カテゴリー「中東欧の合唱団」の記事

2020年6月 7日 (日)

アドルフ・フレドリクス少年合唱団*ポズナン・ナイチンゲール(ストリグロシュ合唱団)

* დଓ  * დଓ * დଓ  * 

 

爽やかに歌う少年合唱がtwitterにアップされていたのでチェックしたら、6月6日はスウェーデンのナショナルデーでした。

そこで歌われたのがアドルフ・フレドリクス少年合唱団(Adolf Fredriks Gosskör)によるスウェーデン国歌。YouTubeにも同じ動画がありました。白Tとジーンズなんてさわやかコーデのお手本で、これを着こなせる青春が美しい。最近蒸し暑い日本にも初夏の風が吹いてくるようです。

 

 

 

スウェーデンはコロナ対策として世界では珍しい集団免疫という方法をとっています。なので外出規制もマスクもなし。ですが現状では集団免疫には程遠いらしい。(確か集団免疫は60%ぐらいが理想と聞いた。)・・・学校はどうなのでしょうね?

この合唱団は2016年に音楽祭があって来日し、その時に都内で学校コンサートがあり聴きに行きました。

その時の記事は、http://pommier.cocolog-nifty.com/pointvirgule/2016/07/adolf-fredriks-.html

こんな国際交流も、今はまだ渡航制限がありますからできません。

ビジネスに限って徐々に解除していく方向だと聞きました。ただし出発国でPCR検査を受けた証明書必携、滞在中の行動先、さらに検疫も厳しい。

そういえば、検疫という英単語を今さら覚えました。英語とは縁のない人生で、使ったこともなかった。日本語だって検疫なんてあまり使わない。海外からの持ち込み禁止を調べるときぐらいです。「quarantine」検疫、隔離、疫病などから隔離するという意味で、最近はself-quarantineで、自粛という使われかたもあるんですね。日本ではリモート収録と言うけれど、YouTubeを見ると隔離というquarantineがたくさんありました。


 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

 

ポズナンの公式から美しい歌声がアップされています。

最近の写真を使っているので新しい声かと思ったら、録音は相当古かった。ソリストはDominik Czernikとエンドロールにクレジットされていました。今はテナー歌手として活動しています。

ポーランド語のシューベルト。無理くりドイツ語で歌わないところがかえっていいな。柔らかくのびやかな子守歌です。


Śpiew słowika というCDに収録(2003年リリース)

 

 

 

画面の字幕は、団員クンたちが撮影した場所の説明のようですね。最初が大学講堂でのコンサート。ポズナンのあちこちを案内してくれています。

 

HPを見ていたら、彼らの映画があることに気づきました。1965年です。

これですが、ビデオは見つからなかった。マイナーすぎてポーランドでしか知られていないよう。 どこかに歌のシーンだけでもないものか。これからの課題ができました。 ⇒ http://www.slowiki.poznan.pl/www/corobimy.php?id=6

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

 

母の日には、こんな動画もありました。登場する女性は団員くんたちのママかもしれない。この歌は直訳すると「良いママだから」となりました。ソロが可愛らしい声で惹かれたけど、曲のことはよくわからない。ポズナンのHPはディスコグラフィーがしっかりしていて、1954年のレコードから2019年のCDまで収録曲も載っていますが、この曲はなかったなあ・・・。もしか、今年の母の日のために録音したのだろうか?

指揮者が現役のWielochさんという方の名前なので、録音は新しいと思われます。この歌すごく好き。

 

 

 

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ *

 

最後にWSKからの再び寄付のお願いが公開されていました。残念ながら演奏はありません。ドイツ語と英語との2パターンでどちらも映像は同じですが、あえてドイツ語のほうを選びました。なぜならコメント欄にコルス・ヴィエネンシスからのものがあり、それが印象的だったから。

YouTubeに行ってコメント欄まで読んでください。ドイツ語の意味は自動翻訳でも充分です。きれいごとみたいに思われるかもしれませんが、コルスに残って歌っている元団員たちは、やはり自分たちの少年時代を懐かしみ尊び、存続を願っているのです。

ヴィルト先生も冒頭におっしゃっているように、本来なら日本公演や各地での演奏会があるはずでした。日本ツアーは終盤の佳境に入る時期でもありました。

 

 

 

個人的にはヴィルト先生のスピーチだけでなく、団員クンのビデオがあったほうが訴えるなと思えますが、先生一人ということはまだ学校は再開していないということですね。

そうよね。

でも演奏が一番。2016年ブルコア、ロベルトのアヴェマリア独唱で〆めたいと思います。ポツダムのニコライ教会はロビーめちゃ狭いですが、内部は素敵です。

ブルックナー来れますように。

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ *

 

 

 

 * დଓ   * დଓ   * დଓ * 

| | コメント (10)