カテゴリー「Tölzer Knabenchor」の記事

2017年4月14日 (金)

バイエルン歌劇場公演とテルツ少年合唱団ソリスト

9月21日から始まるバイエルン国立歌劇場公演、 「魔笛」「タンホイザー」に、テルツ少年合唱団のソリストが出演する予定です。

ようやくテルツのfacebookにも東京の文字が!

会場は東京文化会館とNHKホールです。

HPによればタンホイザーでは、「4人の小姓」、そして魔笛では勿論「三人の童子」を、テルツのソリストが演じる予定になっています。

今回の「魔笛」の演出はクラシックな衣装でおとぎ話みたいです。たまに前衛的な解釈で、これはどうよ?と思うような演出をされることもあります。ザルツブルク音楽祭では、テルツっ子たちが禿げ頭のじいさんになったことがありました・・・。でも今回は王子系なので大丈夫。

  clover tulip clover tulip clover tulip

ピンポイントで聴いていた魔笛を、フルで見て聴ける機会がやっときました。オペラは敷居が高いなあと思ってきましたが、今回の公演は逃せません。天井に手が届くほど階上で、壁に張りつくほど後ろの席になりそうですが、魔笛の空間にいられれば良しとします。そもそもバイエルン歌劇場の来日公演が6年に一度らしく、テルツが日本で客演するのは2005年以来のようですね。

「タンホイザー」はNHKホールなので、HNKでオンエアしてくれると嬉しいです。なぜならタンホンザーは、チケット代がさらに高いんです。

tulip clover tulip clover tulip clover

これは昨年の公式動画で童子の3人は、Pascal 君、Elias君、Laurenz 君、パミーナはSandra Moonさん

なお、主催元NBSさんのサイトやフライヤーには、テルツ少年合唱団という表記はどこにもありません。先日この公演に関する印刷物が届きましたが、そこにもテルツの名前はありませんでした。テルツのHPではかなり前から9月の予定を載せていますが、日本側は確かな情報を把握しにくいらしく、主役以外のキャスティングまでは網羅していません。オペラファンの方は、少年合唱団の童子やお小姓では物足りないと感じるのかしら?

NBSさんのPVを見るとパパゲーノの子どもたちも可愛らしい。

tulip clover tulip clover tulip clover

この動画はとんでもなく古いですが、よくぞ保存されていたと思います。ベルリンのコーミッシェ・オーパー  komische oper berlin で、あとはよくわかりません。子どもが童子を演じた創世記の映像かも。

1954年です!でも可愛くて、のびのびしてる感じが好きですね。お気に入りの動画です。やっぱり3人の童子はゴンドラに乗って空から降りてきてください!

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

Zigeunerleben 流浪の民 (Elternkonzert)

久々にテルツのお話です。

日に日に団員の名前がわからなくなり、動画をYouTubeあげてくれていたtismerさんもふっつりと途絶えてしまって悶々としておりました。

今日の動画は、公式がアップしたシューマンの「流浪の民」ですが、静止画像のムービーになっています。

動画の説明によれば、少年合唱祭の画像だそうです。リハとか、私服でファッショナブルだわ。

今年のバートテルツでの合唱祭は、Tölzer Knabenchor, Wiltener Sängerknaben, Zürcher Sängerknaben の3合唱団でした。

そして音声は、7月19日に行われた卒業式のElternkonzertからで、指揮はシュミットガーデン氏。 卒業する団員たちにとって、コア1のメンバーとしての最後のコンサートであり、合唱団としては親御さんへの感謝の気持ちを表しているコンサートなのだと思います。

テルツ少年合唱団のtwitterより、今年の「Elternkonzert」

ソリストは、①Hnano君(ソプラノ) ②Lanrenz君(アルト) ③Anselmさん(テナー) ④Alexanderさん(バス) 

今年のWSKと同じで、タンバリンとトライアングルの伴奏つきです。結構好きです。

  。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。

最近のソリストたちの「3人の童子&パミーナ」です。

パミーナ:Pascal 君、 童子:Hanno君 Laurenz君 Richard君

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

Knabenchor Festival ほか

バートテルツで開催されていた少年合唱祭が終了しました。その中でご紹介したかったモーツァルトの曲があります。

"V'amo di core"K348 テルツのレコードでは「こころ優しく愛そう」と訳されています。わずか17小節のカノンで3つのメロディを4声で歌っています。

過去動画のテルツだけの演奏では、2階と1階とで計3か所で歌われています。1階と2階にそれぞれ指揮者がいました。天井の高い教会特有の残響とカノンという形式とのコラボと言えそうなほど、あとからあとから音が追いかけてくる感じが面白い。

フェスティバルでは、超豪華です。正面にテルツ、左右の通路にセーラー服のチューリッヒと赤いベストのヴィルテン。やはり3か所からの演奏ですね。指揮はテルツのクレーメンス先生。人数が多いので迫力がありますが、同じフロアーで歌っているせいか、聖母教会よりは残響が少ないように思えます。

聖母教会でのテルツ少年合唱団、前に掲載したことがあるのですが、好きな動画なので再び。

少年合唱祭での合同演奏

三方向にSängerknaben・・・。三方向からknabenの声・・・。

歌詞 V’amo di core teneramente, si, si!

    Io non vi posso altro amare no, no!

    Uh, che dolore, uh che tormento, uh, uh!

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

これからのテルツっ子と兄さんたち

 今年2月のコンサート。字幕ではコア3について、「second year」とあり、Jungmännerについては「fomer solists' first concert」と説明してます。そういえば見覚えのある姿も・・・。

 今は9月。すでに上級への階段を上がった少年もいることでしょう。卒業して戻って来た兄さんたちは第一線で歌っていることでしょう。皆、これからのテルツを担う人たち。コメント欄には、二人の指揮者に期待する声もありました。

コア3&Jungmänner、 ミサ(J.V.Rathgeber) 指揮:クレメンスさん

ソロもありますよ! 

こちらは、コア2、ボーイズだけの演奏です。
Cum complerentur  (Giovannni Giorgi) 指揮・クリティアンさん

この曲軽やかで好きです。CD聴きまくりました。

2006年の映像から、Alexander Lischke 君と、右が Frederic Jost君
Frederic Jost君は昨年来日してます。・・・ウーム知らなかった。
みなとみらいでのファンサービスのとき、兄さんたちと一緒に撮影しているファンがいたのです。彼女たちは団員時代から知っているファンだったのですね。

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

残響もなんのその(テルツ)

 何気にあけたテルツのクリップがとても優雅だったのです。ドレスデン聖母教会での2011年5月14日の公演です。曲は、モーツァルトの「心優しく君を愛す」 K348

 これは3声のカノンで、あとから追いかけるように3つのブロックで歌います。

 ウィーン少の今年の公演で、ヨーデルをやはり3~4か所に分け、二次元だけでなく三次元空間まで使って演奏されたこと、記憶に新しいですね。あのとき、チャン先生の指揮を執る表情、眉間にしわで神経を集中させ音のずれを修正しようとしていました。

 どうしてもずれるのです。残響もある。ホールは残響も考慮して設計されていますが、ステージだけで演奏するのと、客席まで含めて演奏するのとでは当然違ってくるでしょう。また音はあらゆるものに反射するので、満員の客席と、そうでない時とでは違うそうです。

 そんな中、このテルツの演奏は、2階の奥にも指揮者を配し、カノンという形式の個性を残響まで味方にして歌っていると感じました。聖母教会の内部は2005年に復興工事が完了したばかりだそうで、歌もホールもすべてが美しい。

 ところで、このクリップのコメント欄からスペインのテルツファンのブログにたどり着きました。勿論私はスペイン語など全然わかりません。うちには辞書もないので、PCの翻訳機能が頼りなのですが、そのブログに気になる記事がありました。「ラルフ・ルートビッヒ氏がテルツを残し」・・・つまりやめたってことですね。それでメディアを調べたところ、バイエルンのニュースですかね。方向性の違い・・・と。

http://www.br.de/nachrichten/oberbayern/inhalt/toelzer-knabenchor-gruender-nachfolger-100.html

テルツのHPにもラルフ先生は載っていませんでした。コンサートの予定表からも指揮者としての名前が消えています。シュミトガーデン氏はお齢を召してらっしゃるので、今後が心配です。

| | コメント (2)

2014年9月11日 (木)

テルツ 2014中国ツアーブログ

テルツの最新ニュースレターに、中国ツアーの報告(ブログ)がリンクされていました。

http://www.toelzerknabenchor.de/Blog/TKC-Blog/Tolzer_Knabenchor_Blog/Tolzer_Knabenchor_Blog.html

画像満載。

例のごとく、空港ロビーでは、ヨーデル歌ってます。

元気なテルツ!中国でも超元気で、こんなのがありました。

シュプレヒコールっていうの?

コンサートの後でしょうか。ちょっと、元気すぎて・・・・・。(笑)

大丈夫なのかなあ、こんなに大騒ぎして・・・、おばさんは、ちょい心配になってしまう。

Einmal Tölzer, immer Tölzer って言ってる? 

| | コメント (4)

2014年8月10日 (日)

セラフィンの「ラウダーテ・ドミヌム」

 テルツ・デーにしてます。(*^_^*)

 去年の来日直前、6月にバートテルツで行われたコンサートです。モーツァルト特集で、「雀のミサ」のキリエとか、なんと贅沢なラインナップかと思います。

 そして、これは生で聴きたかったですね。絶対絶対、聴きたかった・・・・・。

| | コメント (0)

2014年8月 8日 (金)

テルツ記念日

 以前からのファンの方が読んでくださっていたら、「なに言ってんの?」的な思いがあるかもしれません。でも私はまだまだテルツ初心者。去年の杉並公会堂は、記念日なんですよ。

 猛暑の8月、原発の風評が消えたわけでもない日本によくぞ来てくれた!! 改めて河野さん、テルツの皆さん、どうもありがとう。

8月8日は、この動画にしようって、ずっと前から決めてました。歌う場所はコンサート会場だけじゃないぞって意気込みを感じた合唱団です。

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

昨日の映像が・・・

 もうアップされていました。時差を考えると、投稿者のtoelzerfancleverさんたら、寝ずにパソコンの前にいるんじゃないでしょか。

 7月18日、場所はDemmin/Mecklenburgと書いてあります。メックレンブルク州・・・ミュンヘンと間逆の北のはずれに位置しておりました。写真を見ると大きな教会です。
 「ラ・カリータ」の後に長い長い拍手が続きますが、途中で消さないでください。最後にあの曲を歌います。そうです! クリスマスキャロルの一節・・・みなとみらいでも歌ってくれた曲、短いけど心のこもったアンコールです。また聴きたいなあ。

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

アルプスの民謡

 テルツの動画の多さはカメラ持ち込みがOKのコンサートがあることも勿論ですが、我が子の成長記として400回以上も投稿していた親御さんがあってのことでもありました。以前コメントでおしえて頂いたアジア系の団員のかた(2012年に卒業)の、おそらくご家族と思われます。さすがにそのかたの投稿が減って(なくなって)、最新の動画はなかなか見られなくなり残念ですね。

 可愛い声だなと思ってダウンロードしておいた動画がありました。忘れていた頃にアンディ君(2009年に卒業)が同じ曲を歌っている映像を見て、この歌が好きになりました。歌詞もリンク先のURLがあったので見てみましたが、おお・・・いきなりこれは方言ではないでしょうか。ただでさえわからないドイツ語が、無理無理。タイトルは、「Die Mondscheinigkeit」 お月さまが輝いているんですね。たぶん最初はお母さんが何か言った。その先は・・・・?

清々しく、りりしく、素敵な声です。

| | コメント (2)