
ヘンデルのオペラ「アルチーナ」から、「誰がおしえてくれるのか、愛しい父のいるところを」 Chi m'insegna il caro padre?
ごく最近テルツのエリアス君が出演し喝采をあびたので、オペラ音痴の私もYoutubeで見る機会がありました。舞台では大人と同等に歌いますから力強いものになります。でもアクセル君はあくまでもCD録音、そのせいか悲嘆にくれている少年の気持ちを情感たっぷりに歌っています。声の揺らぎで情感を表現できるってすごいことですね。

ヘンデルの「メサイア」から、「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」  How beautiful are the Feet of them
WSKのクリスマスアルバムでは、バスティアンとジーノ君がデュエットしている美しい旋律の曲ですが、ソロで聴くのも素敵ですね。

それからバッハのマニフィカートニ長調「そのはしための卑しきをも」
短い曲ですが、最初の一小節がマタイの最終章にちょっと似てるんですね。好きなメロディラインなので、それを彼のソロで聴けることが嬉しく思われる曲です。

モーツァルトの華麗なる選曲からも、アクセル君の自信と情熱を感じます。

今は一番のおすすめですね。是非CDを聴いて頂きたく思います。

paper paper paper paper paper paper

CDには収録されていませんが、メサイアから、Come unto him.

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

マイキー・ロビンソン君 リサイタル

Illust322

O0664096013679553017_2

10月23日(日) 会場: studio RiRiTa

  名古屋市  地下鉄鶴舞線 浄心駅下車8分

     ① 13時~     14時40分~  

    * 入場無  * heart02当日でも入れます!heart01

(クリックすると拡大されます)

note note note note note

  【プログラム】

1. Voi Che Sapete from Marriage of the Figaro - Mozart
2. Ave Maria - caccini
3. Mandoline - Faure
4. ふるさと(一回目)      浜辺の歌 (二回目)
5. 君をのせて
6. ピアノ演奏(ピアニスト:鋤柄 知里)
7. For the beauty of the earth
8. Roselein Roselein - Schuman
9. Bright eyes - Mike batt

**********

私も聴きに行きます。まだ席には余裕がありますので、マイキー君の歌声を是非聴きにいらして下さい。

詳しくはルイスさんのブログEternal Brightnessをご覧になって確認してください。

Illust322_2

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

マイキー・ロビンソン君のリサイタルが日本で開催!

ルイスさんの実行力には頭が下がります。

何の役にも立てないまま、マイキー・ロビンソン君(Mikey Robinson)のリサイタル開催が決定しました。

先日記事を書かせて頂いてから、まだいくらもたっていないのですが、今年10月に名古屋でコンサートを行う運びになりました。



Illust322

日時:  10月23日(日)  会場:  studio RiRiTa

           (地下鉄鶴舞線 浄心駅下車8分)

 

13時~     14時40分~    * 入場無  * 完全予約制 

会場は各回の30分前です。

2回公演のうち、どちらか希望の回を選んで、予約してください。

                                                  (先着順、締め切り10月10日)

コンサート終了後には、交流会も企画されているそうです。

詳しくはルイスさんのブログEternal Brightnessをご覧になって確認してください。

Illust322_2


東京方面からは、新幹線で名古屋下車 ⇒ 市営桜通線 2駅  乗り換え  ⇒ 市営鶴舞線 2駅で浄心に着きます。

日本では珍しいボーイソプラノのリサイタル、10月のとても良い時期ですから、是非遠方からでも足を運んでください。

ルイスさんに「ダニー・ボーイ」を聴きたいと、リクエストをしていたのですが、

マイキー君歌ってくれました。 まさか本当に願いがかなうとは!

| | コメント (0)

2016年5月28日 (土)

この声を日本の人にきかせたい マイキー・ロビンソン君

    note present note present note present note

私は日本の唱歌が好きです。美しい曲がたくさんあります。

ここ数年にわたって日本での大きな災害、そして復興という動きにより、図らずして「ふるさと」や「浜辺の歌」を聴く機会が増えました。

ここで「浜辺の歌」を歌ってくれている少年のことを、ファン友のルイスさんから伺いました。

のびやかで柔らかで、自然に体の中にはいってくる優しい響き。

マイキー・ロビンソン君といいます。今11歳!

ニューヨークで開催されたコンクールでは、この曲で1位になりました。

日本とイギリスとのハーフで、現在はシンガポールに住んでいます。

「浜辺の歌」は、日本のテレビチャンネルで地震で被害を受けた方のために歌われていたのを見て感動し、自分でも歌うようになったそう。

彼の夢は、「自分とゆかりのある日本で歌いたい」 ということ。

それにはまず日本で知ってもらわなければと、ルイスさんを始めとしてブログを持っている皆さんで、マイキー君のことを少しづつ記事にする動きがあります。

単にコンサートといっても、それは簡単なことではありませんが、もしどこかの人の目に触れて、ゲストとして招かれるとか、あるいは大人の歌手とのコラボという形だったとしても、それは第一歩になります。

「題名のない音楽会」とか、無理かなあ・・・ 招待して頂けないですか?

ルイスさんがマイキー君のお母様とやり取りをしていらっしゃいますので、詳しいことは    Eternal Brightness   をご覧になってください。 (クリックすると飛びます)

チャーミングな中にしっかりした意志を感じる表情の素敵な少年です。

当ブログは超マイナーブログと自認しております。ちからがないです(泣)

もしご自分のSNS等でマイキー君の話題を取り上げたいと思われる方があれば、ルイスさんにその旨をコメントして頂けたらありがたいです。

こんなに素晴らしい「ピエ・イエス」   

 

 

    note present note present note present note

 

ところで「浜辺の歌」ですが、今私たちが歌っているのは1番と2番のみ。多くの人は3番を知りません。いくつかの変遷があり戦後は3番は歌われなくなったそうです。

→  参考 http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000029407

マイキー君は3番までうたっています。よく聞いてみると、

  ♪はやちたちまち波をふき  ~

この歌詞が歌われるのをはじめて聞きました。

作詞者の意図はさておき、1番、2番だけだと、ただ浜辺の静けさと照る月の輝きや風の音を感じるばかりですが、3番で女性の存在が感じられ、「何かドラマがあったの?」という気持ちになりました。

100年も前に書かれた古い文体の歌詞。でもそれは美しい日本語であり、再認識する機会を頂けて別の意味で感動しました。

| | コメント (2)

2015年11月 8日 (日)

BBCラジオ2 2014年ヤングコリスター

イギリスBBCのヤングコリスター

昨年選ばれた二人のデュエットがありました。

女子がHelena Paishさん、男子がTom King君です。

ヘレナさんはクレディ教区教会で、トム君はギルフォード大聖堂合唱団で歌っているそうです。

デュエットですが、トム君のソロがなめらかで絹のようね。

(最初に入るご主人を亡くされたマダムの映像は、どういうつながりかよくわかりませんが、曲は12~3秒のところで始まります。)

♪ Make me a channel of your peace ♪

note note note 

この曲を聴くと、またあの無名のCameron Kirk少年の声が恋しくなります。

やっぱり好き。鈴をならしたような声。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

ヘンデルから

先日のBritish Columbia Boys Choirのソロ・デュエットアルバムは、全部が郷愁的で13歳の少年らしい歌唱表現にも惹かれました。
「Danny Boy」は、私の中で一番かなあ。

「Silent Worship」は、ヘンデルの「エジプト王トロメーオ」で歌われる曲です。多くの歌手がソロで歌っていました。

オールドなトレブルでは、ジェイミー・ウェストマン君。昨日インターネットラオから聞こえてきたんです。可愛い声だったので、メモしておいたら、この子でした。1984年の録音。

まず可愛いい声ですよね。今年のブルコアのバレンタイン君やマグナス君たち、細いけれど正確に音をとらえて存在感を感じさせた帰らの歌を思い出します。

彼はカナダ出身で現在はバリトン歌手として活躍しているそうです。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

昨年のウィーン少のクリスマスアルバムで「He shall feed his flock」も、ヘンデルのメサイアからの曲でした。

「On bra mai fu」も、「私を泣かせてください」もヘンデルなんですが、オペラやオラトリオの中のアリアなので、本当に知識がないと、どの場面で歌われる曲なのか、どんな意味合いを持つ曲なのか理解できません。

奥が深くて、「まだ私には敷居が高いわ」思っていたら、もう先がないやばい年齢になってしまったので、壁飛び越えてもちゃんと聴かねばと思う今日この頃です。

リベラのCDでは、「セメレ」というタイトルでしたが、詳しくは「Where're you walk」 「あなたがどこを歩くとも」で、以前検索したときはなかった動画が上がっていました。

歌っているアクセル君(HP)は現在12歳のノルウェーの少年で、国立オペラ児童合唱団に在籍しつつソロ・シンガーとしてコンサートを開催する実力。歌いっぷりが堂々たるもんです。

彼の 「Where're you walk」と、私の永遠ボイスの一人でもある、リベラのベン・クロ-リー君の歌です。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

Ben Crawly 

| | コメント (2)